帯状疱疹-症状、原因、治療

帯状疱疹またはヘビ痘(水痘)は、体の片側に水で満たされた皮膚の小結節が現れることを特徴とする病気であり、痛みを伴います。この病気はウイルス感染によって引き起こされます 水痘帯状疱疹、 水痘の原因でもあります.

危険ではありませんが、帯状疱疹は痛みを訴えます。抗ウイルス薬は、治癒を早め、合併症のリスクを減らすために投与されます。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の主な症状は、皮膚に水で満たされた結節が現れることであり、次の特徴があります。

  • 体の片側(右または左)に水痘のように見える結節。
  • 結節は局所のみです。
  • 結節の周りの組織が腫れます。
  • 結節は水疱に発展します。
  • 水ぶくれは破裂して無愛想な痛みになり、その後ゆっくりと消えます。
  • 目の領域に現れる小結節は、視力を妨げる可能性があります。

皮膚のヘルペス結節は、痛みを伴い、灼熱感があり、硬く、チクチクする痛みがあり、触れると悪化します。この痛みは、実際には結節が現れる2〜3日前に始まり、結節がなくなった後も感じ続けます。

発疹や痛みに加えて、帯状疱疹を持つ人々が経験する他の症状は次のとおりです。

  • 頭痛
  • 弱い
  • 光へのまぶしさ

理由 および危険因子 帯状疱疹

帯状疱疹はウイルスによって引き起こされます 水痘帯状疱疹、 水痘の原因となるウイルス。帯状疱疹のある人は、以前に水痘にかかったことがある人です。

人が水痘から回復した後、ウイルス 水痘帯状疱疹 非アクティブになりますが、何年もの間神経にとどまります。その後、ウイルスは再活性化し、帯状疱疹または帯状疱疹を引き起こす可能性があります。

ウイルスの原因がわからない 水痘帯状疱疹 水痘にかかったことのある人全員が帯状疱疹を発症するわけではないため、再び活動します。帯状疱疹を発症するリスクを高めると考えられているいくつかの条件は次のとおりです。

  • 50歳以上。帯状疱疹を発症するリスクは年齢とともに増加することが知られています。
  • 臓器移植手術後、癌に苦しんでいる、またはコルチコステロイド薬を長期間服用しているなどの理由で、免疫系が弱い。

診断 と治療 帯状疱疹

医師は、症状によって患者に帯状疱疹または帯状疱疹があることを確認できます。

帯状疱疹が確認されたら、すぐに抗ウイルス薬による治療を行う必要があります。帯状疱疹の治療が早期に行われるほど、結果はより効果的になります。与えられた抗ウイルス薬の例は次のとおりです。 famiciclovir, アシクロビル、バラシクロビル。

抗ウイルス薬に加えて、皮膚科医は次の範囲の鎮痛剤も提供します。 パラセタモール、イブプロフェン、トラマドール、 また オキシコドン。

この状態を治療するための費用は少なくないかもしれません。したがって、コストが軽くなるように、信頼できる健康保険も用意してください。さらに、帯状疱疹の症状を軽減するために、いくつかの独立した努力をしてください。

  • 肌の摩擦や刺激を防ぐために、ゆったりとした衣服や綿などの柔らかい布を着用してください。
  • 結節を覆い、清潔で乾燥した状態に保ちます。
  • 冷たいシャワーを浴びるか、結節に冷たい湿布を適用します。この方法は、痛みやかゆみを和らげるために使用できます。

合併症 帯状疱疹

治療せずに放置すると、帯状疱疹は次のような深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

  • NS骨粗鬆症性神経痛. 結節が治癒した後、数ヶ月または数年も続く痛み。この合併症は主に60歳以上の患者が経験します。
  • 盲目。 帯状疱疹が目の周りに現れると、視神経の炎症を引き起こし、失明につながる可能性があります。
  • 弱った筋肉。 筋肉の神経の炎症は、これらの筋肉の強度を低下させる可能性があります。
  • 細菌感染. この状態は、細菌が破裂した水疱に侵入した場合に発生する可能性があります。

防止 帯状疱疹

帯状疱疹を発症するリスクを減らす方法は予防接種です。 50歳以上の方は予防接種をお勧めします。再発を防ぐために、帯状疱疹を患った人にもワクチンを接種することができます。帯状疱疹を完全に予防することはできませんが、ワクチン接種は少なくともこの病気の症状の重症度を軽減し、治癒時間を短縮することができます。

前に説明したように、帯状疱疹は水痘の続きであるため、帯状疱疹は感染しません。ただし、患者はウイルスの拡散の原因となる可能性があります 水痘帯状疱疹 他の人が水痘にかかる可能性があります。以下は、このウイルスが他の人に伝染しないようにするためにできることです。

  • ブリスター内の液体が伝達の仲介となる可能性のある物体を汚染しないように、ブリスターを覆います。
  • 水ぶくれを傷つけないでください。
  • 水痘にかかったことのない妊婦、低出生体重児や未熟児、免疫力が低下している人との直接の接触は避けてください。
  • 頻繁に手を洗ってください。