耳痛の4つの一般的な原因

耳の痛みは一般的な状態であり、子供を含む誰もが経験する可能性があります。この状態は通常無害であり、感染から怪我まで、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

耳の解剖学的構造は、外側、中央、内側の3つの主要部分で構成されています。これらのセクションはすべて、よく聞くことができるようにそれぞれの役割を持っています。

内耳は聴覚だけでなく、体のバランスを整える役割も果たします。したがって、耳の一部に障害があると、聴覚や体のバランスが崩れる可能性があります。

耳痛のさまざまな原因

耳の痛みや難聴を経験した場合、原因となる可能性のあるいくつかの状態があります。

1.耳の感染症

耳の感染症は通常、中耳に発生します。感染は、耳管の閉塞または腫れによって引き起こされ、中耳に体液がたまります。

閉塞は、風邪、アレルギー、喫煙、副鼻腔感染症、または過剰な粘液産生によって引き起こされる可能性があります。この障害は子供によく見られます。

耳の感染症の症状は、聴力の低下、内耳の痛み、膿に似た耳からの分泌物が特徴です。

軽度の中耳炎は自然に治りますが、次の方法で症状を和らげることができます。

  • 現れる耳の痛みを治療するために、イブプロフェンやパラセタモールなどの鎮痛剤を服用する
  • 点耳薬を使用して炎症を和らげる
  • 感染した耳に温湿布をします

耳の痛みが治まらない場合、または発熱、頭痛、めまいなどのより重篤な感染症の兆候がある場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。医師は耳の感染症を治すために抗生物質を投与します。

2.耳鳴り

耳鳴りは、体の外側からではなく、耳の内側で鳴る音が特徴です。この状態は、加齢、頻繁な大きな音、耳の感染症、頭や首の怪我、特定の薬の摂取が原因で発生する可能性があります。

耳鳴りの治療は、一般的に原因を診断することによって行われます。原因が判明したら、耳鳴りの根底にある状態に合わせて治療を調整します。

耳鳴りを治療するために行うことができるいくつかの方法があります:以下を含みます:

  • 大きな音を避ける
  • 耳鳴りの症状を軽減するために耳垢を取り除きます
  • 補聴器の使用
  • 血管の障害が原因の場合は、薬の服用または手術
  • 耳鳴りが特定の薬の副作用によって引き起こされる場合、使用または消費される薬の変更

3.メニエール病

一般的に片方の耳に発生するこの状態は、内耳の水分の不均衡によって引き起こされます。突然のめまいまたはめまいと耳鳴りは、メニエール病の2つの主な症状です。

この病気は成人と中年によく見られます。メニエール病は、めまいの治療薬、中耳への注射、または手術によって治療できます。

4.耳の圧外傷

耳の圧外傷は、人が山に登ったり、飛行機で移動したり、特定の深さで潜ったりしたときの空気圧または水圧の変化による耳の怪我です。

耳の圧外傷の主な症状は、難聴、耳の痛み、めまいです。この耳痛は、チューインガム、あくび、または充血除去薬の服用によって治療できます。

場合によっては、耳の痛みが難聴につながる可能性があります。上記の障害に対する耳の脆弱性を考えると、次の方法で耳の健康を維持することをお勧めします。

  • 長時間、大音量の音に耳を近づけないでください。
  • スピーカーの近くにいることは避けてください。
  • 内耳の掃除は避けてください 綿棒 または他のもの。

難聴や耳の痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。すぐに治療しないと、耳の病気の治療がより困難になり、永続的なものになることが懸念されます。