スピルリナとその健康への利点について

スピルリナは、体の健康に良いさまざまなビタミン、ミネラル、抗酸化物質を含むハーブサプリメントです。しかし、それを消費する前に、このハーブ製品が健康上の問題を引き起こさないように考慮する必要があるいくつかのことがあります。

スピルリナは、海水と淡水に生息する青緑色の藻類です。収穫されると、この植物はあなたが消費できる錠剤、粉末、または飲み物になるように処理されます。

スピルリナはしばしば スーパーフード、それは完全な栄養と高いタンパク質含有量を持っているからです。スピルリナはその栄養成分のおかげで、免疫システムの強化、心臓の健康の維持、アレルギー症状の緩和など、さまざまな利点をもたらすと考えられています。

スピルリナの栄養成分

粉末スピルリナ大さじ1(7グラム)には、20カロリーとさまざまな次の栄養素が含まれています。

  • 4グラムのタンパク質
  • 0.5グラムの脂肪
  • 1.5グラムの炭水化物
  • 8.5ミリグラムのカルシウム
  • 14ミリグラムのマグネシウム
  • 95ミリグラムのカリウム
  • 8ミリグラムのリン
  • 0.7ミリグラムのビタミンC
  • 2ミリグラムの鉄

スピルリナには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンK、コリン、葉酸、抗酸化物質も含まれています。それだけでなく、スピルリナには、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、および抗癌の特性を持つ物質が含まれていることも知られています。

スピルリナの健康上の利点

スピルリナの健康上の利点のいくつかは次のとおりです。

1.免疫システムを強化します

スピルリナには、マグネシウムなどのミネラルやビタミンだけでなく、いくつかの種類の抗酸化物質が含まれています。 亜鉛、鉄、ビタミンB6、ビタミンC、およびビタミンEは、免疫システムの維持に重要な役割を果たします。

いくつかの研究は、スピルリナが白血球の生成とパフォーマンスをサポートし、抗体の生成を助けることができることを示しています。そのため、感染を引き起こすウイルス、細菌、真菌、および寄生虫に対して体が強くなります。

2.心臓の健康を維持する

スピルリナは、体内の善玉コレステロール(HDL)を増加させながら、トリグリセリドレベルと悪玉コレステロール(LDL)を低下させることでも知られています。

この効果により、スピルリナは心臓の健康を維持し、心臓病を含む心血管疾患のリスクを軽減するための消費に適しています。

3.アレルギー症状を和らげます

ある研究によると、スピルリナは皮膚やじんましんのかゆみ、くしゃみ、鼻のかゆみ、鼻づまりなどのアレルギー症状を和らげることができます。これは、スピルリナには抗炎症作用があるためです。

しかし、アレルギー症状を緩和する薬剤としてのスピルリナの有効性は、まだ研究する必要があります。さらに、一部のアレルギー患者はスピルリナにアレルギーを持っている可能性があるため、このサプリメントを使用することは適切ではありません。

4.癌のリスクを減らす

Sprulinaには高レベルの抗酸化物質が含まれています。この内容物は、フリーラジカルへの曝露による体細胞への損傷を防ぎ、癌細胞の成長を防ぐことが知られています。

5.高血圧を下げる

高血圧や高血圧は、心臓病、脳卒中、慢性腎臓病などのさまざまな重篤な病気の原因です。

ある研究によると、スピルリナは一酸化窒素の生成を増加させ、血管を広げてリラックスさせ、血圧をより安定させることができます。

さらに、スピルリナにはカリウムが含まれていることも知られています。カリウムは、血圧を下げて安定させるのに重要な役割を果たすミネラルです。

6.消化管の健康を維持する

スピルリナは消化管の健康を維持するのに良いと考えられています。ある研究によると、スピルリナにはプレバイオティクス効果があり、消化管内の善玉菌のパフォーマンスと数をサポートすることができます。

スピルリナは消化器系の働きを改善することでも知られているので、食べ物や飲み物からのさまざまな栄養素が体によく吸収されます。

スピルリナには、血糖値を安定させ、貧血を防ぎ、エネルギーとスタミナを増やし、理想的な体重を維持するなど、他にも多くの健康上の利点があります。

ただし、スピルリナのさまざまな利点は、体に対するその有効性と安全性に関してさらに調査する必要があります。

スピルリナを摂取する前に注意すべきこと

スピルリナを摂取する前に、製品がBPOMRIに登録されているかどうかを確認する必要があります。これは、BPOMに登録されていないスピルリナ製品は、有害な有機体や毒素に汚染されているため、安全に摂取できない可能性があるためです。

汚染されたスピルリナ製品は、肝臓の損傷、胃の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、心臓の鼓動の速さ、さらには死を引き起こす可能性があります。

さらに、スピルリナが妊娠中および授乳中の女性にとって安全であることを示す研究はありません。したがって、このグループはスピルリナを摂取することはお勧めしません。フェニルケトン尿症や肝機能障害などの特定の状態の患者も、スピルリナの服用を許可されていません。

その安全性を確保するために、最初に医師に相談して、あなたの状態がスピルリナを服用できるかどうかを医師が判断できるようにする必要があります。あなたの医者はまたあなたの必要性に合う適量を提案することができます。