梅毒-症状、原因、治療

ライオンキングまたは梅毒は、細菌によって引き起こされる性感染症です。梅毒の症状は、生殖器、口、または直腸に痛みのない痛みが現れることから始まります。

梅毒(梅毒)の症状である生殖器の痛みは、しばしば目に見えず、痛みがないため、患者はそれに気づいていません。ただし、この段階では、感染はすでに他の人に伝染する可能性があります。

迅速かつ適切な治療がなければ、梅毒は脳、心臓、その他のいくつかの臓器に損傷を与える可能性があります。妊娠中の女性では、感染は胎児の異常な状態、さらには乳児の死亡を引き起こす可能性があるため、危険でもあります。したがって、診断と治療が早いほど、梅毒の治療が容易になります。

梅毒の症状

梅毒または梅毒の症状は、病気の発症段階に応じて分類されます。梅毒の種類ごとに症状は異なります。説明は次のとおりです。

  • 原発性梅毒

    このタイプの梅毒は、痛みが特徴です(下疳)バクテリアが入るところ。

  • 二次梅毒

    このタイプの梅毒は、体に発疹が現れるのが特徴です。

  • 潜在性梅毒

    梅毒は症状を引き起こしませんが、細菌は患者の体内にあります。

  • 三次梅毒

    梅毒は、脳、神経、または心臓に他の臓器損傷を引き起こす可能性があります。

梅毒の原因

梅毒は、梅毒の人との性的接触によって広がる細菌感染症によって引き起こされます。ただし、梅毒の原因となる細菌は、患者の傷口との物理的な接触によっても広がる可能性があります。感染を見ると、梅毒はしばしば複数の性的パートナーを持っている人に感染しやすいです。

梅毒の診断

誰かが梅毒を患っていることを見つけるために、医師は血液検査と創傷液の採取という形で検査を行います。梅毒(梅毒)を引き起こす細菌の存在を決定するために創傷液を検査しながら、感染と戦うための抗体の存在を決定するための血液検査.

梅毒治療

梅毒やライオンキングの治療は、早い段階で行うとより効果的です。梅毒はペニシリン系抗生物質で治療できます。治療期間中、医師が感染が解消されたことを確認するまで、患者はセックスをしないようにアドバイスされます。

梅毒予防

梅毒の感染は、安全な性行動、つまり1人の性的パートナーに忠実であること、またはコンドームを使用することによって防ぐことができます。さらに、梅毒または梅毒の検査またはスクリーニングも、この病気の危険因子が高い人々のために定期的に行う必要があります。