末梢神経障害-症状、原因および治療

NS末梢神経障害は 末梢神経系または末梢神経系の損傷による病気。損傷は、臓器から脳へ、またはその逆に信号を送信する際に末梢神経機能の混乱を引き起こします。

末梢神経系は、体のすべての器官から脳に身体的感覚を伝達するように機能します。末梢神経はまた、体を動かす、発汗する、心拍数を上げる、血圧を調節するなどの特定の機能を実行するために、脳からコマンドを送信します。

末梢神経障害の患者では、上記の機能が部分的または完全に損なわれる可能性があります。経験する苦情は、影響を受ける末梢神経の部分と場所によって異なります。ただし、最も一般的な症状は、痛み、うずき、筋力低下です。

末梢神経障害の原因

末梢神経障害は、末梢神経系の損傷によって引き起こされます。被害は、両親から受け継がれた状態や病気が原因で発生する可能性があります。末梢神経障害を引き起こす可能性のあるいくつかの状態は次のとおりです。

  • 糖尿病
  • HIV、天然痘、ジフテリア、ハンセン病、C型肝炎などの細菌感染症またはウイルス感染症
  • ギランバレー症候群、狼瘡、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患、 関節リウマチ
  • シャルコット-マリー-トゥース病などの遺伝的要因
  • 甲状腺機能低下症
  • ビタミンB1、B6、B12、およびビタミンEの欠乏
  • 肝疾患
  • 腎臓病
  • 血管の炎症(血管炎)
  • 体の組織や臓器へのアミロイドタンパク質の蓄積(アミロイドーシス)
  • 怪我や手術の副作用などによる神経の損傷
  • 血液がん 多発性骨髄腫
  • リンパ節がんまたはリンパ腫
  • 水銀またはヒ素中毒
  • アルコール依存症
  • 末梢神経を圧迫する腫瘍
  • 抗生物質を含む薬物の長期使用の副作用(ニトロフラントインメトロニダゾール)、腸癌の化学療法薬、抗けいれん薬(例: フェニトイン), サリドマイド,アミオダロン

末梢神経障害はまた、以下の状態にある人のリスクが高くなります。

  • 太りすぎ
  • 高血圧
  • 40歳以上

末梢神経障害の症状と種類

末梢神経障害の症状は、影響を受ける神経によって異なります。以下は、末梢神経障害の種類とその症状の説明です。

NS運動神経障害

運動ニューロパシーは、体の動き(運動機能)を制御する神経の障害です。症状は次のとおりです。

  • 筋肉のけいれんとけいれん
  • 1つまたは複数の筋肉の麻痺に対する筋力低下
  • 足を引きずり、歩くと落ちそうな脚下垂足)
  • 筋肉量の減少(筋萎縮)

NS感覚神経障害

感覚神経障害は、触覚、体温、痛みなどの感覚信号を送る神経の障害です。発生する可能性のある症状は次のとおりです。

  • 少し触れても痛みを感じやすい(異痛症)
  • 通常、足または足の裏に刺すようなまたは灼熱の痛み
  • 患部のうずき
  • 特に脚の痛みや体温の変化を感じることができない
  • バランス障害または体の動きの調整(感覚性運動失調)

単神経障害

単神経障害は、1つの特定の末梢神経でのみ発生する末梢神経障害の一種です。症状は次のとおりです。

  • 複視または焦点が合わない場合。眼球運動を制御する神経(脳神経III、IV、またはVI)で発生した場合、眼の痛みを伴うことがあります。
  • 顔の片側の麻痺または ベル麻痺、顔面神経を制御する神経(脳神経VII)で発生した場合
  • 指が弱くなったり、ヒリヒリしたり、 NSタルパルunnel s症候群、手首の正中神経に発生した場合

NS自律神経障害ik

自律神経障害は自律神経の損傷です。この神経は、血圧、消化機能、膀胱機能など、自動的に機能する身体のプロセスを制御するように機能します。症状は次のとおりです。

  • 安静時でも速い心拍数(頻脈)
  • 嚥下障害または嚥下困難
  • むくんだ
  • 頻繁なげっぷ
  • 吐き気
  • 夜の便秘または下痢
  • 制御が難しい排便(便失禁)
  • 過活動膀胱または頻尿
  • 体が汗をかくことはめったにありません、またはその逆は常に汗をかきます
  • 勃起不全などの性機能障害
  • 起立性低血圧

いつ医者に行くか

以下を含む末梢神経障害の初期症状を経験した場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

  • 足の痛み、うずき、またはしびれ
  • 体が弱い、またはバランスが崩れている
  • 原因不明の足の怪我

糖尿病などで末梢神経障害を発症するリスクがある場合は、定期的に医師に確認してください。できるだけ早く診断すれば、末梢神経障害による合併症のリスクを防ぐことができます。

末梢神経障害の診断

神経疾患、特に末梢神経障害について医師に相談する際、医師は患者とその家族の感じた症状、ライフスタイル、病歴について質問します。医師はまた、患者が現在または定期的に服用している薬について尋ねます。

その後、医師は患者の特定の感覚を感じる能力のチェック、筋力のテスト、歩行、姿勢、体のバランスのチェックなど、患者の身体的および神経学的検査を行います。

必要に応じて、医師は次のような他のテストを実行します。

  • NS血の氷

    血液検査は、糖尿病、免疫機能障害、または特定のビタミン欠乏症の可能性を見つけるために行われます。

  • p。テスト画像

    CTスキャンとMRIは、脊髄のヘルニア(髄核ヘルニア)などの脳または脊髄の腫瘍と異常を検出するために実行されます。

  • 神経機能検査

    筋電図検査(EMG)を使用して神経機能検査を行い、筋肉の電気的活動を測定して、神経の流れを損傷させることができます。神経機能検査は、神経の信号の強さと速度を測定するために、神経伝導検査で行うこともできます。

  • 腰椎穿刺

    腰椎穿刺は、脳脊髄液(脳と脊椎内の液体)のサンプルを調べることにより、脊椎の炎症を検出するために実行されます。

  • 神経生検

    生検は、足首の末梢神経または皮膚の小片を採取して顕微鏡で検査することによって行われます。ただし、この検査はめったに行われません。

末梢神経障害の治療

末梢神経障害の治療は根本的な原因によって異なります。医師がとることができる行動は次のとおりです。

  • ビタミンB12欠乏症によって引き起こされる末梢神経障害では、錠剤または注射の形でビタミンB12を投与します。
  • 糖尿病によって引き起こされる末梢神経障害において、理想的な体重を維持し、定期的に運動し、喫煙をやめ、アルコール消費を減らすように患者にアドバイスしてください。
  • 自己免疫疾患によって引き起こされる末梢神経障害において、炎症と免疫系の過剰反応を減らすためにコルチコステロイドを投与します。
  • 炎症を引き起こす抗体やタンパク質を取り除くために、患者に血漿交換または血漿交換輸血を行います
  • 神経への圧力、例えば腫瘍による圧力によって引き起こされる末梢神経障害に対して手術を行います。

患者の痛みの症状を軽減するために、医師はパラセタモール、イブプロフェン、トラマドールなどの鎮痛剤を処方します。抗うつ薬(アミトリプチリンやデュロキセチンなど)と抗けいれん薬( NSアバペンチンプレガバリン)痛みにも使用できます。

上記の薬の多くを服用できない患者では、 カプサイシン オプションにすることができます。軟膏 カプサイシン 1日3〜4回使用しますが、炎症を起こした皮膚や開いた傷には適用しないでください。

場合によっては、末梢神経障害のある人は過度の発汗(多汗症)を経験することがあります。この状態は注射で治療することができます ボツリヌス毒素 (ボトックス)。一方、尿に問題がある患者では、医師はカテーテルの使用を勧めます。

苦情を減らすために、患者は低電力電気療法などの理学療法を受けることができます。筋力低下のある患者では、杖や車椅子などの歩行補助具の使用が必要になる場合があります。

上記の治療法に加えて、患者は自己管理のために次のような多くのことを行うこともできます。

  • 定期的な運動を行って、痛みを和らげ、筋力を高め、血糖値を制御するのを助けます。たとえば、週に3回のんびりと散歩します。
  • 末梢神経障害の合併症を防ぐために喫煙をやめる
  • 症状が悪化しないように、アルコール飲料の過度の摂取は避けてください
  • 果物、野菜、全粒穀物、高タンパク食品などの健康食品を食べる
  • 特に糖尿病を患っている末梢神経障害患者では、血糖値を定期的にチェックしてください
  • 柔らかい靴下や柔らかい靴を履くなど、糖尿病を患っている患者のために、足のケアと足の怪我の回避

末梢神経障害の合併症

骨格筋が弱く、足を地面に感じる能力が低下すると、末梢神経障害のある人はバランスを失い、簡単に転倒する可能性があります。

さらに、特定の領域のしびれは、その領域の皮膚が怪我をしたり火傷を負ったりした場合に、患者を無意識にする可能性があります。この状態は、特に糖尿病を患っている末梢神経障害患者に感染を引き起こす可能性があります。その結果、創傷治癒が遅くなります。

重症度が高すぎると、損傷により壊疽や組織の死を引き起こす可能性があります。この状態を経験する患者は、切断を受ける必要があることを除外しません。

末梢神経障害の予防

末梢神経障害を予防する最善の方法は、その危険因子を回避または制御することです。これは、次のような健康的なライフスタイルを送ることで実現できます。

  • 神経の健康を維持するために、果物、野菜、赤身のタンパク質源などの栄養豊富な食品を食べる
  • 医師のアドバイスに従って、定期的に運動する
  • 繰り返しの動き、神経に圧力をかける体位、喫煙習慣、有毒物質への曝露、アルコール飲料の過剰摂取など、神経に損傷を与える可能性のあるものを避ける