セックスを禁じられている妊婦の5つの条件

二体の真ん中ですが、セックスは禁止されているものではありません。しかし、胎児と妊婦自身の健康のためにセックスをすることが推奨されていない妊婦にはいくつかの条件があります。

妊娠中の女性が生きている妊娠が健康で正常であれば、妊娠中にセックスをすることは実際には安全で許容されます。妊娠中の女性が健康上の問題を経験していない限り、セックスは胎児に害を与えたり、妊娠中の女性に悪影響を及ぼしたりすることはありません。 どうして.

実際、妊娠中のセックスは、調和の向上や妊娠中のストレスの軽減など、妊娠中の女性とそのパートナーに利益をもたらす可能性があります。セックスは妊娠中の女性にとっても良い運動ですが、 ほら.

これを行うことは許可されていますが、実際には、母親と胎児に害を及ぼす可能性があるため、セックスを禁止されている妊婦にはいくつかの条件があります。

妊娠中の女性がセックスをするのを妨げる条件

妊娠中の女性がセックスをしてはいけないいくつかの条件は次のとおりです。

1.早産したことがある

早産とは、妊娠中の女性が妊娠37週より前に出産するか、出産しない場合の状態です。

妊娠中の女性が早産するリスクを高める可能性のあるさまざまな要因があります。感染症、胎児の遺伝的異常、子宮または子宮頸部の障害、胎児の成長と発達の障害、栄養不足、重度のストレスなどです。

早産の既往歴のある妊婦もまた体験することができます。したがって、妊娠中の女性が早産の病歴がある場合、医師は妊娠中の女性が再び起こるリスクを減らすためにセックスを禁止することがあります。

2.流産のリスクが高い

流産は、妊娠20週に達する前、または妊娠初期に妊娠が自然に停止する状態です。

流産の原因はさまざまです。つまり、胎児の遺伝性疾患、妊娠中の感染症、薬の副作用、子宮の問題、糖尿病などの特定の病気です。妊娠中の女性が以前にこの状態を経験したことがある場合、流産も再び起こる可能性があります。

妊娠中の女性が流産を引き起こすリスクのある特定の状態にある場合、医師は妊娠中の女性にセックスをしないようにアドバイスすることがあります。

3.胎盤障害がある

前置胎盤や胎盤早期剥離などの胎盤障害を経験する妊婦は、一般的に性交を制限することを禁止または奨励されています。

その理由は、オルガスムが子宮収縮を刺激する可能性があるため、妊娠中に膣からの出血を引き起こすリスクがあるためです。これが起こると、妊娠中の女性や胎児の状態が問題になる可能性があります。

4.膣からの出血を経験する

妊娠中、特に妊娠初期の出血は、一部の妊婦によく見られます。妊娠初期の出血は、胚(将来の胎児)の子宮壁への着床または付着を示している可能性があるため、通常、この状態は心配する必要はありません。

ただし、妊娠中の出血は、特に出血が止まらない場合や子宮の激しい痛みを伴う場合に、母親と胎児の健康を危険にさらす可能性のある深刻な状態の兆候である可能性もあります。

妊娠中の女性が経験する膣からの出血の正確な原因を見つけるために、妊娠中の女性は妊娠チェックのために医者に診てもらう必要があります。出血が危険な場合、流産のリスクを高める可能性があるため、医師は妊娠中の女性にしばらくセックスをしないようにアドバイスすることがあります。

5.頸部障害がある

子宮頸部が弱い、または短いなどの子宮頸部または子宮頸部の障害があるときにセックスをすることは、いつでも妊娠を危険にさらす可能性があります。したがって、子宮頸部に問題がある妊婦は、流産や早産を防ぐためにセックスをするべきではありません。

妊娠中の女性と胎児の状態が健康である限り、妊娠中にセックスをすることは避けるべきものではありません。ただし、妊娠中の女性が上記の1つ以上の状態を経験した場合は、妊娠中の女性とそのパートナーがそれを延期することをお勧めします。

妊娠中の女性と胎児の健康は非常に重要であり、現時点では優先事項である必要があることを忘れないでください。

妊娠中の親密さを増すために、妊娠中の女性とそのパートナーがセックス以外にできる方法があります。つまり、映画を見たり、料理をしたり、本を読んだり、運動したりするなどの楽しい活動を一緒に過ごすことができます。

妊娠中の女性が性交を禁止されている状態にない場合、妊娠中の女性は実際には大丈夫です、 どうして、あなたのパートナーとセックスを続けてください。ただし、それでも疑問がある場合は、妊娠中の女性の安全について産科医に遠慮なく尋ねてください。