視床下部と産生されるホルモンの機能の重要性

視床下部はの一部です 体が体の器官や細胞を制御するのを助けるのに必要なホルモンの形で化学物質を分泌する脳から。 視床下部の主な機能は恒常性であり、これはすべての体のシステムの安定した機能を確保し維持することです。

視床下部は、下垂体でのホルモン産生を制御するホルモンを産生します。生成されたホルモンには重要な利点があり、人間の健康のさまざまな側面を維持します。視床下部の機能が損なわれると、体内のホルモンのバランスが全体として影響を受けます。

視床下部のさまざまな機能

サイズは小さいですが、視床下部の機能は、体温、空腹、喉の渇きの制御など、体の機能を制御する上で非常に重要です。視床下部の機能はまた、意識的または無意識的な行動、ならびに代謝や成長および発達などの内分泌機能を含む、身体の多くのプロセスにおいて役割を果たします。

視床下部の機能は、次のような他のいくつかのことを制御する身体の能力にも関連しています。

  • 心拍数
  • ムード
  • 睡眠の質と量
  • 性欲
  • 下垂体を含む多くの腺からのホルモンの放出。

これらは、体にとって重要なホルモンを産生することによって、下垂体と一緒に働く視床下部の機能から切り離すことはできません。

視床下部によって生成されるホルモン

視床下部から分泌される重要なホルモンは次のとおりです。

  • NS抗利尿ホルモン

    このホルモンは、血液量を含む体内の水分レベルのバランスを調節するように機能し、血圧に影響を与えます。

  • オキシトシン

    ホルモンのオキシトシンは、出産、授乳、射精などの生殖器系に影響を与えます。このホルモンはまた、性的興奮、不安などのさまざまな人間の行動を制御し、母乳育児の過程で母親と赤ちゃんの間に感情的な絆を築きます。

  • ソマトスタチン

    中枢神経系で作用するホルモンであり、他のホルモン、特に成長ホルモンの産生と作用を阻害および制限するように機能します。成長ホルモン、GH)およびTSH(甲状腺刺激ホルモン).

  • 成長ホルモン放出ホルモン(成長ホルモン放出ホルモン、GHRH)

    このホルモンは、成長ホルモンの放出を刺激することにより、子供の身体的発達や成人の代謝を含む成長に役割を果たします。

  • ゴナドトロピン放出ホルモン(ゴナドトロピン放出ホルモン、GRH)

    仕事は、月経、思春期、性器の成熟などの生殖機能に関連するホルモンの放出を刺激します。

  • コルチコトロピン放出ホルモン(コルチコトロピン放出ホルモン、CRH)

    身体的および感情的なストレスに対する体の反応を制御し、食欲を抑制し、不安を誘発する責任があります。

  • NS甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン

    このホルモンは甲状腺ホルモンの産生を刺激し、体の代謝、心臓血管系、脳の発達、筋肉の制御、消化器や骨の健康を制御します。

視床下部機能障害の原因と症状

視床下部の機能障害は視床下部機能障害としても知られているため、視床下部の機能が妨げられる可能性があります。この状態にはさまざまな原因があります。ただし、視床下部機能障害の最も一般的な原因は、脳手術、重度の頭部外傷、脳腫瘍、および放射線による合併症です。

視床下部機能障害の他の原因は次のとおりです。

  • 感染症と炎症
  • 拒食症などの摂食障害や極端な体重減少などによる栄養上の健康上の問題。
  • プラダーウィリー症候群、カルマン症候群などの遺伝性疾患から尿崩症まで。
  • 動脈瘤やくも膜下出血などの脳内の血管の障害。

視床下部機能障害の症状は通常、異常なホルモンのパフォーマンスまたは脳細胞のコミュニケーションの障害が原因で発生します。子供の場合、一般的に思春期の早い時期または遅い時期に成長の問題が発生します。腫瘍がある場合、感じることができる症状は、頭痛、体の悪寒、または視覚障害です。

すべての体のシステムが正常に動作するように、視床下部の機能を維持することが重要です。適切な治療を受け、さらなる合併症を避けるために、成長と発達および体重の問題を含む代謝障害の症状を経験した場合は、すぐに医師に相談する必要があります。