健康のための温浴の7つの利点

温浴のメリットは、朝の冷気を克服するだけでなく、特定の不満を和らげ、メンタルヘルスにも良いことです。温浴のメリットについて詳しくは、こちらのディスカッションをご覧ください。

温水は、胃や背中などの痛みや痛みを伴う体の部分を圧迫するためによく使用されます。温水湿布に加えて、お風呂に入ったり、温水に浸したりして、これらの不満を和らげることもできます。

それだけでなく、温浴の利点は血液循環を改善することもできます。皮膚が温水に触れると、体はエンドルフィンを放出します。エンドルフィンは、快適で幸せな気分にさせることができる化学物質です。だからこそ、温かいお風呂の後はもっとリラックスした気分になります。

健康のための温浴の利点

上記のいくつかに加えて、あなたが得ることができる健康のために温かいお風呂に入るには、次のようなさまざまな利点があります:

1.痛みを和らげる

体の筋肉が痛くて緊張しているときは、温かいお風呂で筋肉の緊張を和らげ、関節や骨の不快感を軽減することができます。

2.睡眠をより健全にする

不眠症や睡眠障害を経験している方は、温かいお風呂でそれを克服してみてください。この効果は、入浴や温水入浴によってもたらされるリラックス効果に関連しており、睡眠の質を改善し、よりしっかりと眠ることができます。

3.克服する NSエンベliNS

便秘や便秘は、腸の動きが不規則で、長期間排便が困難な状態です。入浴またはエプソム塩を混ぜた温水での入浴は、これを克服する1つの方法であると考えられています。

4. M症状を和らげる w塩辛い

痔核は、直腸の内側または肛門管の外側で発生する可能性があります。この状態は、その領域に腫れや炎症を起こした血管が存在することによって引き起こされます。

痔の影響を受けた人は通常、肛門からのかゆみや出血のために不快に感じます。温かいお風呂に入るのは、不快感やかゆみを和らげる少なくとも1つの方法です。

5.前立腺炎による痛みを和らげます

前立腺は、精子を輸送して栄養を与える液体を生成します。前立腺の炎症と腫れは前立腺炎として知られています。この状態は痛みを引き起こし、人が排尿するのを困難にする可能性があります。

前立腺炎は、医師の診察が必要な状態です。しかし、温かいお風呂は、前立腺炎の患者が痛みの訴えを和らげるのにも有益です。

6.かゆみを克服する 処置後 会陰切開

一部の出産では会陰切開が必要です。会陰切開は、赤ちゃんの出口を広げるために会陰を切開することです。会陰は、外陰部または外性器と肛門の間の領域です。

感染しないように、会陰の切開部を清潔に保つ必要があります。会陰切開創のケアは、分娩直後に始まります。

臀部、特に会陰を浸すことを伴って温かいお風呂に入ると、会陰切開の傷をきれいにすることができ、会陰の周りのかゆみや痛みを和らげるのにも役立ちます。

7.克服する 皮膚刺激性

かゆみや炎症を起こした肌の所有者は、パウダーを混ぜた温水でシャワーまたは入浴してください オートミール 特に肌の潤いを保ち、肌への刺激を軽減します。温浴の効果で肌の炎症を和らげることもできます。

もの ホットシャワーを浴びる前に注意すべきこと

温浴の利点をより最適に得ることができるように、あなたが注意を払う必要があるいくつかのことがあります:

  • 使用する場合 バスタブ 、最初にそれをきれいにすることを忘れないでください。
  • 熱すぎる水は避けてください。入浴の最高推奨温度は摂氏40度です。温度が高すぎる温水シャワーを浴びると、火傷や皮膚の乾燥を引き起こす可能性があります。
  • 10〜15分間浸します。めまい、息切れ、または皮膚が赤くなった場合は、すぐに浴槽から出てください。
  • 入浴後はやわらかい綿タオルで軽くたたいて乾かし、香水や染料などの刺激物を含まない保湿剤を塗って肌に潤いを与えます。

心臓病を患っている人や心臓に問題があると疑われる人は、温水に長時間浸さないようにアドバイスされています。脱水症状が温かいお風呂に入るのを防ぐために、5〜10分に制限し、常に水を飲んで体の水分の必要量を満たします。

温かいお風呂を使って苦情を減らしたり、特定の病気を治療したりすることに興味がある場合は、まず医師に相談して、自分の状態の利点と安全性を確認する必要があります。