エビを食べることのさまざまな利点と健康へのリスク

エビは一種です シーフード または人気のシーフード。エビはおいしいだけでなく、多くの健康上の利点もあります。しかし、一部の人々にとって、エビを食べることは健康上の問題を引き起こすリスクがあります.

合理的な範囲内で消費された場合、エビは多くの健康上の利点を提供し、その1つは体内での新しい細胞の形成を助けます。しかし、エビを食べすぎると、血中のコレステロール値の上昇など、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。

エビを食べることの栄養成分と利点

エビは栄養素が豊富なシーフードのひとつです。 85グラムの調理されたエビには、84カロリーと20グラムのタンパク質が含まれています。エビには、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、カリウムなど、体が必要とするさまざまな重要なミネラルも含まれています 亜鉛.

さらに、エビには、体に良いオメガ-3およびオメガ-6脂肪酸、抗酸化物質、およびヨウ素も含まれています。興味深いことに、エビの脂肪含有量は比較的低いです。エビの殻はキトサンに加工することもできます。

豊富な栄養成分により、エビには次のような多くの健康上の利点があります。

1.細胞と体組織の形成を助けます

エビには、体内で新しい細胞や組織を形成するために必要なタンパク質がたくさん含まれています。それだけでなく、エビのタンパク質は、さまざまな酵素やホルモンを生成するために体にも必要です。

2.甲状腺ホルモンの生産を助けます

エビにはタンパク質に加えて、高レベルのヨウ素も含まれています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの生産における重要な原料です。このホルモンは、体の代謝過程で重要な役割を果たします。十分なヨウ素摂取量がないと、甲状腺腫や不妊症のリスクがあります。

3.健康な骨と歯を維持します

エビのカルシウム含有量は、健康な骨と歯を維持するのに役立ちます。それだけでなく、カルシウムは筋肉の働きを助け、ホルモン産生を増加させ、血液凝固プロセスをスピードアップすることができます。

4.健康な心臓

魚と同じように、エビもオメガ-3とオメガ-6脂肪酸が豊富なシーフードです。これらの栄養素は両方とも、心臓の健康を維持する上で重要な役割を果たします。

注意するエビを食べることのリスク

しかし、すべての利点の背後にあるエビを食べることには、次のような注意が必要なリスクも含まれています。

1.アレルギー

アレルギーがある場合 シーフード、エビの可能性がアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、エビを食べることは避けてください。症状には、皮膚のかゆみ、吐き気、嘔吐、腹痛、めまい、顔や口の周りの腫れなどがあります。

2.窒息

注意しないと、エビを食べると窒息する可能性があります。これが起こると、エビの殻と尾が気道を傷つけて塞ぐ可能性があります。これを防ぐために、あなたが食べるエビがこれらの部分をきれいにしていないことを確認してください。

3.食中毒

エビを食べた後の中毒は、エビが適切に準備され、調理されていない場合に発生する可能性があります。まだ汚れているか生のエビには、食中毒を引き起こす可能性のある細菌が含まれている可能性があります。

症状には、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢などがあります。しかし、一般的に食中毒の直後には症状が現れないため、食中毒に気づかない人も少なくありません。

4.高コレステロール

エビを食べるときに発生する可能性のある別の問題は、血中のコレステロール値の上昇です。エビの少量のサービングには、約200mgのコレステロールが含まれています。この量は、1日のコレステロール摂取制限を超えています。

高コレステロール値は、心臓病や脳卒中のリスクを高める可能性があります。したがって、あなたが消費するエビの量を制限してください。

エビを食べることは体に多くの利益をもたらすことができますが、それは過剰に消費されるべきではありません。アレルギーのある方へ シーフード、エビを食べるときは注意してください。アレルギー反応が起こった場合は、すぐに医師の診察を受けてください。