これは耳管の機能とその障害です

耳管の機能は、耳の健康を聞き、維持する過程で非常に大きくなります。耳管の機能が損なわれると、耳の痛みや耳のうずきが発生する場合があります。

耳管は、鼓膜または中耳の後ろの空間を喉および鼻腔の後ろに接続する管です。

成人の場合、この運河の平均の長さは35mmまたは約3.5cm、直径は約3mmです。一部の人々はその存在に気づいていませんが、耳管は人の聞く能力に重要な役割を果たしていることがわかりました。

耳管の機能

耳管の機能は、耳の内側と外側の圧力を均等にし、鼓膜の後ろにある中耳から液体を取り除くことです。

バランスの取れた圧力があり、水分がない耳は、鼓膜が正常に振動するのに役立ちます。鼓膜の振動は、聴力の質を決定するものです。これが正常に機能することを保証するには、耳の内側と外側の空気圧を同じに保つ必要があります。

耳管は通常は閉じていますが、潜水、登山、飛行機の飛行など、飲み込んだり、あくびをしたり、気圧が急激に変化したりすると、短時間開きます。

このチャネルが開いていると、空気が入り、中耳と耳の外側の空気圧が等しくなります。耳管を開く過程で耳が詰まったような感覚が生じることがよくありますが、耳の空気圧が正常に戻ると、この感覚は自然に消えます。

耳管のいくつかの障害とその原因

以下は、耳管で発生する可能性のあるいくつかの障害です。

耳管機能障害

耳管機能障害 (ETD)は、耳管が詰まっているか、正しく開いていない状態です。この状態では、空気が中耳に入ることができないため、中耳の圧力は耳の外側の圧力よりも低くなります。

圧力が不均衡になると、鼓膜が硬くなり、音波を拾うときに適切に振動できなくなります。これにより、次のような多くの症状が発生する可能性があります。

  • 聴覚障害者
  • 耳が痛い
  • 耳のフルセンセーション
  • 耳鳴り
  • めまいまたはめまいの回転

耳管の閉塞または適切な開封の失敗は、一般に、外耳道の壁の腫れまたは耳の液体の蓄積によって引き起こされます。この状態は、感染症、アレルギー、副鼻腔炎または副鼻腔の炎症によって引き起こされることがよくあります。

さらに、ユースタキア管の機能障害は、頻繁に喫煙したり、間接喫煙にさらされたりする人や太りすぎの人にとってもリスクが高くなります。

中耳炎

耳管を塞ぐことに加えて、蓄積する耳液は中耳炎や中耳炎の感染症を引き起こす可能性もあります。この状態は子供に非常に一般的です。

これは、子供の耳管が短く、簡単に塞がれるためです。さらに、子供は免疫システムが弱く、まだ発達しているため、耳痛を引き起こす可能性のある耳の感染症にかかりやすくなっています。

耳管開放症

この状態は比較的まれな状態です。これの耳管機能不全は、耳管がしばしば開いているときに発生します。

苦しむ人々 耳管開放症 通常、耳の圧力が上昇し、呼吸音が大きくなるため、難聴の形で症状が現れます。

これまで、この状態を引き起こす要因はまだ確実にわかっていません。ただし、経験するリスクを高める可能性のあるいくつかの要因があります 耳管開放症、 含む:

  • 鼻と喉への手術または放射線療法の病歴
  • 神経障害など 多発性硬化症 とストローク
  • 頻繁なストレスや不安
  • 太りすぎ
  • 妊娠
  • 利尿薬や経口避妊薬などの薬の副作用

処理するには 耳管開放症、医師は通常、手術だけでなく、鼻からスプレーされる薬を投与します。

耳管の障害の治療

耳管機能障害の治療法は、原因と重症度によって異なります。耳管閉塞が耳の空気圧の変化によって引き起こされる場合、この状態は通常自然に治まります。

ただし、耳の空気圧の変化による耳閉感や痛みの症状を和らげるには、ガムを飲み込んだり、あくびをしたり、チューインガムを使って耳管を開いてみてください。

バルサルバ法を実行することにより、耳管内の空気圧を安定させることもできます。この操作は、深呼吸をしてから、鼻と口を覆いながらできるだけ強く吹くことで実行できます。

耳管障害が原因で発生する症状が改善しない、または悪化する場合は、耳鼻咽喉科の医師がこの状態を治療する必要があります。耳管の障害を治療するために、医師は次の手順を実行する場合があります。

薬物投与

医師は、耳管の壁の腫れを和らげ、耳管を塞ぐ水分の生成を減らすために充血除去薬を処方することができます。医師が点眼薬の形で処方する充血除去薬がありますが、飲用薬の形をしているものもあります。

さらに、医師は、アレルギーによって引き起こされる耳管障害の症状を緩和するために、抗ヒスタミン薬またはコルチコステロイドを処方することもあります。耳管の機能障害が、例えば中耳炎などの細菌感染によって引き起こされる場合、医師は抗生物質を処方することがあります。

手術

独立した治療と投薬で耳管の機能障害を克服できない場合は、通常、手術が使用されます。耳管を開くために、医師が行うことができる手術には2つのタイプがあります。

耳管挿入手術

この手順は、中耳に溜まった液体を排出して出てくるようにするための特別なチューブを鼓膜に配置することによって行われます。このチューブは、18か月後に自然に脱落して耳から出る可能性があります。

耳カテーテルバルーン挿入手術

医師は、患者の鼻から耳管に特別なバルーンを挿入することにより、この手順を実行します。耳管に入れると、バルーンが拡張し、耳管を開くことができます。

耳管が開くと、耳管に閉じ込められていた液体や空気が放出され、耳の空気圧が正常に戻ります。

耳管の機能は、耳の他の部分と同じくらい重要です。したがって、前述の耳管機能障害の症状が発生した場合、またはこれらの症状が改善しない場合は、すぐに耳鼻咽喉科の医師に相談して適切な治療を受けてください。