運動システムの異常の種類

運動器系の障害 グループ 神経疾患 その原因 体の動きが問題になる、 NSたとえば、のために 動く、スローモーション、または動き制御されていない. どのような病気が運動系に問題を引き起こす可能性がありますか?次の記事で説明を見てみましょう.

運動システムは、神経、筋肉、骨で構成されており、これらが連携して相互に統合し、歩く、走る、物を拾う、書く、笑うなどの目的のある動きを生み出します。

運動システムの異常は、それに含まれる臓器に損傷や障害がある場合に発生します。運動システムの異常は、次のようなさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

  • 遺伝的要因。
  • 感染。
  • 脳卒中などの脳への損傷。
  • 脊髄や末梢神経を含む神経障害または損傷。
  • 代謝障害。
  • 特定の薬の副作用。
  • 中毒。

これらは、運動システムの異常の種類です

体の運動システムに異常を引き起こす可能性のある多くの病気があります、すなわち:

1.重症筋無力症

重症筋無力症は、体内の骨格筋の衰弱を引き起こします。原因は、神経細胞と筋肉組織の間のコミュニケーション障害であり、体の動きが弱まります。

現れる症状は、話すのが困難または不明瞭、声がかすれる、息切れ、まぶたが垂れるなど、患者ごとに異なります。患者はまた、座った状態から立った状態に立ち上がる、物を持ち上げる、階段を上り下りするなど、移動が困難な場合があります。

現れるかもしれないもう一つの症状は、顔の表情を示すのが難しいことです。重症筋無力症の人は通常、かすみ目や複視などの視覚障害や、噛んだり飲み込んだりするのが困難になります。

一般に、重症筋無力症の症状は、患者が活動しているときに発生し、休息後に改善します。この病気の症状はゆっくりと現れることがあり、治療せずに放置すると悪化する傾向があります。

2.振戦

震えは、不本意に繰り返し発生する揺れの動きです。振戦は一般的に手と頭で発生しますが、脚、腹部、声帯など、体の他の部分でも発生する可能性があります。

一般的に生命を脅かすものではありませんが、震えは日常生活に支障をきたす可能性があります。震えのある人は、書く、歩く、食べ物を賄賂する、物をつかむなどの活動や仕事をするのが難しいと感じるでしょう。

振戦は、筋肉の動きを制御する脳の領域の障害によって引き起こされます。明らかな理由もなく震えが発生する可能性がありますが、多くの場合、この状態は病気の症状です。

3.パーキンソン病

パーキンソン病は、体の動きを調節する役割を果たすドーパミンが体に不足しているために発生します。この状態では、脳内の神経細胞に損傷があり、ゆっくりとした異常な体の動きを引き起こします。

パーキンソン病には、震え、体の動きの鈍化、筋肉のこわばりという3つの主な症状があります。表示される可能性のあるその他の症状は次のとおりです。

  • 患者を転倒や怪我をしやすくする平衡障害。
  • 歩きにくい。
  • スピーチは遅く、一貫性がありません。
  • 書くのが難しい。
  • 飲み込みにくい。
  • 排尿や排便の困難。
  • 過剰な唾液産生。

パーキンソン病の人はまた、うつ病、不安神経症、認知症になりやすい傾向があります。

4.ジストニア

ジストニアは、筋肉が不本意に動く原因となる障害です。この筋肉の動きは、体の一部または全部で発生する可能性があります。その結果、ジストニアの人は奇妙な姿勢をとり、震えを経験します。

ジストニアの原因は、体の動きの速度と協調を制御するように機能する脳の部分の障害です。

この運動系障害は、けいれん、震え、筋肉のけいれん、制御不能なまばたき、発話および嚥下障害、および首の傾きなどの体の一部の異常な位置の形で症状を引き起こす可能性があります。

5.運動失調

運動失調は、体の動きの調整に影響を与える小脳と脊髄の異常によって引き起こされます。運動失調は、人が体をスムーズかつスムーズに動かすことを困難にします。

運動失調の症状には、体の動きの調整不良、震えまたは震え、不安定または落下する足音、発話の変化、話し方および嚥下の困難、および異常な眼球運動が含まれます。運動失調の人は、思考や感情の乱れや、書くことの困難も経験する可能性があります。

6. 舞踏病

舞踏病 不随意の体の動きが現れる原因となる神経筋障害です。この病気は、短時間で、急速で、制御されていない反復運動を特徴としています。

舞踏病 通常、顔、口、腕、手、足に発生します。その結果、患者は発話の問題、嚥下困難、しばしば舌の突出、手を握り締めるのが困難、奇妙な歩行を経験します。

7.筋萎縮性側索硬化症(ALS)

ALSは、脳と脊髄の機能を妨げる変性疾患です。この状態の人は、話す、飲み込む、立つ、歩く、階段を上るなどの特定の活動を行うのが難しい場合があります。現在まで、ALSの治療法は見つかっていません。

ALSの症状は、影響を受ける神経系の領域に応じて、人によって異なります。現れる可能性のある症状には、嗄声、嚥下困難、発話の鈍化、情緒不安定、唾液の過剰産生などがあります。その他の症状には、脱力感、けいれん、息切れ、筋肉組織の収縮などがあります。

上記の7つの病気に加えて、運動系の他の障害があります。これらは一般に、筋肉、骨、結合組織の障害の形をしています。最も一般的な2つは腱炎と 変形性関節症.

上記の病気は、患者が日常の活動を行うことを困難にすることがよくあります。チェックを外したままにすると、運動システムの異常により、患者が身体障害者になることさえあります。したがって、運動系の異常は直ちに医師の診察を受ける必要があります。