足のむくみの原因と克服する簡単な方法

足のむくみは確かにそれを経験する人々を不快にします。この状態は、長すぎることから特定の病気の症状まで、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。足のむくみの原因を知ることで、適切な治療ができます。

長時間立ったり歩いたりすると、足を含む体の特定の部分に浮腫や水分の蓄積を引き起こす可能性があります。これは足の腫れにつながる可能性があります。ただし、この状態は通常、自然に改善されます。

ただし、足の腫れが他の症状を伴う場合、これは健康上の問題の兆候である可能性があります。

足のむくみのさまざまな原因

以下は、足の腫れを引き起こす可能性のあるいくつかの状態または病気です。

1.リンパ浮腫

リンパ浮腫は、リンパ節の損傷が原因で発生します。この状態は、治療を受けている癌患者がしばしば経験します。これにより、体がリンパ液を保持し、足の腫れを引き起こす可能性があります。

リンパ浮腫に伴う典型的な症状には、片足の腫れ、あざができやすい、皮膚の肥厚や線維症などがあります。

2.怪我

怪我や足首の捻挫の結果としての足首の捻挫は、怪我をした足首を支えなければならないため、靭帯が伸びる原因となる可能性があります。この状態は、足の腫れの発生を引き起こす可能性があります。

3.妊娠

妊娠中の足のむくみは、特に妊娠が20週間以上の場合によく見られる症状です。ただし、足のむくみに突然の血圧上昇が伴う場合は、妊娠中の女性は注意が必要です。

この状態は、妊娠中の女性が子癇前症などの妊娠合併症を経験している症状である可能性があります。これを経験した場合は、すぐに医師に相談してください。

4.感染症

足や足首の腫れは、感染症の症状である可能性があります。感染により足のむくみを経験するリスクが高い人は糖尿病患者です。したがって、糖尿病を患っている場合は、水ぶくれや痛みがないか時々足の状態をチェックすることが重要です。

5.血栓

脚の静脈に形成される血栓は、脚から心臓に戻る血流を止め、脚の腫れを引き起こす可能性があります。血栓が壊れて心臓や肺に広がると、この状態は生命を脅かす可能性があります。

高熱や足の変色の症状で足が腫れている場合は注意が必要です。

6.腎臓病

腎機能の障害は、体に水分がたまり、足の腫れを引き起こす可能性があります。足の腫れに加えて、腎臓病の他の症状には、食欲不振、倦怠感、息切れ、およびまれな排尿が含まれます。

7.静脈不全

脚の腫れは、静脈不全の初期症状であることがよくあります。これは、血液が脚の静脈から心臓に適切に上がらない状態です。

この状態は、皮膚の変化や感染症の症状を伴う足の腫れを引き起こす可能性があります。

8.薬の副作用

特定の薬の消費はまた、水分の蓄積のために足の腫れを引き起こす可能性があります。この効果を持つ薬のいくつかの種類は、糖尿病薬、NSAID、抗うつ薬、ステロイド薬、血圧薬、および避妊薬を含むホルモンを含む薬の使用です。

上記の病気のいくつかに加えて、足の腫れは肝臓病や心臓病によっても引き起こされる可能性があります。

足のむくみを克服する方法

軽度の腫れた足は自然に治りますが、医師による治療が必要なものもあります。足のむくみがひどい場合、治癒しない場合、または歩行が困難な場合は、医師の診察を受ける必要があります。

あなたが経験している足のむくみの訴えを治療するために、医者は足のむくみの原因に応じて治療を提供します。たとえば、足のむくみが感染症によって引き起こされた場合、医師は抗生物質を処方することがあります。

一方、下肢の腫れが腎臓病によるものである場合、医師は腎臓病の原因に応じて治療を提供したり、透析を行ったり、腎臓手術を受けるようにアドバイスしたりすることができます。

医師による治療に加えて、次の方法で足のむくみを和らげることもできます。

  • 脚の血栓を防ぐために着圧ソックスを使用してください。
  • 足のむくみの痛みを和らげるために、塩水を入れた浴槽に足を15〜20分間浸します。
  • 長時間座った結果として足が腫れた場合は、1時間ごとに動き回って膝と足首を伸ばしてみてください。
  • 太りすぎで足が腫れた場合は、体重を減らしてください。

足の腫れの原因はさまざまであり、治療法は同じではありません。したがって、足のむくみを経験した場合は、医師の診察を受けて、足のむくみの原因を特定し、適切に治療する必要があります。