認識することが重要な足の痛風の症状

足の痛風には、痛み、腫れ、熱感、赤みなど、さまざまな症状があります。 そうでない場合 適切に扱われる,脚の痛風の症状は、活動を妨げる可能性があり、歩行を困難にすることさえあります。

痛風は、足の関節炎の最も一般的な原因の1つです。この病気は、体内の尿酸値が高すぎるために発生し、ミネラルが沈殿して鋭い結晶を形成し、関節を攻撃します。

これにより、痛風の影響を受けた関節が腫れ、赤くなり、痛みを伴うことがあります。痛風発作はどの関節でも発生する可能性がありますが、足の親指、膝、足首で最も一般的です。脚の痛風の症状は通常突然現れ、5〜10日間続きます。

足の痛風のさまざまな症状

よく現れる足の痛風の症状のいくつかを次に示します。

1.足の親指、足首、膝の関節痛

足の痛風の最も一般的な症状は、影響を受けた関節、通常は足の親指、足の裏、足首、膝の耐え難いほどの痛みや圧痛です。痛風の症状による痛みは、チクチクする、ズキズキする、または灼熱感と灼熱感のように感じることがあります。

これらの症状が現れると、それを経験した人は動きにくいと感じることがあります。実際、足を少しでも動かすのは非常に難しい場合があり、これにより、足が困難になったり、歩くことができなくなったりする可能性があります。

足の痛風症状の出現は、通常、夜または朝起きたばかりのときに再発し、数日以内に治まります。ただし、痛風による関節痛が数週間続く場合もあります。

2.痛風の影響を受けた関節の周りの腫れ

脚の痛風の次の症状は、痛風の影響を受けた関節の周りの腫れです。尿酸結晶の穿刺による関節の炎症や炎症が原因で腫れが発生する可能性があります。

3.可動域が制限されています

影響を受けた関節の激しい痛みや腫れは、関節を硬くし、動かしにくくする可能性があります。これは、足の痛風症状の再発を経験する人々が数日間動き、動くことを困難にする可能性があります。

4.影響を受けた関節の周りの皮膚の変化

関節周辺の皮膚の変化も、足の痛風の一般的な症状です。影響を受けた関節の周りの皮膚は、通常、赤みがかったまたは紫がかったように見え、硬く感じ、触ると温かくなります。さらに、皮膚が伸びているように見えることもあります。

特定の場合、特に長い間存在し、適切に治療されていない尿酸疾患では、尿酸の蓄積が皮膚に硬くてざらざらした感じのしこりの形成を引き起こす可能性があります。これらのしこりは痛風結節と呼ばれます。

尿酸の痛風結節のしこりは通常痛みがありませんが、時には痛みを伴うことがあります。これらの隆起は、足首やつま先の関節の周りに現れることがよくありますが、肘、指、手首にも現れることがあります。

足の痛風の症状は通常、数日以内に自然に治まります。ただし、痛風による脚の痛みや腫れの訴えを和らげるために、足に冷湿布を与えて休息し、パラセタモールやイブプロフェンなどの鎮痛剤を服用することができます。

上記のような足の痛風の症状を経験した場合、特にこの苦情が数週間感じられた場合、または頻繁に再発した場合は、医師に確認する必要があります。

適切に治療しないと、尿酸値が高すぎて体内に蓄積すると、足だけでなく、腎臓結石などの他の健康上の問題も引き起こす可能性があることを覚えておくことが重要です。

薬に加えて、尿酸値を正常に保つために、尿酸を増やす可能性のあるアルコール飲料や食品に近づかないようにし、定期的に運動し、十分な水を飲むことをお勧めします。