枝豆のメリットに関するさまざまな事実

枝豆はまださやに残っている大豆です。 スナック 伝統的 から 日本は今、世界中の人々から大きな需要があります。 味だけじゃない 楽しみ、 だけでなく bがあります多くの 枝豆の体の健康へのメリット。

枝豆には多くの栄養素が含まれています。これらの食品には、タンパク質、健康的な脂肪、炭水化物、繊維、炭水化物、葉酸、ビタミンA、B、C、E、Kのほか、鉄、マグネシウム、マンガン、カルシウムなどのミネラルが含まれています。 亜鉛、およびカリウム。

枝豆大豆には無数のメリットがあります

枝豆は栄養価が高いため、次のようなさまざまな健康上の利点があります。

1.悪玉コレステロール値を下げる

ある研究によると、1日あたり約50グラムの大豆を摂取すると、体内の悪玉コレステロール(LDL)のレベルを下げることができます。したがって、枝豆を定期的に摂取することで、心臓病のリスクを減らすことができます。

2.多くの病気のリスクを減らします

枝豆には、骨粗鬆症、ガン、高血圧、心臓病などのさまざまな病気から体を守るのに役立つ抗酸化物質であるイソフラボンが含まれています。また、枝豆は血糖値の安定性を維持するのにも良いので、糖尿病患者の摂取にも適しています。

3.更年期症状を和らげます

枝豆大豆に含まれるイソフラボンや植物エストロゲンの抗酸化物質も症状緩和に役立ちます ほてり または閉経後の女性の顔、首、胸の周りの灼熱感の出現。

4.健康的な消化

枝豆のもう一つの利点は、消化器系の健康を維持することです。ある研究によると、枝豆の繊維とタンパク質の含有量が高いと、消化管で善玉菌の増殖を助けるプレバイオティクスとして機能することが示されています。

5.体重を維持する

食物繊維、たんぱく質、抗酸化物質が豊富な枝豆は、体重を維持するのに役立つおやつでもあります。大豆や枝豆などの食物繊維を定期的に食べる人は、平均して理想的な体重であることがいくつかの研究で示されています。

これは、体脂肪を減らし、消化に時間がかかる枝豆の効果に関係していると考えられています。

上記の利点のいくつかは、これまでいくつかの小規模な研究に限定されてきました。したがって、健康と病気の予防のための枝豆の利点を確実にするために、さらなる研究が必要です。

本当 消費 大豆は乳がんのリスクを高めますか?

枝豆大豆を含む大豆を摂取すると、乳がんのリスクが高まる可能性があるとの想定があります。枝豆に含まれるイソフラボンは、ホルモンのエストロゲンの増加を引き起こし、乳房の腺細胞の悪性腫瘍のリスクを高めると考えられています。

実際、この仮定は正当化できません。枝豆大豆の摂取による乳がんリスクの増加に関するエビデンスと研究はまだ不明です。

対照的に、大豆には実際には、いくつかの種類の癌を予防できるタンパク質、繊維、イソフラボンが含まれています。枝豆に含まれるイソフラボンには、がん細胞の増殖を防ぐ能力もあります。

方法 元気 枝豆を楽しむ

これらの豆は、前処理するか、他の野菜と組み合わせて、チャーハンやスープなどのさまざまな種類の食品を作ることができます。しかし、枝豆はおやつとして楽しむことも少なくなく、茹でたり蒸したりするだけです。

また、テンペ、豆腐、ソース、スープなどに加工または発酵させた枝豆を消費することもできます。加工大豆の利点は、消化しやすいことです。大豆は発酵されていますが、消化管内の善玉菌の数を増やすことができます。

ただし、枝豆を摂取すると胃が膨満し、風が通りやすくなる可能性があることに注意してください。これを避けるために、枝豆は完全に火が通るまで長く調理してみてください。また、枝豆はアレルギー反応を起こす人もいるので注意が必要です。

健康的な食生活を決定し、あなたの健康状態に合った枝豆の部分についての推奨事項を得るには、栄養士に相談することを躊躇しないでください。