健康で新鮮な体のための冷水での朝のシャワーの5つの利点

モーニングシャワーのメリットは、体をフレッシュに感じるだけでなく、健康にも良いことです。朝の入浴は、身体の健康に加えて、うつ病の症状を軽減するなど、精神的な健康にも良い影響を与えることが知られています。

朝のシャワーが日常的になり、簡単にできない場合があります。朝の冷たい空気と眠そうな目は時々体を覆い隠して眠りに戻りたくなることがあります。

さて、目が重く感じなくなり、体が新鮮になるように、朝のシャワーは正しい解決策になる可能性があります。朝のシャワーは、持久力や体の循環を高めるなど、体にさまざまなメリットをもたらすと考えられています。

それだけでなく、入浴や冷水での入浴は、うつ病の症状を軽減し、気分を改善するための水治療法または水治療法としても機能します。

多様 朝に冷たいシャワーを浴びることの利点

朝風呂に入ると、定期的に入浴することで得られるメリットはいろいろあります。

1.うつ病の症状を和らげます

ある研究によると、冷水で週に2〜3回、5分間入浴すると、うつ病やストレスの症状が緩和されると考えられています。冷たいシャワーを浴びると、体がエンドルフィンの放出を引き起こし、幸せな気分になります。

2.不眠症の克服

あなたが起き上がるのに苦労している人の一人なら、朝に冷たいシャワーを浴びることはそれに対処する正しい方法かもしれません。低温にさらされると、体は心拍数と体内への酸素摂取量を増やすことで反応します。これは体をすぐに目覚めさせることができます。

3.さまざまな病気と戦う

朝風呂のもう一つの利点は、白血球や白血球の生成を刺激することです。白血球は体内の感染症と戦うように機能します。言い換えれば、朝にシャワーを浴びることは、体が風邪やインフルエンザなどのさまざまな病気と戦うのを助けることができます。

4.血液循環を改善します

朝に冷たいシャワーを浴びると、体温を維持するために体が少し硬くなります。定期的に行うと、体全体の血液循環を改善し、肌をより健康に見せることができます。

5.筋肉痛を和らげる

運動後または特定の身体活動を受けた後の筋肉痛は、ほとんどすべての人が経験する一般的なものです。運動後の筋肉痛を予防または緩和するために行うことができる1つの方法は、摂氏10〜15度の冷水に15分間シャワーまたは入浴することです。

運動後の痛みや筋肉のこわばりを和らげるだけでなく、冷水に浸すことで皮膚の損傷を防ぐこともできます。

上記のような朝のシャワーの恩恵を受けたい場合は、水温を体の状態に合わせて調整する必要があることを覚えておく必要があります。正常な体温に影響を与え、低体温症を引き起こす危険性があるため、水を冷やしすぎたり、入浴に時間がかかりすぎたりしないでください。

あなたが得ることができる朝のシャワーを浴びることの様々な利点があります。ただし、入浴や冷水に浸した後に特定の不満が生じた場合は、適切な検査と治療について医師に相談してください。