知っておくべき重要なコーヒーのさまざまな副作用

コーヒーは、眠気を和らげ、集中力を高めるための解決策としてよく消費されます。ただし、特にコーヒーを飲みすぎると、注意が必要な副作用がいくつかあります。

気分や代謝の改善から、心血管疾患、2型糖尿病、パーキンソン病、痛風、癌のリスクの低下に至るまで、さまざまな研究により、コーヒーが体にもたらす利点が証明されています。

適切な量​​、つまり1日2〜3カップ以下で消費された場合、コーヒーは一般的に成人にとって安全であり、健康に害を及ぼすことはありません。ただし、コーヒーが1日4杯以上の過剰な量で消費されると、コーヒーの副作用が発生する可能性があります。

コーヒーのさまざまな副作用

カフェインを過剰にまたは頻繁に消費すると、時間の経過とともに次のような副作用が発生する可能性があります カフェイン主義。一般的に、コーヒーの最も一般的な副作用は次のとおりです。

1.不眠症

カフェインはあなたを目覚めさせ、眠気を克服し、集中力を向上させることができます。ただし、カフェインを過剰に摂取すると、睡眠時間が短縮され、体がよく眠れなくなる可能性があります。これにより、不眠症などの睡眠障害を経験する可能性があります。

2. S頻尿

頻尿は、コーヒーの一般的な副作用です。コーヒーには利尿剤であるカフェインが含まれているため、排尿を刺激し、より頻繁に排尿させることができます。これが、コーヒーを飲んだ後、トイレに行く頻度が高くなる理由です。

3.落ち着きがない

カフェインは覚醒効果があるため、注意力を高めることができます。しかし、コーヒーの副作用もあなたを落ち着かなく不安にさせる可能性があります。この効果は、パニック発作や不安障害の症状の再発にさえつながる可能性があります。

4.心拍数が速くなります

コーヒーを飲みすぎると、心臓の鼓動が速くなり、心拍のリズムが変化する可能性があります(心房細動)。コーヒーを飲んだ後にこれを経験した場合は、コーヒーの摂取量を減らすことを検討してください。

5.消化器疾患

コーヒーを飲んだ後、排便が頻繁になりますか?もしそうなら、これはコーヒーの下剤効果によるものです。コーヒーのこの副作用は腸をより活発にすることができ、その結果、排便が速くなります。

それだけでなく、コーヒーの過剰摂取は、下痢、胃潰瘍、GERDの再発などの他の副作用を引き起こす可能性もあります。

6. カフェイン離脱

カフェイン離脱 は、コーヒーを定期的に飲むことに慣れていて、突然コーヒーを飲むのをやめたときに現れるコーヒーの副作用です。

このコーヒーの副作用を経験すると、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感、集中力の低下、気分のむらを感じることがあります。

上記のさまざまな条件に加えて、長期的にコーヒーを飲みすぎると、高血圧や高血圧などの他の副作用を引き起こす可能性があります 横紋筋融解症.

誰がコーヒーを減らすか避けるべきですか?

誰もが安全にコーヒーを飲むことができるわけではありません。したがって、次のような特定の状態や病気がある場合は、コーヒーを制限するか、避ける必要があります。

  • 不安障害、双極性障害、うつ病などの精神障害
  • 酸逆流症またはGERDを含む消化器疾患および 過敏性腸症候群
  • 痛風
  • 糖尿病
  • 抗生物質、抗うつ薬、喘息薬などの特定の薬を服用している

上記の条件に加えて、流産、早産、低出生体重児のリスクを高める可能性があるため、妊娠中の女性はコーヒーの摂取を制限することもお勧めします。

母乳育児中の母親もコーヒーを減らすことをお勧めします。これは、カフェインの含有量が母乳に吸収される可能性があるため、母乳で育てられた赤ちゃんは、よりうるさくなり、睡眠に問題が生じ、疝痛のリスクがあるためです。

コーヒーの副作用は通常、人がコーヒーを大量にまたは長期間消費したときに現れます。ただし、カフェインに敏感な人は、コーヒーを少量しか飲まなくても、コーヒーの副作用が現れることがあります。

コーヒーの副作用が頻繁に発生し、対処が困難な場合は、医師に相談してください。