不眠症-症状、原因、治療

不眠症は、十分な時間があるにもかかわらず、患者が眠りにつくのが困難になったり、十分な睡眠が取れなくなったりする障害です。この障害は、翌日の患者の活動に影響を与える可能性があります.

睡眠時間と睡眠後の満足度は、人の生活の質と全体的な健康に影響を与えます。一般的に、人々は体を健康に保つために1日8時間の睡眠を必要とします。

睡眠が長すぎたり少なすぎたりすると、肉体的にも精神的にも混乱を引き起こす可能性があります。ただし、睡眠の質が良くない場合、十分な睡眠時間は体の健康状態を保証するものでもありません。

不眠症の種類

不眠症は、原発性不眠症と続発性不眠症の2種類に分けられます。原発性不眠症は、別の病状とは関係のない睡眠障害です。一方、二次性不眠症は、次のような他の状態が原因で発生する睡眠障害です。

  • 関節炎
  • 酸逆流症(GERD)
  • 喘息
  • うつ
  • アルコール飲料の消費

不眠症は、短命(急性)または長期(慢性)の場合があります。急性不眠症は1泊から数週間続きますが、慢性不眠症は少なくとも週に3泊発生し、3か月以上続きます。

不眠症の症状と合併症

不眠症は、転倒したり眠り続けたりするのが難しいという特徴があります。これらの苦情は、日中の倦怠感や眠気、活動に焦点を合わせるのが難しいなど、他の症状を引き起こす可能性があります。

睡眠が困難な場合、不眠症の人は集中力を欠く可能性があるため、運転中に事故を起こす危険性があります。不眠症はまた、記憶力と性欲を低下させ、身体的および精神的障害を引き起こす可能性があります。

不眠症の治療と予防

不眠症の治療は、根本的な原因と患者の状態によって異なります。医師が提供できる方法は、心理療法またはカウンセリング、投薬、またはその両方の組み合わせです。

不眠症は、次の簡単な方法で防ぐことができます。

  • 就寝前にたくさん食べたり飲んだりしないでください
  • アルコール飲料とカフェイン飲料の消費を制限する
  • 昼寝を避けるために、日中は活動的になるようにしてください