ビソプロロール-利点、投与量および副作用

ビソプロロールは、高血圧や高血圧、狭心症、不整脈、心不全の治療に使用される薬です。ビソプロロールはベータ遮断薬のクラスに属しています (ベータ遮断薬)。

ビソプロロールは、収縮時に心拍数と心筋への圧力を遅くすることで機能するため、全身に血液を送り込む際の心臓への負担を軽減できます。血圧を下げることで、脳卒中、心臓発作、腎臓障害も予防できます。

ビソプロロールの商標:Beta-One、Bipro、Biofin、Biscor、Bisoprolol Fumarate、Bisovell、Carbisol、Concor、Hapsen、Lodoz、Maintate、Miniten、Opiprol、Selbix

あれは何でしょう ビソプロロール?

グループベータ遮断薬
カテゴリー処方薬
利点高血圧、狭心症、不整脈、心不全を治療する
によって消費されます成熟した
妊娠中および授乳中の女性のためのビソプロロールカテゴリーC:動物実験では胎児への悪影響が示されていますが、妊娠中の女性を対象とした管理された研究はありません。ビソプロロールが母乳に吸収されるかどうかは不明ですが、期待される効果が胎児へのリスクを上回っている場合にのみ、この薬を使用する必要があります。母乳育児をしている場合は、最初に医師に相談せずにこの薬を使用しないでください。
剤形タブレット

ビソプロロールを服用する前の注意事項

ビソプロロールは不用意に使用しないでください。この薬で治療を受けている間、医師のアドバイスに従ってください。ビソプロロールを服用する前に、次の点に注意する必要があります。

  • この薬にアレルギーの病歴がある場合は、ビソプロロールを服用しないでください。
  • 喘息または呼吸困難、徐脈、心不全、心原性ショック、糖尿病、低血圧、甲状腺機能亢進症、肝障害、褐色細胞腫、腎臓障害、重症筋無力症の病歴がある場合は、医師に相談してください, 乾癬, 重度の末梢動脈疾患。
  • ビソプロロールを服用している間は、血圧低下効果が高まり、めまいを引き起こすため、飲酒は避けてください。
  • 不要な薬物相互作用を避けるために、ハーブ薬やサプリメントなどの他の薬を服用している場合は、医師に相談してください。
  • 手術や歯科治療などの医療処置を受ける前に、この薬を服用しているかどうかを医師に伝えてください。
  • ビソプロロールを服用した後にアレルギー反応や過剰摂取が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

ビソプロロールの投与量と方向性

ビソプロロールは医師から投与されます。与えられる用量は、治療される状態のタイプ、その重症度、および薬物に対する患者の体の反応に合わせて調整されます。

成人患者の場合、ビソプロロールの初期投与量は、1日1回、1.25〜10mgの範囲です。医師は、必要に応じて1日あたり最大20mgの用量を与えることができます。

ビソプロロールを正しく服用する方法

服用を開始する前に、医師のアドバイスに従い、ビソプロロールパッケージの情報をお読みください。この薬は食事の前後に服用でき、朝に服用する必要があります。

ある投与と次の投与の間に十分な時間があることを確認してください。その効果を最大化するために、毎日同じ時間にビソプロロールを服用するようにしてください。

ビソプロロールの服用を忘れた場合は、次の摂取スケジュールの間隔が近すぎないか覚えたらすぐに服用することをお勧めします。それが近い場合は、それを無視し、用量を2倍にしないでください。

治療効果を最大化するためには、栄養価の高い食事、定期的な運動、禁煙など、健康的なライフスタイルに関する医師のアドバイスに従うことが非常に重要です。

ビソプロロールによる治療は通常長期です。症状の再発を避けるために、最初に医師に相談せずにこの薬の使用を中止しないでください。

この薬は、湿気の多い空気や直射日光を避け、室温で保管してください。小児の手の届かない場所に保管。

ビソプロロールと他の薬剤との相互作用

ビソプロロールを特定の薬と一緒に使用すると、次のような相互作用の影響があります。

  • リドカインやフェニトインなどのクラスI抗不整脈薬と併用した場合のビソプロロールの効果の増加
  • レセルピンとグアネチジンと一緒に服用した場合の動悸などの交感神経活動の増加
  • ジゴキシンと一緒に服用すると徐脈(心拍数が遅い)のリスクが高まります
  • ジルチアゼムやベラパミルなどのカルシウム拮抗薬と併用すると、重度の低血圧と房室ブロック(心臓への電気インパルスの流れを遮断する)のリスクが高まります。
  • メチルドパまたはクロニジンと併用すると、心不全を悪化させるリスクが高まります
  • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)およびリファンピシンと併用した場合のビソプロロールの有効性の低下

ビソプロロールの副作用と危険性

他の薬と同じように、ビソプロロールも副作用を引き起こす可能性があります。この薬を服用した後の最も一般的な副作用のいくつかは次のとおりです。

  • めまいが
  • 吐き気
  • ギャグ
  • 倦怠感
  • 心拍数が遅い
  • 便秘
  • 下痢
  • 指と足の指が冷たく感じる

さらに、次のようなより深刻な副作用が発生する可能性があります。

  • かすかな
  • 青い指とつま先
  • 重度の徐脈
  • 息苦しい
  • 気分のむら
  • 錯乱
  • うつ

上記の副作用のいずれかが発生したり、発疹、顔、舌、喉の腫れやかゆみ、息切れなどのアレルギー反応が発生した場合は、すぐに医師に相談してください。