小麦の利点とその体への危険性

小麦の利点と健康への危険性を知ることは私たちにとって重要です。その理由は、小麦は多くの人が消費する主食の1つだからです。この種の穀物は、パン、パスタ、麺の原料としてよく使われます。

小麦は通常、ダイエットをする人に人気のある食材です。これは、小麦には健康、特に消化器系に有益な多くの重要な栄養素が含まれているためです。

小麦は栄養素が豊富であるにもかかわらず、特定の病気に苦しむ人々が摂取すると健康に害を及ぼす可能性のある副作用があることが判明しています。定期的に摂取する前に、まず小麦の利点と危険性を理解するのに役立ちます。

健康のための小麦の利点

あなたがそれに含まれる様々な栄養素から得ることができる小麦の利点。 100グラムの全粒小麦には約340カロリーが含まれており、次の重要な栄養素もいくつか含まれています。

  • 72グラムの炭水化物
  • 13グラムのタンパク質
  • 10.7グラムの繊維
  • 2.5グラムの脂肪
  • 0.4グラムの砂糖

さらに、全粒穀物は、ビタミンB群、セレン、マンガン、リン、銅などのビタミンやミネラルの優れた供給源です。全粒穀物には、抗酸化物質や、フィチン酸、ポリフェノール、スタノール、植物ステロールなどの活性化合物も含まれています。

これらの成分のおかげで、全粒穀物を定期的に摂取すると、次のようないくつかの利点が得られることが知られています。

  • 便秘の予防と治療
  • 腸内の悪玉菌を排除することにより、健康的な消化器系の機能をサポートします
  • 心臓病、脳卒中、肥満、2型糖尿病などの慢性疾患のリスクを軽減します
  • 慢性炎症を軽減します
  • 結腸がんのリスクを減らす

注意すべき小麦の危険性

小麦には多くの利点がありますが、実際、小麦を食べると、特定の人々に次のようないくつかの健康上の問題を引き起こす可能性があります。

セリアック病の状態を悪化させる

グルテンは、小麦やその他の穀物に含まれる主要なタンパク質です。セリアック病の人にとって、グルテンを多く含む食品を食べることは実際には健康に害を及ぼす可能性があります。

その理由は、グルテンを含む食品を食べると、免疫系が小腸に損傷を与えることで反応するからです。頻繁に発生する症状は、体重減少、鼓腸、倦怠感です。

それだけでなく、グルテンは統合失調症やてんかんなどの脳障害を発症するセリアック病の人々のリスクを高めることも知られています。

小麦不耐性の症状を引き起こします

一部の人々は小麦に敏感であるか、小麦不耐性を持っている可能性があります。この状態は、非セリアック小麦過敏症としても知られています。一般的な症状には、腹痛、頭痛、倦怠感、下痢、関節痛、鼓腸、湿疹などがあります。

さらに、小麦不耐性は過敏性腸症候群(IBS)の人にもよく見られ、症状を悪化させる可能性があります。

体が必要とする栄養素の吸収を妨げる

全粒穀物には、カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラルと結合して吸収を妨げる可能性のあるフィチン酸が含まれています。これは、体の状態がこれらのミネラルを欠いている人々にとって確かに危険です。

しかし、全粒小麦のフィチン酸の含有量は、それを浸して発酵させることによって大幅に減少することが知られています。

小麦の利点と健康への危険性を比較検討することにより、小麦の摂取にもっと注意を払うことが望まれます。上記の病気のいずれかに苦しんでいる場合は、小麦の消費を制限するか、完全に避けてください。

ただし、病気の病歴がない場合は、選択した製品に全粒穀物が含まれていることを確認し、小麦の最適な利点を得るのに十分な量でそれらを消費してください。

安全のために、小麦を定期的に食べたい場合、特に病気にかかっている場合や特定の薬を服用している場合は、まず医師に相談する必要があります。