妊娠6ヶ月:赤ちゃんは相互作用することができます

妊娠6か月の場合、妊娠中の女性は、触覚と音で子宮内の小さな子供と交流することができます。あなたの小さな子供は、胃からの動きで妊婦に反応することができます。妊娠を気持ちよくするだけでなく、胎児の健康状態を示す兆候でもあります。

妊娠5か月の妊娠中の母親は、胎児が聴覚や触覚を感じることができるかどうか確信が持てない場合があります。ただし、妊娠6か月になると、通常、子宮内の胎児は非常に活発に動き始め、音や触覚に反応することができます。

悲鳴や音楽の音などの音は、彼に小さな動きやキックをさせることができます。

妊娠6ヶ月間の胎児の成長

妊娠6か月の年齢に入ると、胎児の体重は通常約660グラム、長さは約34cmになります。この体重と長さは毎週増加し、彼の臓器の成長と発達も増加します。

以下は妊娠25週目から28週目までの胎児の発育です。

妊娠25週

今週は胎児が頻繁に動き、しゃっくりした妊娠中の女性でも動きを感じることができます。さらに、胎児が妊娠25週に入ると、次のようなさまざまな進展と変化があります。

  • 胎児の体は太く見えます
  • しわが寄っていた肌がなめらかになります
  • 頭の毛の成長の存在
  • 胎児は定期的に尿を羊水に排泄します
  • まぶたが分離し始めている

妊娠26週

今週の胎児の体長は約35.6cm、体重は約760グラムです。脳が発達するにつれて、胎児の反応もより活発になります。妊娠26週で、胎児は以下の発達を経験します:

  • 目が完全に開いていて、まばたきを始めています
  • 肺は拡張し続けますが、空気を吸う準備ができていません
  • 聴覚は活発で、音をよりはっきりと聞くことができます
  • 男性胎児の陰​​嚢への睾丸の降下

妊娠27週

今週の胎児の体重は100グラム以上増加して約880グラムになり、長さは約36.6cmになります。妊娠中の女性が今週感じることができる胎児の臓器と動きの変化は次のとおりです。

  • 胎児の心拍数は毎分140拍に低下しますが、この頻度は妊婦の心拍数よりもまだ高くなっています。
  • 胎児は目を開閉することができます
  • 彼の視覚神経は働き始め、光に反応します
  • 胎児の脳、消化器系、肺は形成されていますが、まだ完全に成熟して機能していません
  • 胎児には定期的な睡眠と覚醒の段階があります
  • 胎児は睡眠中にも活発に呼吸しているため、出生時に肺が拡張することができます

妊娠28週目

今週、胎児の体重は約1kg、体長は約37.5cmに達しました。皮膚の下に蓄積される脂肪が増えるため、胎児の体重は増え続けます。さらに、他の体の部分の開発も急速に行われます。これらの開発には次のものが含まれます。

  • まつげが成長しました
  • 胎児の心拍は聴診器を通して聞くことができます
  • 胎児の目の色の発達が起こります
  • 脂肪と骨の層は成長していますが、骨は彼が生まれてから本当に固まります

6ヶ月の妊婦に起こりうるさまざまな変化

在胎週数が第3学期に入ると、多くの妊婦は顔、手、または足の腫れを経験します。さらに、妊娠中の女性は、時が来ると体が出産過程に直面するように順応し始めるため、腰痛を感じることもよくあります。

この在胎週数で、一部の妊婦は鼻血を経験します。この状態は妊娠中のホルモンの変化のために正常であり、適切な治療で自然に治る可能性があります。

妊娠中のホルモンの変化と皮膚への血流の増加は、体がより頻繁に発汗する可能性があります。さらに、皮膚も赤くなり、顔、首、胸の周りににきびができます。したがって、妊娠中の女性は綿やリネンなどの汗を吸収する服を着用する必要があります。

妊娠6ヶ月で内容をチェックすることの重要性

毎月の定期的な妊娠チェックでは、産科医または助産師が血圧をチェックします。子癇前症や糖尿病などの特定の状態を検出するために、尿サンプルも必要になる場合があります。

さらに、血液検査は、母親と胎児の間のリウマチの不適合を防ぐためにも重要です。

アカゲザルが混合に適していない母親と胎児の血液が混ざると、妊婦の体は抗体を形成し、胎児の赤血球に損傷を与える可能性があります。これにより、胎児は貧血やその他の健康上の問題を発症する可能性があります。

妊娠6か月になると、妊娠中の女性もしばしば痛みや痛みを経験します。痛みや痛みが活動を非常に妨げている場合は、医師に相談して適切な治療を受けてください。

妊娠6ヶ月の間に注意を払うべきこと

妊娠6か月の年齢での急速な成長に加えて、胎児は消費された食物からの十分な栄養を必要とします。したがって、すべての妊娠中の女性は、健康的な食事をとり、体の能力に応じて定期的に運動することをお勧めします。

妊娠中の女性が避けるべきいくつかの食品があり、そのうちの1つは魚を食べすぎています。これは、魚の種類によっては水銀が含まれている可能性があり、胎児に害を及ぼす可能性があるためです。妊娠中の女性に推奨されるシーフードの消費量は、1日あたり12オンスです。

妊娠中、妊娠中の女性が幸せを感じると、生活の質が向上します。時間をかけて自分を甘やかすか、妊娠中の女性がリラックスして幸せに感じることができるようなことをしてください。妊娠中の女性が孤独を感じないように、あなたのパートナーとあなたの周りの人々からのサポートを求めてください。

妊娠中の女性が耐え難い痛み、痛み、腫れなどの健康上の問題を経験した場合は、すぐに医師に連絡して適切な治療を受けてください。さらに、妊娠中の女性とその子宮内の子供たちの健康状態を定期的にチェックしてください。