これらは顔のためのアロエベラの5つの利点です

古くからアロエベラは、髪や肌のさまざまな苦情を治療するために広く使用されている薬用植物として知られています。それでは、顔の皮膚の健康のためのアロエベラの利点は何ですか?これが説明ですsaNS。

アロエベラまたは アロエ はさまざまな栄養素を含む植物です。この植物は地中海地域から来ていますが、現在アロエベラはアジア、ヨーロッパ、南アメリカで広く育てられています。

アロエベラは肌や髪に多くの効果があることが知られています。そのため、アロエベラはさまざまな美容・健康製品の成分として一般的に使用されています。ジェルやエキスの形のアロエベラは、石鹸、シャンプー、ローション、フェイスクリームによく加えられます。さらに、アロエベラは食べ物や飲み物の形で摂取することもできます。

顔の皮膚の健康のためのアロエベラの利点

天然の洗顔料として役立つことに加えて、顔の皮膚の健康と美しさのためのアロエベラのさまざまな利点は次のとおりです。

1.保湿肌

お肌のタイプに関係なく、健康な肌を保護し維持するために保湿剤が必要です。アロエベラには多糖類が含まれており、 ステロール 肌の潤いを保つのに役立ちます。

2.創傷治癒を促進します

アロエベラは、皮膚の創傷治癒を促進することができます。アロエベラに含まれるカルシウムと抗酸化物質は、ケラチノサイト細胞(皮膚でケラチンを生成する細胞)の分裂を促進し、皮膚組織を強化することができます。アロエベラはまた、によって引き起こされる皮膚の傷を癒すのに良いことで知られています 日焼け。

3.肌の表面を滑らかにするのに役立ちます

ケラチノサイトの細胞分裂の加速はまた、皮膚の表面を滑らかにします。これに対するアロエベラの利点は、死んだ皮膚細胞を取り除き、新しく健康で強い皮膚細胞に置き換えるのに役立ちます。アロエベラはまた、顔をより白く明るく見せると言われています。

4.抗酸化物質と栄養素が含まれています 肌用

アロエベラに含まれるビタミンA、C、Eなどのさまざまなビタミンは、顔の煙や大気汚染にさらされることによるフリーラジカルの攻撃を防ぐことができる抗酸化物質です。

それだけでなく、アロエベラには肌の早期老化を防ぐことができるさまざまな酵素も含まれています。

5.炎症やかゆみを和らげるのに役立ちます

アロエベラの葉の内側には、抗炎症作用と抗菌作用を持つ物質が含まれています。この特性は、にきびの問題、皮膚炎(湿疹)、日光にさらされた後の刺激、および乾癬を伴う皮膚の愁訴を和らげるのに役立ちます。

アロエベラの利点 様々なJenis 顔の肌

顔の肌にはさまざまな種類があり、通常、乾燥、油性、敏感肌の種類があります。肌のタイプごとにニーズや問題が異なるため、さまざまな方法で治療する必要があります。

以下は、肌のタイプに基づいて、フェイシャルスキンケアにアロエベラを使用するさまざまな方法です。

1. K乾燥肌

乾燥肌の人は、刺激、かゆみ、灼熱感、さらにはにきびを避けるために、一連のフェイシャルトリートメントの一部として保湿剤を使用する必要があります。

洗顔後、アロエベラジェルまたはアロエベラエキス入り保湿剤をご使用ください。 噴射 アロエベラジェルを配合した顔は、日中や顔がとても乾燥しているときにも使用できます。

目や口や鼻の内側など、敏感な部分にアロエベラを使用することは避けてください。

2. K正常な肌

正常な肌に問題が生じることはめったにありませんが、にきびだけでなく、くすみや早期老化を防ぐためにケアする必要があります。

保湿剤としてアロエベラジェルを使用してください。アロエベラ抽出物を含むフェイスマスクと美容液は、さまざまな肌の問題を回避するために、正常な肌の治療にも使用できます。

3. K油性肌

アロエベラを配合した製品を使用して、にきびを予防し、炎症を起こしたにきびを和らげることができます。秘訣は、アロエベラジェルを顔に塗り、10〜15分間放置してから、よくすすいでください。

ラノリンやミネラルオイルを含む他の保湿成分と一緒にアロエベラ製品を使用することは避けてください。そうすれば、肌がべたつかないようになります。

4. K敏感肌

敏感肌の方は、香水やアルコールを含まないアロエベラ製品をお選びください。肌に刺激を与える可能性があります。

アロエベラエキスを配合した日焼け止めを使用すると、日焼けによる顔の皮膚の灼熱感や灼熱感を克服できます。

アロエベラは、顔の擦り傷や軽度の火傷や隆起の治癒を早めるのにも役立ちます。トリックは、マイルドな石鹸ときれいな水で顔をきれいにしてから、アロエベラジェルを顔に塗ります。アロエベラジェルを数分間乾かしてから、すすぎます。

アロエベラジェルは1日2回塗布でき、純粋なアロエベラを最も多く含む製品を選択してください。

ただし、すべての人がアロエベラに適しているわけではないことに注意してください。アロエベラを塗った後、皮膚に赤み、かゆみ、または刺すような発疹がある場合は、炎症またはアレルギーがある可能性があります。すぐにすすぎ、製品の使用を中止してください。必要に応じて、アロエベラの安全な使用に関する治療とアドバイスについて皮膚科医に相談してください。

によって書かれた:

博士アリアハナンティ