チョコレートの7つの利点とそれを安全に食べるためのヒント

チョコレートには多くの健康上の利点があります。チョコレートはおいしいおやつであるだけでなく、改善することもできます ムード。ただし、チョコレートの過剰摂取は健康に悪影響を与える可能性があります。したがって、チョコレートの摂取にはもっと注意する必要があります。

チョコレートは、さまざまな種類の食品や飲料に加工できるカカオ豆から作られています。さらに、チョコレートは、ケーキ、ビスケット、アイスクリーム、キャンディーを作るための混合物としてもよく使用されます。

チョコレートには、ポリフェノール、フラバノール、カテキンなどの抗酸化物質が豊富に含まれています。このコンテンツのおかげで、チョコレートはさまざまな健康上の利点を提供することができます。それで、チョコレートの利点は何ですか?

健康のためのチョコレートのさまざまな利点

あなたが得ることができるチョコレートのいくつかの健康上の利点があります:

1.ブースト ムード

この1つのチョコレートの利点を疑う必要はありません。チョコレートは確かに増加することが非常によく知られています ムード.

ある研究によると、チョコレートを摂取すると、ストレスを受けたときに体が生成するホルモンであるコルチゾールが減少し、脳が刺激されて、より多くのエンドルフィンとセロトニンホルモンが放出され、幸せな気分になります。

2.食欲を制御します

ある研究によると、食事の前後にチョコレートを食べると満腹効果が得られるとのことです。これは、体重増加を引き起こす可能性のあるスナックを食べたいというあなたの欲求を減らすことができます。

したがって、チョコレートの摂取は食欲をコントロールできると考えられており、体重を減らし、理想的な体重を維持するのに適しています。

3.健康な心臓と血管を維持します

チョコレートに含まれるフラボノイドは、血流を改善し、血管の閉塞のリスクを減らすことができます。この効果により、チョコレートは心臓病や脳卒中を予防するための優れた食品になります。

しかし、脳卒中の予防におけるチョコレートの有効性を確保するには、さらに研究が必要です。

4.血糖値を制御します

それほど重要ではないチョコレートのフラボノイド含有量の利点は、血糖値を制御することです。したがって、チョコレートはインスリン抵抗性と糖尿病を防ぐために食べるのが良いです。

ただし、これらのメリットを得るには、消費するチョコレートを慎重に選択する必要があります。一部の種類のチョコレートは砂糖を加えており、過剰に摂取すると実際に糖尿病を引き起こす可能性があります。

5.コレステロール値を下げます

チョコレートは血中の悪玉コレステロール(LDL)のレベルを下げると信じられています。したがって、チョコレートの利点は、血管内のコレステロールの蓄積を防ぎ、それによって心臓病や脳卒中のリスクを減らすのに役立ちます。

しかし、チョコレートの利点に関する研究は小規模でしか行われておらず、その効果を確実にするためにさらなる研究が必要です。

6.脳の機能と健康を維持する

チョコレートを摂取することは、脳の健康と機能を維持するのに良いことでも知られています。この利点は、チョコレートのフラボノイド含有量からもたらされ、集中力と記憶力を向上させることができます。

それだけでなく、チョコレートのエピカテイン含有量は、認知症や老人性認知症を引き起こす可能性のある脳機能低下のリスクを減らすこともできます。

7.癌細胞の成長を阻害します

チョコレートに含まれる抗酸化物質は、ガンの原因の1つである細胞の損傷を防ぐことができると考えられています。ある研究によると、チョコレートを定期的に摂取している人は、ガンを発症するリスクを減らすことができます。

しかし、チョコレートの抗がん効果に関する研究はまだ限られており、さらなる研究が必要です。

チョコレートを安全に食べるためのヒント

さまざまな健康上の利点がありますが、チョコレート、特に砂糖を加えたチョコレートを過剰に摂取すると、次のような健康上の問題が発生するリスクがあります。

  • 虫歯
  • 太りすぎまたは肥満
  • にきびが現れるか、既存のにきびを悪化させる
  • アレルギー反応

さらに、チョコレートにはカフェインも含まれており、過剰に摂取すると、心拍数の増加、頻尿、睡眠障害、便秘、片頭痛などの副作用を引き起こす可能性があります。

安全でこれらのリスクを回避するために、チョコレートの摂取にはもっと注意することをお勧めします。あなたができるチョコレートを食べるためのいくつかのヒントがあります:

  • 70〜85%のココアを含むダークチョコレートを選択してください。
  • 通常、砂糖が追加され、脂肪が多く含まれているため、ミルクチョコレートの摂取量を増やしすぎないようにしてください。
  • チョコレートドリンクにスキムミルクを加えることは避けてください。
  • チョコレートの消費量を1日あたり少なくとも20グラムに制限します。
  • チョコレートバーやココアケーキのパッケージに通常記載されている栄養価に注意してから摂取してください。

チョコレートを摂取した後、頭痛、吐き気、嘔吐などの特定の症状が見られた場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を行ってください。

さらに、医師はあなたの状態に応じてチョコレートの消費制限を決定することもできるので、あなたはチョコレートの最大の利益を得ることができます。