赤ちゃんがしばしば唾を吐く理由とそれを克服する方法

赤ちゃんはしばしば唾を吐き、母親が心配していると感じるかもしれません。この状態は実際には赤ちゃんに非常に一般的であり、危険ではありません。一般的ですが、赤ちゃんに頻繁に唾を吐くのは、注意が必要な特定の病状によっても引き起こされる可能性があります。

吐き出すとは、飲み込んだばかりの液体、牛乳、または食物の排出です。医学用語では、この吐き出しは逆流症と呼ばれます。食道が完全に発達しておらず、赤ちゃんの胃がまだ小さいため、この状態は赤ちゃんにとって正常です。

吐き気は通常、赤ちゃんが1歳になると消えます。この年齢では、食道下部の弁として機能する筋肉の輪が正常に機能しているため、赤ちゃんの胃に入った食べ物が出にくくなっています。

正常と思われる唾を吐く

基本的に、赤ちゃんがしばしば唾を吐くのは心配な状態ではありません。ミルクや食べ物を吐き出すことに加えて、吐き出すことは時々げっぷ、咳、またはしゃっくりを伴います。赤ちゃんに唾を吐く頻度も大きく異なります。まれに、非常に頻繁に、または赤ちゃんにミルクや食べ物を与えるたびに発生することもあります。

正常と分類される、唾を吐くことが多い赤ちゃんの状態は、以下のことから判断できます。

  • 赤ちゃんはまだ授乳して食べたいと思っています。
  • 赤ちゃんの体重はまだ年齢とともに増加しています。
  • 赤ちゃんはまだ快適に見え、うるさくありません。
  • 赤ちゃんは閉所恐怖症やうるさく見えません。

あなたの子供が上記のような特徴を吐き出している場合、これは状況が良好であり、特別な取り扱いを必要としないことを示しています。

頻繁に吐き出す赤ちゃんを克服するための努力

赤ちゃんが頻繁に吐き出すのを防ぐためにできるいくつかの方法には、次のようなものがあります。

1.授乳中および授乳後、赤ちゃんの頭をより直立させます

赤ちゃんに母乳や固形食を与えるときは、頭がより直立するように頭を置きます。食べ物が食道に戻らないように、子供が食べた後、少なくとも20〜30分間この位置を維持します。

2.母乳または適切な食物を与える

お子様が頻繁に唾を吐くのを防ぐもう1つの方法は、母乳、粉ミルク、または食べ物を少しずつ、しかし頻繁に与えることです。また、毎回の給餌後または給餌の合間に、小さなげっぷを作るようにしてください。

3.使用するドットのサイズに注意してください

お子様がおしゃぶりを食べている場合は、使用するおしゃぶりのサイズに注意してください。乳頭が大きすぎると、ミルクが出すぎて、小さな子供が窒息して吐き出しやすくなります。

4.授乳後、赤ちゃんがお腹で眠らないようにします

赤ちゃんに母乳を与えた後、すぐに眠らせないでください。母親または父親は、最初に約20〜30分間リトルワンを保持できます。

その後、お母さんは、頭の位置が体や足より少し高い仰臥位でリトルワンを寝かせることができます。授乳や食事の後に胃で寝ている赤ちゃんは、乳幼児突然死症候群や乳幼児突然死症候群のリスクが高いため、これを行う必要があります。 乳幼児突然死症候群(SIDS).

唾を吐くのを減らすためにあなたができるもう一つの努力は、特に彼が乳糖不耐症に苦しんでいる疑いがあるならば、あなたの子供のための牛乳の消費を減らすことです。

ただし、適切な治療を受けるために、最初に小児科医に相談することをお勧めします。

注意すべき症状

赤ちゃんに唾を吐くのは普通のことですが、赤ちゃんが次のような他のいくつかの不満や症状を伴って唾を吐く場合は注意する必要があります。

  • あなたの子供は6ヶ月の年齢で唾を吐き始め、彼が1歳以上になるまで続きます。
  • 食べ物や牛乳を嘔吐することが多すぎて、子供が吐く胃の内容物の量はかなり多いです。
  • 赤ちゃんが吐く液体は黄色、緑色、または血だらけです。
  • あなたの子供は食べるのが難しいか、ミルクを与えることを拒否するので、彼は体重が増えません。
  • 彼は息切れし、弱く、気難しいようで、しばしば泣きました。
  • 熱。

あなたの子供が頻繁に唾を吐き、上記の症状のいくつかを示す場合、それは牛乳アレルギー、食道の閉塞または狭窄、乳児の胃酸逆流症などの特定の病気によって引き起こされる可能性があります。

唾を吐くことはしばしば自然なことであり、赤ちゃんの成長と発達の一部です。したがって、あなたの子供が唾を吐き、落ち着いて健康に見えるとき、あなたは心配する必要はありません。

ただし、吐き出しが過度で長引く場合、または前述の症状を伴う場合は、母親はすぐに小児科医にリトルワンの状態を確認して適切な治療を受ける必要があります。