正常な妊娠と異常な妊娠の茶色の斑点の兆候を区別する

一部の妊婦は、妊娠の兆候である褐色の分泌物を経験する場合があります。妊娠初期には正常で一般的ですが、茶色の斑点や膣からの出血も月経やその他の正常ではない状態の兆候である可能性があります。

妊娠は、受精の過程、または子宮内での精子と卵子の出会いから始まります。受精過程が起こった後、卵子は胚または胎児に成長します。

その後、胚は動き、子宮壁に付着して成長し、胎児になります。胚が子宮壁に入ると、着床出血と呼ばれる軽い出血を引き起こす可能性があります。

妊娠の兆候である茶色の斑点は、着床出血のために現れます。

茶色の斑点妊娠初期の兆候

分泌物が月経の兆候であると誤って疑う女性も少なくありません。そのため、妊娠していることに気づかないことがよくあります。茶色の斑点は妊娠の初期の兆候であり、一般的に受精プロセスの6〜14日後に発生します。放電は、ピンク、赤、または薄茶色の場合もあります。

一般的に、出てくる血の斑点や茶色の斑点は非常に少なく、数時間または数日しか持続しません。これらの茶色の斑点の放出は、通常、移植プロセスが完了すると自然に停止します。

妊娠の初期兆候としての茶色の斑点は、通常、腹部のけいれんを伴うこともあります。ただし、月経中のけいれんとは異なり、現れるけいれんは一般的に軽度です。

着床出血は通常、倦怠感、吐き気と嘔吐、軽度の乳房の圧痛など、他の軽度の症状を伴います。

膣から出てくる茶色の斑点が妊娠の初期の兆候であるかどうかを確認するために、を使用して妊娠検査を受けることをお勧めします テストパック 家に。

茶色の斑点は異常な妊娠の兆候です

着床出血とは別に、妊娠中の女性がセックスをするとき、膣からの茶色の斑点も正常です。膣からの軽い出血は、通常、妊娠中の女性が休んだ後、数日以内に消えます。

ただし、場合によっては、妊娠中の茶色の斑点分泌物は、他の異常な状態によっても引き起こされる可能性があります。

子宮外妊娠

子宮外妊娠は、受精卵が卵管や腹腔などの子宮壁の外側に付着したときに発生します。この状態は、膣からの軽い出血から重い出血を引き起こす可能性があります。

子宮外妊娠による膣分泌物は、通常、茶色または暗赤色です。子宮外妊娠の女性は、茶色の斑点に加えて、時間の経過とともに悪化する骨盤や下腹部の痛み、脱力感やめまい、気絶しそうな気分など、他の症状も経験する可能性があります。

治療せずに放置すると、この子宮外妊娠は危険なほどの大量出血を引き起こす可能性があります。したがって、子宮外妊娠の症状につながる茶色の斑点を経験した場合、すべての女性は医師の診察を受ける必要があります。

流産

流産の主な兆候は、茶色の斑点または流れる血液の形で、膣から出血することです。この出血は出入りするか、数日間続くことがあります。

流産による出血は通常、けいれんや激しい腹痛、血餅や膣組織の排出などの他の症状を伴います。これらの症状や危険の兆候が現れた場合、妊娠中の女性は、できるだけ早く治療を行うことができるように、すぐに産婦人科医に相談することをお勧めします。

ほとんどの場合、茶色の斑点は妊娠の兆候であり、正常であり、妊娠中いつでも発生する可能性があります。これらの斑点は通常、不快な症状を伴わず、短時間しか持続しません。

ただし、妊娠していて、激しい腹痛、頭痛、めまい、脱力感を伴う茶色の斑点が見られる場合は、問題が発生した場合に治療を行うことができるように、注意を払い、すぐに産婦人科医に相談することをお勧めします。