子宮壁の肥厚の原因と症状、およびその対処方法を理解する

子宮壁の肥厚は、女性の生殖器系の異常の1つです。子宮内膜増殖症としても知られるこの状態は、さまざまな原因が考えられ、一般に、膣からの出血または月経パターンの変化を特徴としています。

子宮壁または子宮内膜は、子宮の筋肉に付着する2層の組織で構成されています。最初の層は一般的に変化しませんが、2番目の層は動的であり、月経周期全体を通してホルモンのエストロゲンの上昇と下降に伴って変化する可能性があります。

子宮内のホルモン量の異常により、子宮壁が異常に厚くなり、特定の愁訴を引き起こすことがあります。したがって、すべての女性が子宮壁の肥厚の原因と症状を知って、すぐに治療できるようにすることが重要です。

子宮壁の肥厚の原因

月経周期は、ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの影響を受けます。排卵時に、卵巣または卵巣は卵子とエストロゲンを放出します。受精が起こると、このホルモンは子宮壁を厚くし、血管でいっぱいにし、将来の胎児(胚)の成長に理想的です。

しかし、精子による卵子の受精がない場合、女性の体内のホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのレベルは低下します。未受精卵も月経中に膣から血液とともに出てきます。これにより、次の排卵期まで子宮壁が再び薄くなります。

女性の体内のホルモンエストロゲンの量が多すぎる場合、ホルモンプロゲステロンが低すぎる場合、この状態は子宮壁を異常に厚くする可能性があります。ホルモン異常による子宮壁の肥厚の状態は、子宮内膜増殖症と呼ばれます。

子宮内膜増殖症の女性のリスクを高める可能性のあるいくつかの要因があります:

  • 35歳以上
  • 子宮がんまたは卵巣がんの家族歴
  • 閉経前(閉経前)または閉経中のホルモンの変化
  • エストロゲンホルモン療法の副作用
  • 不規則な月経周期
  • 不妊症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの生殖器障害
  • 太りすぎまたは肥満
  • 糖尿病、甲状腺疾患、胆嚢疾患などの特定の疾患
  • 喫煙習慣

子宮壁の肥厚のさまざまな症状

子宮壁の肥厚は、症状や愁訴を引き起こさないかもしれません。ただし、この状態の一部の女性は、次のような症状を経験する可能性があります。

  • 月経期間が長く続く
  • 月経中に出てくる血液の量が通常より多い
  • 不規則な月経周期、たとえば先月の周期と今月の間の距離は21日未満です
  • 閉経後も膣からの出血

子宮内膜増殖症の兆候と症状は、子宮内膜症や子宮がんなどの他の疾患の症状を模倣する場合があります。したがって、原因を特定し、適切な治療を行うことができるように、医師の診察を受ける必要があります。

子宮壁の肥厚を克服する方法

診断を確認するために、医師は身体検査と、血液検査、経膣超音波検査、子宮鏡検査、キュレットによる子宮壁生検などのいくつかの補助検査を行います。

その後、医師はあなたが経験している子宮壁の肥厚の原因に応じて行動を起こします。以下は、医師が一般的に処方するいくつかのステップです。

プロゲステロンホルモン療法

子宮壁の肥厚は、一般的にホルモンのプロゲステロンの不足が原因で発生します。したがって、医師は、プロゲステロン避妊薬、ホルモンプロゲステロンを含むIUD、またはホルモン注射を通じてプロゲステロンホルモン療法を提供することができます。

子宮の外科的切除(子宮摘出術)

この方法は、ホルモン療法が子宮内膜の肥厚の治療に成功しない場合、または子宮内膜増殖症が子宮がん細胞の増殖のために疑われる場合に一般的に使用されます。

子宮摘出術は、閉経後の女性の子宮壁の肥厚を治療するための選択肢にもなり得ます。

子宮内膜の肥厚は危険な状態ではなく、一般的に治癒可能です。ただし、前述のように、この状態の症状は他の危険な病気に似ている場合があります。

したがって、不規則な月経周期、通常より多い月経出血、閉経後の膣からの出血など、子宮内膜の肥厚の症状が発生した場合は、適切な検査と治療のためにすぐに医師に相談する必要があります。