聴診器の部品とその機能の特定

聴診器は、医師が一般的に使用する検査ツールです。このツールは、体内から音を聞くのに役立ちます。その1つは、心拍の音を聞いて異常を検出することです。

聴診器は、心拍の音を聞くだけでなく、呼吸音や腸音(腸音)など、体内から他の音を聞くこともできます。これらの音の種類と強さは、医師が診断を下し、患者の状態を評価するのに役立ちます。

聴診器部品

聴診器には材料の点でさまざまなバリエーションがあり、現在でもデジタル聴診器が利用可能です。それでも、この医療機器の形状は一般的に同じです。聴診器には、知っておく必要のある4つの主要な部分があります。

1. イヤピース

イヤピース は、内臓からの音を聞くために耳に取り付けられている聴診器の一部です。一般的 イヤピース 柔らかいゴム製。ゴム素材は、耳に装着したときに快適で痛みがないだけでなく、外部からの音を消音するのにも役立ちます。

2. チュービング

チュービング は、ホースに似た細くて長いチューブの形をした聴診器の一部であり、ダイアフラムまたはダイアフラムからの音を導くように機能します。 ベル に行く イヤピース。

3. ダイヤフラム

ダイヤフラム またはダイヤフラムは、聴診器のヘッドの端にある薄くて平らな膜の一部であり、円形のプラスチックディスクでできています。

この横隔膜は、高周波の音や肺の喘鳴などの音を聞くための特別な機能を備えています。一部のタイプの聴診器には横隔膜しかありませんが、他のタイプの聴診器には横隔膜と横隔膜があります ベル。

4. ベル

ベル 円形で横隔膜の後ろに取り付けられている聴診器の最後の部分です。サイズはダイヤフラムよりも小さいです。 ベル 低周波音や心音などの音を聞くのに役立ちます。

より詳細な聴診器機能

一般に、聴診器の機能は、心拍の音を聞くことです。これにより、心臓が正しく鼓動していて、正常なリズムを持っているかどうかを確認できます。この検査の結果は、心臓の健康状態を評価するためのベンチマークとして使用できます。

聴診器は、心拍の音を聞くだけでなく、肺の音を聞くのにも役立ちます。聴診器による肺の検査は、呼吸音が正常であるかどうかを評価するために実行されます。

異常な呼吸音が聞こえた場合、医師は呼吸の問題を疑うでしょう。通常、次のような追加の呼吸音が伴います。 いびき または喘鳴と喘鳴。異常な呼吸音は、呼吸音が弱くなったり、まったく音が出なかったりすることもあります。

それだけでなく、聴診器を使用して腹部を検査することもできます。通常、聴診器による腹部検査は、腸の音や音を聞くために行われます。腸の音の増減は消化不良の指標となる可能性があります。

聴診器は、医者の外見を完成させる単なる物体ではありません。このツールは、医師が患者の病気を診断するのを支援するのに非常に役立つため、医師にとってなくてはならないツールです。