白米の栄養素含有量とその体への機能

白米はインドネシア人の主食のひとつです。安価で入手しやすいことに加えて、 栄養成分 白米 それは健康にも良く、体にとって重要な機能を持っています.   

もちろん、完全な栄養を得るために、白米を一人で食べることはお勧めできません。主食としての白米は、おかず、野菜、果物と組み合わせる必要があります。

白米の栄養成分についての事実を知る

白米は、多くの国、特にインドネシアの主食である炭水化物の主な供給源です。ボウルサイズ(180グラム)の白米1食分には、少なくとも50グラムの炭水化物が含まれています。

白米の炭水化物は高レベルですが、繊維ではなく、ほとんどが砂糖とでんぷんで構成されています。もちろん、これは、消費される白米の部分を規制する糖尿病患者にとって懸念事項となるはずです。

白米に含まれる他の栄養素には、炭水化物に加えて、ビタミンB1、B2、B3、B6、タンパク質、鉄、リン、セレン、マンガン、マグネシウムが含まれます。

白米の体への重要な機能

白米に含まれる炭水化物は、体にエネルギーを供給する上で重要な役割を果たします。白米を食べると、その中の炭水化物がブドウ糖に分解され、ブドウ糖が吸収されて血流に入ります。このブドウ糖は、特に脳の燃料として体全体に循環します。

白米の利点は、エネルギー源であるだけでなく、他の栄養成分からも得られます。

  • 炭水化物の代謝を助けるビタミンB1(チアミン)。
  • マグネシウムは、骨構造を形成し、筋肉の収縮を調節する上で重要な成分です。
  • マンガン、脳、神経系、体内の酵素の働きを助けます。

白米は栄養素が豊富ですが、白米を過剰に摂取することも健康に良くありません。白米を過剰に摂取するリスクの1つは、心臓病、2型​​糖尿病、脳卒中に関連することが多いメタボリックシンドロームの発生です。

白米よりも食物繊維、ビタミン、ミネラルが多い玄米(玄米)を好む栄養士もいます。しかし、玄米はふわふわで味が鈍いため、ほとんどの人が白米を選びます。

白米を食べ過ぎない限り、実際に食べても安全です。あなたのニーズと健康状態に合った白米の部分を見つけるために、医者に相談してください。医師はまた、白米のより健康的な代替品を提供することができます。