妊娠中の女性のための健康的な食事の選択肢を知る

妊娠中に摂取できる妊婦向けの健康食品にはさまざまな種類があります。このタイプの食品は、妊婦の健康を維持するだけでなく、胎児の発育をサポートします。それで、これらの健康食品は何ですか?

すべての妊婦が妊娠中の栄養ニーズを常に満たすことが重要です。たとえば、先天性欠損症を防ぐための葉酸、胎児の体組織と骨の形成のためのカルシウムとタンパク質、妊娠中の貧血を防ぐための鉄。

これらの栄養ニーズは、さまざまな種類の食品から得ることができます。したがって、妊婦が栄養摂取を維持するためには、妊婦の健康食品の種類を知ることが重要です。

妊娠中の女性のためのさまざまな健康食品のオプション

以下は、妊娠中の摂取に適した健康的な食べ物や飲み物のいくつかの種類です。

1.野菜 と果物

野菜と果物は、妊婦の健康的な食事の主な食品成分です。すべての妊婦は、さまざまなビタミン、ミネラル、繊維を摂取するために、毎日少なくとも5サービングのさまざまな野菜や果物を食べる必要があります。

ほうれん草やケールなどの緑の野菜には、目の健康を維持し、免疫を維持し、胎児が欠陥を持って生まれるのを防ぐために重要なビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、葉酸がたくさん含まれています。

2.赤身の肉、魚、卵

この食品グループは、特に妊娠の第2および第3学期において、胎児の成長に重要なタンパク質含有量が豊富です。

卵子はコリンも豊富で、胎児の脳と神経の発達をサポートし、神経管欠損のリスクを減らすのに重要な役割を果たします。

一方、サーモンはオメガ3が豊富で、胎児の成長と発達をサポートしながら妊婦の気分を維持するのに適しています。

ただし、一般的に海水魚に含まれる水銀への曝露を避けるために、妊娠中の女性は1週間以内に350グラムを超えるサケ、マグロ、またはマグロを消費しないか、魚の消費を1週間に2〜3サービングに制限することをお勧めします。

3.ナッツ

ナッツは、食物繊維のニーズを満たし、妊婦の消化をスムーズにする上で重要な役割を果たします。さらに、この食品グループには、カルシウム、葉酸、鉄、亜鉛も豊富に含まれています。

十分な食物繊維を摂取することで、妊婦は便秘や痔を避けることができます。さらに、ナッツ、野菜、果物などの高繊維で栄養価の高い食品を定期的に摂取することも、妊娠中の女性の妊娠糖尿病を予防するのに役立ちます。

4.炭水化物の食料源

全粒穀物は炭水化物の優れた供給源であり、繊維、ビタミンE、セレンなど、胎児の成長と子宮内での発達に適した他の栄養素も豊富に含まれています。

さらに、妊娠中のエネルギー需要を満たすために、妊娠中の女性は、炭水化物を含む他の食品も入手する必要があります。 オートミール、小麦パン、パスタ、玄米。

5. Sミルクとその加工製品

ヨーグルトやチーズなどの牛乳や乳製品はカルシウムが豊富で、乳児の骨組織の形成に役立ち、母体の骨の健康を維持します。

さらに、妊娠中の女性には十分な体液も強くお勧めします。十分な水分が必要な場合、胎児が早産するリスクが軽減されます。水分摂取は、妊婦の脱水症、痔核、便秘を防ぐためにも重要です。

妊娠中の妊娠中の女性は、1日に約2.5リットル(10杯に相当)の水を摂取することをお勧めします。この液体は、水分含有量の高い果物、ジュース、牛乳などの食品からも得ることができます。

これらのタイプの飲み物は糖尿病、肥満、高血圧を引き起こす可能性があるため、糖度の高いパッケージ飲料を飲みすぎないようにしてください。

サプリメントによる妊娠中の十分な栄養ニーズ

さまざまな種類の食べ物を食べたとしても、妊娠中の女性は特定の栄養素を逃している可能性があります。したがって、通常、医師または助産師は妊娠中の女性にビタミンサプリメントを服用するようにアドバイスします。

妊娠中の女性に一般的に与えられるサプリメントの1つは、60ミリグラムの鉄と400マイクログラムの葉酸を含むTTD(血液強化錠剤)です。

ただし、これらのサプリメントを服用する前に、妊娠中の女性はまず医師に相談して、医師が妊娠中の女性の状態に応じて適切な用量を決定できるようにする必要があります。  

妊娠中の女性の食べ物を注意深く準備する

自分の食べ物を処理することは、体内に入る成分の品質と健康を維持するための1つの方法です。以下は、妊婦のための健康的な食事を準備するためのガイドです。

  • トキソプラズマ寄生虫などの細菌を含む残留土や汚れがなくなるように、調理するすべての野菜や果物を洗ってください。
  • 生の食品は、細菌による汚染を避けるために、冷蔵庫のすぐに食べられる食品とは別の場所に保管してください。
  • 別のまな板を使用して、生の肉や野菜、果物を切ります。
  • 生の肉、卵、魚を完全に火が通るまで調理します。
  • 食品の切断と加工に使用された手とすべての台所用品を洗ってください。
  • ローフードなど、妊娠中の女性に有害な特定の種類の食品を認識して回避します。

さらに、妊娠糖尿病や子癇前症などの特定の状態に苦しんでいる妊婦は、定期的に産科医に確認し、妊娠中に食べるのに良い食べ物に関する医師の禁止事項と推奨事項に従うことをお勧めします。

妊娠中の女性は健康的な食事をするだけでなく、定期的に運動し、十分な休息を取り、タバコやタバコの煙を避け、アルコール飲料を避け、ストレスを軽減して、妊娠中の女性と胎児の健康状態を維持する必要があります。 。