女性の生殖器官を知る

女性の生殖器官は、生殖器系に関与する器官のグループであり、この場合、妊娠から出産までの準備をします。各生殖器は独自の機能で設計されています。これらの臓器は生まれた時から女性が所有していますが、生殖能力は彼の 思春期の後にのみ始まります。

女性の生殖構造と器官は、月経周期、受胎(卵子が精子によって受精するとき)、妊娠、出産などの生殖過程で重要な役割を果たします。その場所に応じて、女性の生殖器官は、体の外側にある器官と体の内側にある器官の2つに分けることができます。

外部の女性の生殖器官

外部の女性の生殖器官は、膣の外側にある外陰部と呼ばれる領域にグループ化されています。これらの臓器は次のとおりです。

  • 陰唇

    陰唇は、大陰唇と小陰唇と呼ばれる、膣口の両側にある2対の皮膚のひだからなる外部の女性生殖器です。大陰唇(大きな陰唇)は外側にあり、思春期後に陰毛で覆われますが、小陰唇(小さな陰唇)は無毛です。

  • 恥丘

    思春期に入った後、髪で覆われている陰唇の上の脂肪の膨らみ。このセクションでは、性的魅力の過程で役割を果たすと考えられているフェロモンを分泌します。

  • 膣穴

    これが膣への入り口です。

  • 尿道口

    尿道口は、尿が膀胱から出る場所です。

  • クリトリス

    クリトリスは小陰唇の上部にある小さな突起で、非常に敏感で、女性の性的快楽の主な源です。

  • バルトリン腺または前庭腺

    これらの腺は膣口の両側にあり、性交中に膣を滑らかにする厚い粘液を生成するように機能します。

内側の女性の生殖器官

女性の生殖器官は、骨盤腔(骨盤)にある体内にあります。これらの臓器は次のとおりです。

  • この器官は、子宮の下部と体の外側の間にあります。膣は出産のための通路または出口であり、性交中の陰茎の入り口でもあります。

  • 子宮頸部または子宮頸部

    子宮頸部は、膣と子宮の間の入り口であり、狭い通路です。子宮頸部の壁は柔軟であるため、陣痛中に産道を伸ばして開くことができます。

  • 子宮または子宮

    発育中の胎児を収容する洋ナシの形をした器官です。

  • 卵巣(卵巣)

    この器官は、子宮の両側にある小さな楕円形の腺です。卵巣は卵子を生成し、主な性ホルモン、すなわちエストロゲンとプロゲステロンを生成するように機能し、これらは血流に放出されます。

  • チャネル または卵管

    卵管は、卵巣につながる子宮の上部に付着する細い管です。このチャネルは、卵巣から子宮への卵子の経路であり、精子によって卵子が受精する場所でもあります。

他の体の部分と同じように、女性の生殖器官は非常に重要な役割を果たしています。したがって、女性の生殖器の健康に気を配り、感染や怪我などのさまざまな障害から保護することが適切です。生殖器に問題があると、女性は妊娠が困難になったり、不妊のリスクがあることに気付くでしょう。

女性の生殖器の世話は、あなた自身、あなたのパートナー、そしてあなたの長期の赤ちゃんをさまざまな危険な病気から守る一つの方法です。ですから、これからは女性の生殖器の世話をし、定期的に医師に相談することを忘れないでください。