弱い心臓の特徴とそれを回避する方法を知っている

弱い心臓の特徴は最初は感じられないかもしれません。この状態の症状は通常、悪化した場合にのみ現れます。したがって、弱い心臓の特徴を認識して、早期に発見し、すぐに治療できるようにすることが重要です。

心臓の衰弱または心筋症は、心筋が弱まり、体全体に血液を適切に送り出せなくなるときに発生する状態です。

弱い心臓病はしばしば既知の原因がありません。ただし、心不全を発症するリスクを高める可能性のあるいくつかの要因があります。

  • 高齢者(65歳以上)
  • 家族歴または心不全に苦しんでいる両親
  • 薬の副作用
  • 喫煙習慣と飲酒
  • 高血圧、糖尿病、感染症などの特定の病気

すぐに治療しないと、心臓が弱いと心不全になり、死に至ることさえあります。

弱い心の特徴

初期の段階では、弱い心臓の特徴は通常、はっきりと、あるいは症状がなくても見ることができません。それがより進行した段階に入るとき、またはすでに重度であるとき、新しい心臓の衰弱の特徴が目に見え、感じることができます。その特徴は次のとおりです。

  • 脚、足首、腹部、首の血管の腫れ
  • 簡単に疲れて疲れる
  • 横臥時に頻繁に咳をする
  • 心拍数は非常に速く、ドキドキします
  • 胸が重く感じたり圧迫されたりする
  • めまいと頭痛
  • 息苦しい
  • 特に身体活動後の頻繁な失神

条件の処理 弱い心

あなたが経験している症状が心臓の弱さの兆候であるかどうかを判断するには、医師の診察を受ける必要があります。弱い心臓を診断する際に、医師は次のような身体検査と補助検査を行います。

  • 心電図(ECG)
  • 心エコー検査
  • 血液検査
  • 心臓血管造影
  • 胸部X線
  • 心臓の筋肉の生検

心不全の診断が確定した後、症状の重症度、病気の経過、および患者が抱える付随する病気に応じて、弱い心臓の治療が調整されます。弱い心臓の取り扱いは、薬を使用するか、心臓手術によって行うことができます。

心臓の衰弱予防策

特に原因が遺伝的または遺伝的要因である場合、心臓の弱さは一般的に防ぐことはできません。ただし、この病気を発症するリスクは、次のような健康的なライフスタイルを採用することで減らすことができます。

  • アルコール飲料や薬物を消費しないでください
  • 血圧、コレステロール、血糖値を定期的にチェックしてください
  • 十分な睡眠
  • ストレスをコントロールする
  • 定期的に運動する
  • 健康的でバランスの取れた食事をとる

心臓が弱いという特徴を経験したり、心臓が弱くなるリスクがある場合は、検査と治療を適切かつ迅速に行うことができるように、遠慮なく医師に相談してください。

あなたがまた覚えておく必要があるもう一つのことは、心臓病は高齢者、大人、そして子供の両方の誰にでも影響を与える可能性があるということです。したがって、常に警戒する必要があります。