左胸の痛みの6つの原因とその症状を知る

左胸の痛みはしばしば心臓発作に関連しています。ただし、この状態は、消化不良、肺の問題などの他の健康上の問題、またはパニック発作や不安などの心理的状態によっても引き起こされる可能性があります。

心臓発作によって引き起こされる左胸の痛みは、直ちに医師の診察が必要です。ただし、他の障害が原因である場合、左胸の痛みは一般的に緊急の助けを必要としません。

したがって、治療を迅速かつ適切に行うためには、左胸痛とそれに伴う症状の原因を知ることが重要です。

左胸の痛みの原因と症状を認識する

左胸の痛みを引き起こす可能性のあるいくつかの状態または病気があります:

1.心臓発作

心臓発作は、心筋への血流が突然遮断されたときに発生します。左胸の痛みが心臓発作によって引き起こされた場合、胸は圧迫されているように感じられます。さらに、次のような他の症状も感じることがあります。

  • 胸から左腕、あご、首、背中、腹部に広がる痛み
  • めまいが
  • 冷や汗
  • 息苦しい
  • 吐き気または嘔吐
  • パニック発作に似た圧倒的な不安感
  • 咳や喘鳴

2.狭心症

狭心症は、心臓への動脈の狭窄によって引き起こされる状態であり、血流が正常に流れません。

感じることができる狭心症のいくつかの症状があります:

  • 左腕、首、あご、または背中に広がる左胸の痛み
  • 息苦しい
  • 吐き気
  • 消化不良に似た胸や下腹部の痛み
  • 体がとても疲れている

狭心症による胸痛は通常、心臓の働きを困難にする身体活動の後に発生し、患者が数分間休んだ後に治まる可能性があります。

3.消化管障害

左胸の痛みを引き起こす可能性のある消化管障害は、腸内のガスの蓄積とGERDです(胃食道逆流症).

腸内にガスがたまると、腸に圧力がかかり、胸の痛みを引き起こす可能性があります。この状態は通常、鼓腸、頻繁なオナラ、および頻繁なげっぷを伴います。

一方、GERDは胸の痛みや胸の灼熱感を引き起こす可能性があります。この状態は胸骨の後ろから始まり、首や喉に広がる可能性があります。

4.肺の問題

肺感染症は、肺の炎症(肺炎)および肺の周りの膜の炎症(肺炎)を引き起こす可能性があります。胸膜炎)。発生する可能性のある症状の1つは、左胸の痛みです。これは、呼吸すると悪化し、咳や息を切らして息を切らします。

5.ストレス

左胸の痛みは、身体障害だけでなく、心身障害やストレスなどの精神障害によっても引き起こされる可能性があります。制御できないストレスは胸の圧迫感を引き起こす可能性があります。

この状態は、喫煙やアルコール飲料の過剰摂取などの不健康なライフスタイルによって悪化する可能性があります。適切に治療されない場合、この状態は心臓病につながる可能性があります。

6.怪我

引っ張られた筋肉、圧迫された神経、胸骨や肋骨の骨折、胸のあざなどの胸の損傷も、左側の胸の痛みを引き起こす可能性があります。この種の怪我は、深呼吸や咳をしたときにも痛みを引き起こす可能性があります。

左胸の痛みに対処することの重要性

左胸痛の治療法は原因によって異なります。最も重要なことは、心臓発作によって引き起こされる典型的な痛みなど、早急な対応が必要な症状を認識することです。

胸の痛みが残ったら、横になって深呼吸をし、服を緩めます。さらに、現れる痛みを和らげるために鎮痛剤を服用してください。

ただし、左胸の痛みが次のように感じられる場合は、すぐに医師または医療関係者に連絡してください。

  • 圧迫されたり圧迫されたりするような重さを感じる
  • 胸から腕、背中、首、あごに広がります
  • 15分以上続く
  • 吐き気、嘔吐、息切れ、体の発汗を伴う

特に冠状動脈性心臓病のリスクがある場合は、心臓の健康状態を定期的にチェックすることを忘れないでください。このリスクは、喫煙、肥満、高血圧、高コレステロール、または糖尿病の場合にさらに増加する可能性があります。

原因は必ずしも深刻な状態ではなく、自然に治癒する可能性がありますが、この苦情を過小評価しないでください。危険な状態を予測するために、あなたが感じる左胸の痛みの原因を見つけるために医師に確認してください。