月経前の膣分泌物を伴う妊娠の膣徴候の違い

膣分泌物は、月経が近づいている兆候と見なされることがよくあります。実際、膣分泌物も妊娠の兆候である可能性があります。一見同じように見えますが、妊娠の兆候である膣分泌物と月経前の膣分泌物の特徴は異なります。 来て、違いを見つけてください。

膣分泌物はすべての女性に発生する可能性があります。ただし、生理が遅いときに出てくる膣分泌物は妊娠の兆候である可能性があります。この兆候は、妊娠初期からホルモンのエストロゲンと膣への血流のレベルが上昇したために発生します。したがって、これらの兆候が発生した場合、特に他の妊娠の兆候を伴う場合は、妊娠検査を検討する必要があります。

月経前の膣分泌物を伴う妊娠の膣徴候の違い

妊娠を早期に発見できるようにするには、妊娠の兆候である膣分泌物と月経前の膣分泌物の特徴を区別できなければなりません。知っておく必要のある違いは次のとおりです。

白さの量

妊娠の兆候である膣分泌物と月経前の膣分泌物の違いの1つは量にあります。膣分泌物は妊娠の兆候であり、一般的に月経前の膣分泌物よりも多くなります。だから、あなたはまたあなたのパンティーがより速く濡れるのを感じるでしょう。

白色

通常の膣分泌物とは対照的に、妊娠の兆候である膣分泌物は乳白色になる傾向があります。ただし、膣分泌物が黄白色になることもあります。

白い質感

区別するのは少し難しいですが、妊娠の兆候である膣分泌物の質感は、月経前の膣分泌物の質感とは異なります。妊娠の兆候である膣分泌物の質感は、より流動的で粘着性がある傾向があります。

月経前にも現れる可能性のある妊娠の兆候

膣分泌物と月経後期に加えて、差し迫った期間の兆候に似ている可能性のある妊娠の兆候がいくつかあります。それらのいくつかは次のとおりです。

1.頭痛

妊娠初期には、頭痛や片頭痛の訴えが感じられることがあります。しかし、この苦情は月経前に多くの女性が経験することもあります。

2.腰痛

生理に至るまでの日々に腰痛を感じる女性も少なくありません。しかし、この不満は妊娠初期にも感じられるかもしれません。

3.胸の痛み

月経や妊娠初期には、乳房の圧痛、腫れ、敏感になるという不満が生じることがあります。しかし、通常、この苦情は妊娠中により深刻に感じます。

4.気分のむら

月経前や妊娠初期の乳房の痛み、気分の変化や 気分のむら あなたが体験することが可能です。

膣分泌物は妊娠の兆候であり、月経前の膣分泌物は一見区別できないため、妊娠初期の多くの女性には気づかないことがあります。さらに、妊娠の症状のいくつかは、月経前に発生する可能性のある不満と類似しています。

いくつかの症状には類似点がありますが、特に生理を逃した場合は、妊娠検査を受けることは決して害にはなりません。妊娠が陽性の場合は、すぐに医師に妊娠を確認してください。

落ち着いて、妊娠中の膣分泌物は危険なものではありません、 どうして。 ただし、妊娠の確認は早ければ早いほどよいでしょう。最初から妊娠を監視することに加えて、子宮外妊娠や空の妊娠がないことを確認するために、この検査も行う必要があります。