これは、呼吸器系が人間でどのように機能するかです

呼吸は、体内で最も重要なバイタルサインの1つです。人は呼吸器系の良い仕事のおかげで呼吸することができます。人間の呼吸器系がどのように機能するかを知るには、以下の説明を参照してください。

人間の呼吸器系は、血液中の酸素ガスと二酸化炭素ガスを交換するプロセスに関与する一連の器官です。 1分間に12〜20回も呼吸でき、継続的に行われる場合、人は正常な呼吸数を持っていると言えます。

人間の呼吸器系器官

人間の呼吸器系がどのように機能するかを知る前に、まずこの系で役割を果たす器官を特定する必要があります。人間の呼吸器系は2つ、すなわち上呼吸器系と下呼吸器系に分けられます。詳細については、以下の説明を読むことができます。

上気道系

上気道系の臓器には次のものがあります。

  • 鼻腔。この器官には粘膜と細い毛があり、鼻に入る空気中のほこりの粒子や汚れを閉じ込めるのに役立ちます。
  • 副鼻腔は頭蓋骨内の空気で満たされた空洞です。この器官は、呼吸する空気の温度と湿度を調整するのに役立ちます。
  • この器官は、鼻や口から入って気管に送られる空気を集める役割を果たします。
  • 喉頭は、声帯を含む気管の前の小さなスペースです。

下呼吸器系

下呼吸器系の臓器には次のものがあります。

  • この器官は、喉頭のすぐ下の喉にある肺への主要な気道です。
  • 左右の気管支は気管の枝で、肺に空気を運ぶ働きをします。気管支の下にはたくさんの小さな枝があります。最小の枝は細気管支と呼ばれます。
  • 肺。肺は、細気管支から空気を受け取り、酸素と二酸化炭素の交換部位として機能する何百万もの肺胞で構成されています。
  • 横隔膜は主な呼吸筋です。この器官は交互に収縮および弛緩することができ、空気が肺に出入りすることを可能にします。

呼吸器系のしくみ

人間の呼吸器系の働きには、すべての呼吸器が関わっています。これらの臓器は連携して、肺(肺胞)と血管の間でガスを交換する際に体を支援します。ガスは、体のすべての部分に送られるか、空気中に吐き出されます。

以下は、呼吸器系が人間でどのように機能するかです。

  • 吸気または吸入とも呼ばれる吸入すると、横隔膜と肋骨の間の筋肉が収縮して胸腔を拡張し、肺が拡張して空気で満たされるようにします。
  • 空気は鼻と口から入り、鼻毛で小さな粒子をろ過するプロセスを通過してから、気管または気管に入ります。
  • 気管からの空気は、気管支および細気管支と呼ばれる肺の一連の枝を通って肺に入り、肺胞で終わります。
  • 空気が肺胞に到達すると、毛細血管と呼ばれる小さな血管内で酸素と二酸化炭素の間の交換プロセスがあります。
  • 酸素は毛細血管に入り、赤血球を心臓に運び、体全体に行き渡らせます。同時に、二酸化炭素は毛細血管から肺腔に侵入します。
  • 酸素と二酸化炭素の交換が完了すると、横隔膜と肋骨の筋肉が弛緩し、胸腔が正常に戻ります。二酸化炭素を含む空気は、肺胞から細気管支、気管支、気管、そして鼻を通って外側に押し出されます。

呼吸器系は、空気とガスの交換に関与するだけでなく、安定した状態を維持するために体内の状態を維持およびバランスさせる役割も果たします。医学用語では、この状態のバランスをとる能力は恒常性と呼ばれます。

人間の呼吸器系は単純なもののように見えます。しかし、それぞれの吸入と呼気の背後には、体内のすべてのシステムの生存のために酸素を取得するために非常に複雑な臓器間の協力があります。

1つのことが適切に機能しない場合、呼吸器系全体の機能も中断される可能性があります。危険な呼吸器疾患の1つは窒息です。したがって、たとえば喫煙をやめたり、タバコの煙を避けたり、熱心に運動したりすることによって、呼吸器系の健康を適切に維持する必要があります。

息切れや咳などの呼吸器系の障害の症状、特に長期間続いた症状を経験した場合は、安全な検査と治療のために医師に相談してください。