天然漢方薬としてのチョウマメの5つの利点

テランの花は古くから知られており、食品や飲料の天然着色料として使用されています。しかし、チョウマメは食べ物の見た目を美しくするだけでなく、体の健康に役立つさまざまな栄養素や物質も含んでいます。

テランの花またはエンドウ豆の花(チョウマメ)はインドネシアで簡単に見つかる植物の一種です。この漏斗形の花には、青、紫、ピンク、白など、いくつかの色のバリエーションがあります。

テランフラワーは、食品や飲料の着色剤として使用されるほか、殺虫剤や自然化粧品の動物飼料としても広く使用されています。それだけでなく、この花は多くの健康上の利点があると言われているため、長い間漢方薬や伝統薬として使用されてきました。

テランフラワーのいくつかの利点

健康に良いと信じられているバタフライエンドウ豆の花には、次のようないくつかの利点があります。

1.脳の機能と健康を維持する

テランの花には、フラボノイドやアントシアニンなどの抗酸化物質が含まれており、神経細胞などの体細胞の修復に適しています。

それだけでなく、チョウマメの花はアセチルコリンの生成を増加させることも知られています。アセチルコリンは、記憶、情報の学習、集中力の維持の過程で役割を果たす脳内の化学物質です。

いくつかの研究は、抗酸化物質の適切な摂取が記憶力と集中力を改善できることを示しています。抗酸化物質は、重度の認知症や老人性認知症の発生を防ぐこともできます。

バタフライピーフラワーのメリットを享受するために、このフラワーをハーブティーまたはサプリメントとして摂取することができます。しかし、この一輪の花の利点の主張は、まだ実験室での小規模な研究に限定されており、人間で広く研究されていません。

2.アレルギー反応を予防および緩和します

伝統的に、テランの花は、咳やアレルギーや喘息の症状を治療するためにインドでよく使用されます。

これは、チョウマメの花の抽出物が、体がアレルギーの引き金(アレルゲン)にさらされたときに炎症を引き起こす役割を果たす物質であるヒスタミン物質の量を減らすことができると述べている研究によっても証明されています。

残念ながら、この研究では、アレルギー治療薬としてのエンドウ豆の花の有効性と安全性を確認することはできませんでした。アレルギーの再発を防ぐには、アレルゲンの引き金を知り、それを避け、抗ヒスタミン薬を服用してアレルギー症状を緩和する必要があります。

3.炎症を和らげます

テランの花はまた、体の炎症による発熱や痛みを治療するための自然なハーブ療法として長い間使用されてきました。いくつかの研究は、エンドウ豆の花が抗炎症効果を持っていることが知られているので、この利点が真実であるかもしれないことを示唆しています。

4.血糖値を下げる

チョウマメの摂取は血糖値を下げ、安定させることが知られています。また、チョウマメには抗酸化物質が多く含まれているため、糖尿病の引き金となるインスリン抵抗性の予防に効果的です。

ただし、血糖値を制御するには、定期的に運動し、健康的な食事をとり、甘すぎる食べ物や飲み物の摂取を制限する必要もあります。

5.下痢を治療する

花が効果的であるだけでなく、チョウマメの葉は健康上の利点もあります。つまり、下痢を治療するための天然ハーブ薬としてです。

小規模な実験室での研究では、エンドウ豆の花の抽出物は、その抗炎症作用と抗菌作用のおかげで下痢の症状を和らげることができることが示されました。

これまで、特に漢方薬として使用された場合、人間におけるチョウマメの花の利点はまだ明確に知られていません。したがって、ヒトにおけるバタフライエンドウ豆の花の利点の有効性と安全性を確保するために、さらなる研究が依然として必要です。

一般的に、チョウマメの花はハーブティーやサプリメントとして時々消費するのに非常に安全です。ただし、特定の病気を治療するためのハーブ薬として、または他の薬を服用している場合は、チョウマメの花を使用することはお勧めしません。

また、BPOMに登録されているエンドウ豆の花の含有量のある製品を選択してください。

テランフラワーの利点についてさらに質問がある場合、またはテランフラワーを摂取した後に吐き気、下痢、腹痛などの特定の症状を感じた場合は、医師に相談して適切な治療を受ける必要があります。