原因と気分のむらを克服する方法を認識する

気分のむら (気分のむら)たまに発生する場合は正常です。しかし、 気分のむら 頻繁に発生し、私生活に支障をきたす場合、この状態がメンタルヘルス障害に関連している可能性があります、 あれは 双極性障害。

気分変動 変化です ムード (気分)はっきりと感じられる、または見られる。基本的に変更 ムード そして、これらの感情は時折発生する可能性があり、特定の障害によって引き起こされるものではありません。子供では、 気分のむら 通常、子供をよりうるさくしたり、腹を立てたりする可能性があります。

ENTPなどの特定の性格タイプの人は、うつ病になりやすいとも言われています 気分のむら。 ただし、日常生活に支障をきたしたり、その他の兆候を伴う場合は、 気分のむら 精神障害の症状として疑われる必要があります。

サイン-NSあなたは気分のむらです

感情的な変化が日常生活に影響を与えない限り、これはまだ正常であると見なすことができます。ただし、気分のむらが劇的に、頻繁に、長引くように発生し、活動が中断するほどになる場合は、これに注意する必要があります。

例は気分のむら それは数日以上続き、あなたを制御不能に幸せで悲しい、衝動的で、非常にイライラし、そして眠ることができないようにします、または変化したとき ムード 日常の活動を妨害し、彼らに最も近い人々との関係を損なうこと。

次の場合にも注意してください 気分のむら 自傷行為や人生の終わりなど、より深刻なレベルに達しています。 気分変動 これらの症状とともに現れるものは、精神障害の兆候である可能性があります。

気分のむらの原因

人が経験する理由はさまざまです 気分のむら, 含む:

1.ホルモンの状態

青年、妊娠中の女性、および閉経後の女性は、ホルモンの変化に関連する気分のむらを経験する可能性が最も高いグループです。

2.脳の化学的不均衡

気分変動 それは気分を調節する脳内化学物質の不均衡によって引き起こされる可能性があります。これらの脳内化学物質のいくつかの例は、セロトニンとドーパミンです。

3.特定の病気

特定の病気に苦しんでいることも、 気分のむら。 気分障害を引き起こす可能性のあるいくつかの病気は、肺、腎臓、または心臓の損傷、甲状腺疾患、および脳の障害です。

4.精神障害

気分のむらの愁訴に関連することが多い精神障害は、うつ病、双極性障害、境界性人格障害、統合失調症、およびADHDです。

上記の原因のいくつかに加えて、違法薬物やアルコールの中毒や乱用、および特定の薬物の副作用も引き起こす可能性があります。 気分のむら.

気分のむらを克服して予防する方法

これらの感情的な変化が日常生活に支障をきたさないのであれば、 気分のむら それは通常、特別な治療なしに自然に治まります。それでも、変更の発生に対処して防止するために実行できる手順があります ムード これ、すなわち:

健康的なライフスタイルを送る

健康的なライフスタイルを実現し、予防し、克服することができます 気分のむら、 特にホルモンの変化や月経前症候群によって引き起こされるもの。定期的な運動、十分な睡眠、健康的な食事、ストレスの管理は、維持するのに役立ちます ムード 安定した状態を保ちます。

作る 気分日記

もしも 気分のむら しばしば感じ、これらの気分のむらが発生するたびに、いつ、そしてなぜかを観察してください。次に、それを個人のノートに書き留めます。これらのパターンに注意を払うことにより、トリガー要因 気分のむら より簡単に認識できるので、回避できます。

精神科医または心理学者に相談してください

気分のむら 重度または非常に頻繁に、日常生活に支障をきたす場合は、精神科医または心理学者に相談してください。精神科医または心理学者が原因の特定を支援します 気分のむら 適切な治療を提供しながら。

気分変動 精神障害によって引き起こされたものは、それ自体で治癒することは困難です。治療をしなければ、患者の状態は悪化することがよくあります。

の患者 気分のむら カウンセリングセッションを受けることができ、原因となる要因がわかった後、医師は心理療法または薬物療法のいずれかで治療を提供します。