赤ちゃんの肌の赤い斑点の原因とその取り扱いを認識する

赤ちゃんの皮膚の赤い斑点は一般的です。この状態は一般的に無害であり、自然に消えます。取り扱い手順もかなり簡単で、赤ちゃんが経験した赤い斑点や発疹の状態に応じて、自宅で独立して行うことができます。

赤ちゃんは一般的に敏感肌なので、炎症や赤い斑点などの他の皮膚の問題を起こしやすいです。赤ちゃんの皮膚に赤い斑点が現れるのは、高温、アレルギー反応、化学物質への曝露、ウイルスや細菌の感染など、さまざまな原因が考えられます。

赤ちゃんの肌の赤い斑点のいくつかの種類と原因

赤ちゃんの皮膚の赤い斑点は、体のさまざまな部分に現れる可能性があります。以下は、赤ちゃんが一般的に経験する赤い斑点の種類と原因の一部です。

1.湿疹

湿疹は、赤ちゃんの皮膚がかゆみ、乾燥、赤くなり、ひび割れを起こす原因となる可能性があります。この状態は通常、敏感肌やアレルギーによって引き起こされます。一般的に、湿疹は、膝の後ろ、ひじのしわ、首のしわ、目や耳の周りなど、皮膚のひだの領域に現れます。

湿疹を治療するには、極端な温度や皮膚の炎症を引き起こす可能性のあるものからあなたの子供を遠ざけてください。赤ちゃんを2〜3日に1回入浴させてから、軽くたたいて肌を乾かします。

次に、医師が処方した軟膏またはクリームを塗布し、ベビー服を洗うときに香料や柔軟仕上げ剤を使用しないようにします。湿疹が改善しない場合は、すぐに医師に連絡してさらなる治療を受けてください。

2.おむつかぶれ

赤ちゃんのおむつかぶれは真菌感染症が原因です カンジダ。この状態は、赤ちゃんの皮膚が湿っているときに発生する可能性があります。これは、赤ちゃんがおむつの中で尿や糞便に長時間さらされているためです。

おむつかぶれを治療するには、おむつかぶれをする前に、赤ちゃんのおむつかぶれを定期的に交換し、特別なクリームまたは軟膏を塗る必要があります。

3.病気 手、足、口(コクサッキー)

手足口病は、咳、くしゃみ、または使用済みのおむつを介して伝染するウイルス感染によって引き起こされます。この病気は、発熱、食欲不振、喉の痛み、潰瘍性の痛み、およびかゆみのない発疹を特徴とします。発疹は手、足、時には臀部や脚に発生します。

この病気は1週間以内に自然に治ります。手足口病の蔓延を防ぐために、子供に触れたり遊んだりする前に手を洗う習慣をつけてください。

4.じんましん

じんましんやじんましんは、食べ物、薬、虫刺され、低温または高温などの特定の物体や物質に対するアレルギー反応として現れる皮膚のかゆみを伴う発疹です。

赤ちゃんの皮膚のこれらの赤い斑点は伝染性ではなく、通常は数日後に消えます。じんましんは、息切れや顔のむくみを伴う場合、深刻なアレルギー反応やアナフィラキシーの兆候である可能性もあります。したがって、じんましんが数日以内に治癒しない場合は、すぐに医師に相談してください。

5.膿痂疹

膿痂疹は、細菌によって引き起こされる皮膚感染症です。膿痂疹は、破裂して厚い黄褐色の皮を残す可能性のある痛みやしこりが特徴です。これらの痛みや水疱はかゆみを引き起こし、体の他の部分に広がる可能性があります。

膿痂疹は口や鼻の周りに現れることがよくありますが、顔、手、または赤ちゃんの体の真ん中に広がる可能性があります。この病気は、直接の接触または中間の物体を介して伝染する可能性があります。膿痂疹は、抗生物質のクリーム、軟膏、または錠剤で治療できます。

6.ミリア

多くの赤ちゃんは、鼻、あご、まぶた、または頬に現れる斑点である稗粒腫を持って生まれます。稗粒腫は、皮膚によって生成されるタンパク質の一種であるケラチンによる毛穴の詰まりによって引き起こされます。

通常、稗粒腫は数週間以内に自然に消えます。稗粒腫を治療するには、少なくとも1日1回、水と特別なベビーソープで小さな顔を優しく洗います。

7.あせも

この状態は通常、天候が高温多湿で、赤ちゃんの服が厚すぎる場合に発生します。あせもは小さな赤いかゆみを伴うにきびのように見え、赤ちゃんの頭、首、肩、腕、または脚に現れることがあります。

あせもに対処するには、お子様を涼しい部屋に移動するか、冷たいシャワーを浴びてください。また、軽くて重ね着のない服を着てください。

8.白癬

白癬は、真菌感染症によって引き起こされる皮膚病であり、皮膚が赤く、輪状になり、炎症を起こし、かゆみを伴うように見えます。この状態は通常、頭、脚、または鼠径部に現れます。

白癬は、皮膚と皮膚が直接接触するか、同じ物体を交換可能に使用して感染します。この状態は無害であり、抗真菌クリームを適用することで治療できます。

9. 頬の平手打ち症候群

この病気はウイルス感染症で、両頬に発熱と真っ赤な発疹を引き起こします。これは頬を平手打ちするようなものです。

頬の平手打ち症候群 かゆみを引き起こし、子供が風邪をひいたときに体の他の部分に広がるリスクを引き起こします。この状態は1週間以内に自然に治ります。

10.髄膜炎

赤ちゃんの皮膚の赤い斑点は一般的に無害です。ただし、注意が必要な条件が1つあります。それは、髄膜炎です。髄膜炎は、脳と脊髄を取り巻く膜の炎症です。この病気は、細菌、ウイルス、または真菌感染症によって引き起こされる可能性があります。

乳児の髄膜炎には、高熱、騒ぎの増加、母乳育児の拒否または食欲不振、無気力、嘔吐、頭頂部の腫れなど、いくつかの症状があります。

あなたの子供が上記のような髄膜炎の症状を持っているならば、すぐに医者に相談してください。この状態は、すぐに治療しないと、赤ちゃんにとって致命的となる可能性があります。髄膜炎の治療が遅れると、脳の損傷や死に至るリスクが高まる可能性があります。

赤ちゃんの皮膚のいくつかの発疹や赤い斑点は危険な状態ではありません。ただし、適切な検査と治療を行うことができるように、赤ちゃんの皮膚に生じた変化を医師に確認することをお勧めします。