1週間後期の月経は必ずしも妊娠しているとは限りません

月経が1週間遅れることが多い多くの場合、妊娠の兆候として関連付けられていますが、実際には必ずしもそうではありません。その他の要因, ストレスやホルモン障害など, 月経が遅くなることもあります。必ずしも月経が遅いとは限りません これは、特に妊娠検査の結果が陰性の場合、妊娠の兆候です。

月経は、卵子が受精していないために発生する女性の子宮からの出血のプロセスです。各女性の通常の月経周期は異なります。 21日ごとのサイクルがあり、35日ごとのサイクルもあります。期間が21〜35日である限り、それでも正常と見なされます。

一部の女性は異常に遅い月経を経験しているかもしれません、それは1週間の遅い月経、さらには1ヶ月までである可能性があります。 月経周期の変化の背後にあるものを見つけるために、最初にそれを引き起こす要因を理解してください。

月経が1週間遅れる原因

あなたの月経周期を変えることができるいくつかの要因があります。月経が1週間遅れている場合、考えられる可能性は次のとおりです。

  • 妊娠

    上記のように、月経がないことは一般的にあなたが妊娠していることの初期の兆候です。確かに、あなたは使用することができます テストパック 自宅で、または医師の診察を受けてください。

  • 母乳育児

    出産後、母乳育児が始まります。この期間はしばしば産後の月経の到着を遅らせます。

  • ライフスタイル

    過度の運動、頻繁な喫煙、および重度のストレスも月経周期を問題にする可能性があり、その1つは月経の遅れです。

  • 体重変化

    急激な体重減少を引き起こす摂食障害があると、月経周期の変化を経験する可能性があります。この状態は、神経性食欲不振症の女性によく見られます。さらに、過度の体重増加や肥満も月経を遅らせる可能性があります。

  • 医学的状態

    月経周期に影響を与える可能性のある病気はたくさんあります。これらには、甲状腺疾患、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、下垂体腫瘍、副腎疾患、卵巣嚢胞、肝機能障害、糖尿病などがあります。これらのホルモンは、月経が起こらない原因となる可能性があります。

  • 薬の副作用

    経口避妊薬、ホルモン剤、化学療法、血圧降下薬、血液希釈剤、鎮痛剤、抗うつ薬、てんかん薬も不規則な期間を引き起こす可能性があります。

  • 閉経期

    この状態は、女性が更年期に近づいている期間です。 40歳に入った女性は通常これを経験し始めます。閉経周辺期の兆候と症状には、生理不順、生理不順、夜間の頻繁な発汗と過熱、睡眠障害、膣の乾燥などがあります。

結果 テストNSack ネガティブは必ずしもあなたが妊娠していないことを意味するわけではありません

月経が1週間遅れることも妊娠の兆候である可能性がありますが、検査は テストパック 尿は陰性の結果を示しています。これは、いくつかの理由で発生する可能性があります。

  • 妊娠検査の実施が早すぎます。妊娠初期のhCGホルモンと呼ばれる妊娠ホルモンのレベルはまだ非常に低いため、読み取ることができません。
  • 尿中の妊娠ホルモンのレベルが不十分です。これは、飲みすぎた場合や、日中または夜間に妊娠検査を受けた場合に発生する可能性があります。
  • 使用された妊娠検査は壊れていました。結果が長すぎる場合は、テストキットが破損しているか、古くなっている可能性があります。

月経が1週間遅れると、多くの可能性が生じます。妊娠しているのか、生理を逃しただけなのかを判断するのが難しい場合があります。したがって、あなたの状態に応じて正確な結果と適切な治療を得るために、あなたは医者に相談することをお勧めします。