耳のしくみとその他の機能

耳の働き方は見た目ほど単純ではありません。聴覚としての機能を果たすために、耳は周囲の音を拾い、さらに処理して脳が音を認識するようにします。さらに、聴覚器官には、体のバランスを維持するなど、それほど重要ではない他の機能もあります。

誰かが耳の感染症、耳鳴り、圧外傷、またはメニエール病による難聴を経験するとき、聴覚機能の低下を経験することに加えて、その人は頭痛やよろめきを経験することもあるのも不思議ではありません。

耳の解剖学を理解する

耳の解剖学的配置には、少なくとも3つの主要な部分、つまり耳介と外耳道からなる外側の部分があります。中央には、ハンマー(槌骨)、アンビル(砧骨)、あぶみ骨(あぶみ骨)があります。さらに、内部は蝸牛、前庭、および3つの半規管または半規管で構成されています。

耳の働きは、外耳器官、つまり耳たぶが外耳道を通って中耳に入るまで周囲の音を拾うことから始まります。音が入ると、音は鼓膜の助けを借りて鼓膜に送られる振動に変換されます。

これらの振動は中耳の小さな骨を動かし、音が内耳に伝わるのを助けます。振動が蝸牛に当たると、髪の毛が動き、脳に信号を送り、脳が振動を音として認識します。それが音の処理において耳がどのように機能するかです。

あなたの耳の他の機能を知っている

耳は聴覚だけでなく、次の2つの要素で構成される体のバランスを維持する役割も果たします。

  • 静的バランスつまり、静的バランスとは、固定された位置または立った状態でバランスを維持する身体の能力を意味します。
  • ダイナミックバランスつまり、動的バランス、つまり移動時にバランスを維持する機能です。

バランスをとる耳の部分は、何千もの小さな液体で満たされた毛を含む3つの半規管です。頭を動かすと、これら3つの運河の液体が動きます。

この液体は小さな毛を動かし、頭の位置について脳に信号を送ります。その後、脳はあなたの体のバランスを保つために筋肉にメッセージを送ります。

もちろん、耳の機能と働きを認識することに加えて、耳の健康と衛生を維持する方法を知る必要があります。大音量で音楽を聴いたり、使用したりするなど、耳の働きを損なう可能性のあるものは避けてください。 ヘッドセット 大きな音がすることが多く、ペン先やペーパークリップなどの珍しいものを使って耳をつまむ習慣があります。

耳に難聴がある場合は、耳鼻咽喉科の医師にご相談ください。難聴の状態に応じて、医師が診察や治療を行います。