肝硬変-症状、原因、治療

肝硬変は、瘢痕組織の形成により肝臓が損傷する状態です。この瘢痕組織は、ウイルス性肝炎感染やアルコール依存症などの長期にわたる肝疾患によって形成されます。

ウイルス感染や過度のアルコール摂取は、肝臓をゆっくりと傷つける可能性があります。肝臓は瘢痕組織を形成することによって損傷を修復します。肝臓の損傷や異常が続くと、より多くの瘢痕組織が形成され、肝機能が妨げられます。

それが何年にもわたって発生する場合、肝硬変は肝不全につながる可能性があり、その結果、肝臓はもはや適切に機能しなくなります。ただし、原因を治療すれば、肝硬変の進行を止めたり遅らせたりすることができます。

肝硬変の症状

肝硬変は最初は症状を引き起こしません。しかし、肝臓の損傷が悪化すると、患者は脱力感、吐き気、嘔吐、食欲不振を経験します。症状が現れた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

  • 皮膚の黄変と白目
  • 吐血
  • 拡大された腹

肝硬変の原因

肝硬変は、以下の要因によって引き起こされる可能性のある長期的な肝臓の損傷から生じます。

  • B型肝炎およびC型肝炎ウイルス感染症
  • アルコール飲料の過剰摂取
  • 太りすぎ

乳児では、胆道閉鎖症と呼ばれる先天性異常が原因で肝硬変が発生する可能性があります。

肝硬変の診断

医師は、患者の体の変化を観察することで、肝硬変かどうかを判断できます。しかし、より確実に、医師は血液検査、画像検査を実行するか、肝臓から組織サンプルを採取します。

肝硬変の治療

肝硬変の治療は、さらなる損傷を防ぎ、症状を和らげることを目的としています。肝臓が機能しなくなった場合、患者は肝移植を受ける必要があります。これは、損傷した肝臓をドナーからの健康な肝臓と交換することです。

肝硬変の予防

肝硬変は、針を共有しない、安全な性行為を行う、アルコール飲料の摂取を制限するなどの原因を回避することで防ぐことができます。

定期的に運動して理想的な体重を維持し、健康的でバランスの取れた食事を摂ることも必要です。また、医師のアドバイスに従ってB型肝炎ワクチンを接種することも重要です。