コレステロールを下げるさまざまな方法

コレステロールを下げるにはさまざまな方法があります。そのうちの一つは、ライフスタイルや食生活を変えることです。この方法は、血中のコレステロール値を適切に制御することができます。

高コレステロールは、血中のコレステロール値が正常値(> 200 mg / dL)を超えると発生します。チェックしないでおくと、高コレステロールは心臓病や脳卒中などのさまざまな病気のリスクを高める可能性があります。そのためには、高コレステロールのさまざまな合併症を避けるために、コレステロールを適切に下げる方法を知る必要があります。

コレステロールを下げる方法

医師のアドバイスに従って薬を服用することに加えて、あなたが試すことができるコレステロールを下げるためのいくつかの自然な方法があります:

1.野菜や果物をもっと食べる

血中のコレステロール値を下げるには、野菜や果物の摂取量を増やすことをお勧めします。野菜や果物の繊維含有量は、悪玉コレステロール値を下げるのに役立ちます(低密度リポタンパク質/ LDL)。毎日約500グラムの果物と野菜を摂取することをお勧めします。

2.オメガ3が豊富な食品を摂取する

オメガ3が豊富な食品は、血中のコレステロールとトリグリセリドのレベルを下げるのに役立つと考えられています。オメガ3脂肪酸が豊富な食品の選択肢は、サーモン、サバ、マグロ、イワシ、クルミ、チアシードなど、非常に多様です。

3.低脂肪食品を選ぶ

高コレステロールの問題がある場合は、低脂肪の食品を選択してください。魚、鶏肉、赤身の牛肉、低脂肪乳、卵白、豆類、豆類、テンペ、豆腐を食べることができます。揚げ物などの脂肪分の多い食品の摂取は避けてください。

4. 水溶性食物繊維を含む飲食物の摂取

コレステロール値を下げるために、アボカド、サツマイモ、ブロッコリー、カブ、ナシ、ニンジン、リンゴ、インゲンマメ、亜麻仁、オート麦などの水溶性繊維を含む食品を食べることをお勧めします。

より実用的には、可溶性繊維を含むサプリメント製品や飲み物を摂取することもできます ベータグルカン とインスリン。 ベータグルカン 体内の悪玉コレステロールと総コレステロールを下げることができます。イヌリンは血中の総コレステロールとトリグリセリドのレベルを下げるのに役立ちますが。

飲料製品にビタミンB1とB2が含まれていると、体内のコレステロールをエネルギーに燃焼させるのに役立ちます。

5.定期的に運動する

食事を調整することに加えて、定期的に運動することもお勧めします。運動は体を健康にするだけでなく、悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を上げることもできます。

6.喫煙をやめる

タバコはまた、体内のコレステロール値のバランスを崩す可能性があるため、喫煙をやめます。喫煙習慣は善玉コレステロールのレベルを下げる可能性があります(高密度リポタンパク質/ HDL)体内では、さらに血管も硬くなります。これが起こると、心臓病や脳卒中のリスクが高まります。

7.体重管理

コレステロールを下げる次の方法は、理想的な体重を維持することです。太りすぎや肥満の人は、体内のコレステロール値の上昇を経験する可能性があります。したがって、コレステロールを下げるために、体重を減らすために健康的な食事をとることをお勧めします。

高コレステロールを防ぐためのヒント

高コレステロールを下げることができた後は、正常なコレステロール値を維持することをお勧めします。コレステロール値が再び上昇しにくいように、健康的なライフスタイルを一貫して実施する必要があります。

あなたがそれを生きる意図と規律を持っている限り、健康的なライフスタイルを実行することは実際には難しいことではありません。定期的な運動に加えて、健康的なライフスタイルには健康的な食事も含まれます。

血中のコレステロール値を適切に管理するために、脂肪の多い肉、燻製肉、ソーセージ、アイスクリーム、ココナッツミルク食品、ビスケット、ペストリーなど、飽和脂肪を含む食品の摂取を制限してください。

それだけでなく、砂糖を多く含む食品も制限する必要があります。このような食品は、体内の悪玉コレステロール値を上げ、善玉コレステロール値を下げる可能性があります。

キトサンなどの一部のサプリメント製品も、高コレステロールを低下させ、予防すると主張されています。残念ながら、これらのサプリメントの利点はさらに調査する必要があります。

これらは、もちろん、医師の治療を受けている間にできる高コレステロールを下げるいくつかの方法です。そして忘れないでください、あなたの医者によって推薦されるようにあなたのコレステロール値を定期的にチェックしてください。