無関心の兆候とそれを克服する方法

無関心は、周りで起こっているすべてのものに無関心または無関心の態度です。無関心の兆候は、何かをしたいという熱意の欠如から、コミットするのに苦労することまでさまざまです。

無関心は特定の時間に発生するのが普通であり、ほとんどすべての人がそれを経験しています。しかし、この態度が続く場合、無関心は、うつ病などの精神障害、および脳卒中、認知症、ハンチントン病、パーキンソン病、アルツハイマー病などの脳に影響を与える身体的疾患の症状である可能性があります。

無関心の兆候

前に説明したように、無関心のさまざまな兆候があります。

  • 何かをする熱意の欠如またはエネルギーの欠如
  • 目標を達成する意欲がない
  • 完了する必要のあるタスクを続行することの難しさまたは無関心
  • 以前好きだったものにはもう興味がない
  • 物事を計画するために他の人に依存する
  • 新しいことを学びたいという欲求がなく、周りの新しい人に無関心です
  • 新しい経験に興味がない
  • 良いことも悪いことも起こっても感情を感じない
  • 自分に降りかかった問題を気にしないでください
  • ニュース、社交イベント、深い考えにはあまり興味がない
  • すべてにコミットすることはできません

無関心を克服する方法

最初は、無関心な態度の所有者は自分自身を困らせていないかもしれません。しかし、彼の周りの人々は通常、この態度の影響を受けます。それは深刻な病気によって引き起こされる可能性があるため、持続的な無関心の兆候は医師によって治療される必要があります。

医師は、患者に直接、または出産した家族や親戚に間接的に症状を尋ね、病歴を追跡し、適切な治療法を決定するために身体検査を行います。

無関心を助けるために推奨される治療法のいくつかは次のとおりです。

薬物

検査の結果、特定の病気が原因で無関心が現れた場合、医師は病気に応じて薬を処方します。たとえば、パーキンソン病の人には、ドーパミン覚醒剤が処方されることがあります。うつ病の人の場合、医師は抗うつ薬を処方することがあります。

心理療法

無関心がうつ病や不安障害によって引き起こされる場合は、医師が心理療法を勧めることもあります。よく使われる心理療法の1つのタイプは、認知行動療法です。この治療法は、否定的な思考パターンと行動を肯定的なものに変えることを目的として行われます。

ライフスタイルの変化

簡単なことではありませんが、無関心な人はライフスタイルを変えてみるべきです。無関心の患者は、社交の欲求が存在しない場合でも、彼らに最も近い人と再社交することをお勧めします。

さらに、以前は好きだったことをやり直すことも役立ちます。さまざまな楽しい活動をすることで、失われた熱意をよみがえらせることができます。

無関心の兆候は無視されるべきではありません。なぜなら、この態度は人の生活の質を低下させる可能性があるからです。無関心の兆候を示している人を知っている場合は、連絡を取り、精神科医または心理学者に会うように招待してください。