赤ちゃんのアレルギーの原因と克服方法を認識する

乳児のアレルギーは、最も一般的な健康問題の1つです。したがって、両親が赤ちゃんが経験するアレルギーの原因と対処方法を知って、現れた症状をすぐに解決できるようにすることが重要です。

大人だけでなく、赤ちゃんは、食べる食べ物、触れる物体、屋内または屋外で呼吸する微粒子に対してアレルギーを起こす可能性があります。

しかし、両親は自分が経験している症状を説明できないため、赤ちゃんのアレルギーの原因を特定するのが難しいと感じることがよくあります。したがって、親は赤ちゃんが経験する可能性のあるアレルギーの症状に注意を払うようにもっと注意する必要があります。

赤ちゃんのアレルギーの原因と危険因子

赤ちゃんのアレルギーは、赤ちゃんの免疫系が通常は無害な物質に反応してアレルギー反応を引き起こすときに発生します。今まで、なぜこれが起こったのかはわかっていません。ただし、赤ちゃんのアレルギーを発症するリスクを高めると考えられているいくつかの要因があります。

1.遺伝学

乳児のアレルギーは一般的に遺伝的要因の影響を受けます。これは、アレルギーの種類が両親のアレルギーの種類と異なっていても、片方または両方の親が何かに対してアレルギーを持っている場合、赤ちゃんがアレルギーを持つリスクがあることを意味します。

2.環境がきれいすぎる

この1つの要因は予想外です。しかし、あまりにも清潔で細菌のない環境は、実際には赤ちゃんの免疫系が細菌を認識して戦う機会を得るのを妨げる可能性があります。

これにより、赤ちゃんの体は通常無害な物質に過剰反応します。

3.特定の健康上の問題

湿疹などの健康上の問題を経験している赤ちゃんは、成長したときに特定の食品や喘息にアレルギーを起こすリスクがあると考えられています。

4.母乳で育てられていない

赤ちゃんが定期的に母乳で育てられていない場合、または生後3〜4か月になる前に固形食品や粉ミルクを与えられている場合も、食物アレルギーのリスクが高まる可能性があります。これは、母乳には赤ちゃんの免疫システムを形成および改善できるさまざまな栄養素が含まれているためです。

上記の要因のいくつかに加えて、次のような赤ちゃんのアレルギーを引き起こす可能性のある物質または物体もあります。

  • ナッツ、ミルク、卵、甲殻類、魚などの食品
  • ダニやほこり
  • 動物の毛皮
  • 木の花粉
  • 虫刺され
  • 特定の薬
  • 洗剤や家庭用クリーナーなどの化学薬品

各種G赤ちゃんのアレルギーの症状

上記の要因またはトリガーのいずれかが原因でアレルギーを患っている赤ちゃんは、次の症状のいくつかを示します。

  • 顔、唇、舌の腫れ
  • ギャグ
  • 下痢
  • かゆみや水ぶくれのある皮膚
  • 咳やくしゃみ。
  • 赤みがかった皮膚または発疹
  • 呼吸が難しい
  • 意識の喪失または失神

赤ちゃんのアレルギーを克服する方法

お子様が上記のような症状を示した場合は、すぐに最寄りの医師または病院に連れて行って診察を受けてください。検査の結果、お子さんがアレルギーに苦しんでいることがわかった場合、医師は次のようなアドバイスや治療を行うことができます。

1.アレルギーの引き金から赤ちゃんを避けてください

医師はあなたの子供にアレルギーを引き起こす物質を特定します。引き金を知ることによって、あなたはあなたの子供がこれらの物質にさらされるのを防ぐことができます。

2.家を清潔に保つ

お子様がほこり、ダニ、カビなどのアレルギーに苦しんでいる場合は、家を常に清潔に保つことをお勧めします。あなたの家をきれいに保つためにあなたがすることができるいくつかの方法は次のとおりです:

  • 赤ちゃんのベッドリネンは、少なくとも週に1回は交換して洗ってください。
  • 子供のおもちゃは定期的にお湯で洗ってください。
  • ペットを保育園に入れないでください。
  • 家の窓を開けて、空気の循環を良くします。
  • カーペットはほこりやダニの巣になる可能性があるため、使用を避けてください。

3.赤ちゃんに栄養価の高い食べ物を与える

可能であれば、アレルギーのリスクを減らすために、少なくとも生後6か月間は赤ちゃんに母乳だけを与えてください。赤ちゃんが生後6か月になった後も、母乳を与えたほうがよいでしょう。

4.処方薬

抗ヒスタミン薬とヒドロコルチゾンは、赤ちゃんのアレルギーを和らげるためにも使用できます。もちろん、これらの薬の使用は医師または小児科医の監督下にある必要があります。

赤ちゃんを医者に連れて行き、最初の誕生日の前に少なくとも6回は定期的な検査を受けることを忘れないでください。この検査は、赤ちゃんの健康状態を監視し、正常な成長と発達を確認し、赤ちゃんのアレルギーを含む問題を早期に検出するために実施されます。