大腸の解剖学と機能を知る

大腸は人間の消化器系の一部です。この器官は、食物の消化過程におけるその役割で知られています。健康のための大腸の重要性を見つけるために、以下の大腸の解剖学と機能についてもっと学びましょう。

大腸は人間の消化器系の最後の部分です。この臓器には、水分やビタミンの吸収、抗体の産生や感染の予防、糞便の形成など、さまざまな機能があります。

大腸の解剖学とその機能

大腸は、機能の異なる4つの主要部分に分かれています。以下は、大腸の4つの部分とその機能の説明です。

盲腸

盲腸は、小腸(回腸)の端と大腸をつなぐ大腸の袋状の部分です。盲腸に入る小腸からの残りの食物は、一般的にまだ液体スラリーの形です(粥状液).

大腸のこの部分では、腸からの栄養素と残留水分の再吸収があります 粥状液.

結腸

結腸は大腸の最も長い部分であり、上行(右腹腔)、横(腹腔の上部で右から左に横)、下行(左腹腔)の4つの部分に分けられます。 S状結腸(腹腔に接続されている部分)。直腸)。

結腸の主な機能は混合することです 粥状液 消化管の酵素で体から排泄される糞便になります。結腸は、便を形成するために水と電解質を再吸収する必要があります。そのため、脱水症状になると便秘になることがあります。

直腸

直腸は大腸の下部で、約15 cmの大きさで、S状結腸につながっています。大腸のこの部分は、結腸から排泄物を受け取り、肛門から体に排泄されるまで貯蔵するように機能します。

直腸にガスや糞便などの老廃物があると、脳に刺激を送るセンサーがあります。さらに、脳内の神経系は、ガスや便が排出されたときに信号を発します。

肛門

肛門は大腸の最後の部分です。直腸がいっぱいになり、便が肛門を通過する準備ができると、胸焼けと排便の衝動を感じるでしょう。

食品を処理して糞便に消化するプロセスは、通常、約30〜70時間かかります。

大腸で発生する可能性のあるさまざまな苦情

食品加工で適切に機能するためには、大腸を含む健康的な消化器系を常に維持することが重要です。ただし、大腸で次のようないくつかの病気を引き起こす可能性のある障害が発生する場合があります。

1.下痢

下痢は、より頻繁な排便と水様便が特徴です。一般に、下痢は、非衛生的な食べ物や飲み物の摂取、またはウイルス、細菌、寄生虫への曝露が原因で発生します。

上記の原因のいくつかに加えて、特定の食品への不耐性、薬物の副作用、および食品の吸収不良が原因で下痢が発生することもあります。

2.結腸出血

結腸出血は下部消化管障害に含まれます。この状態は一般に、肛門からの新鮮な赤い血液または糞便と混合した血液によって特徴付けられます。

結腸出血を引き起こす可能性のあるいくつかの疾患、すなわち大腸炎、結腸癌、憩室炎、および痔核。

3.結腸がん

結腸がんは、結腸組織の遺伝子の変化または突然変異によって引き起こされます。しかし、この遺伝子変異の原因は確実にはわかっていません。

しかし、食物繊維が不足している食事、赤身の肉や脂肪を過剰に摂取している、糖度が高いなど、結腸がんの発生を増加させるリスクがあると考えられているいくつかの要因があります。

4.ポリープ結腸

結腸ポリープは、大腸の内側に成長する小さな塊です。これらのしこりは一般的に無害ですが、一部の種類の結腸ポリープは結腸癌に発展する可能性があります。

喫煙者、太りすぎの人など、結腸ポリープを発症するリスクを高める可能性のあるいくつかの要因があり、結腸ポリープの家族歴があります。

5.大腸炎

大腸炎は、通常、感染症または自己免疫反応によって引き起こされる大腸の炎症です。大腸炎の種類に応じて現れる症状。しかし、大腸炎の人が示す典型的な症状は、血性下痢、発熱、悪寒です。

6.クローン病

クローン病は、消化管の炎症を引き起こす慢性疾患です。この病気は、大腸を含む消化管のあらゆる部分に影響を与える可能性があります。

クローン病の症状には、腹痛、慢性下痢、体重減少、栄養失調などがあります。クローン病はまた、結腸がんを発症するリスクを高める可能性があります。

7.憩室炎

憩室炎は憩室の炎症であり、腸の内壁に沿って形成される嚢です。

この状態は一般に、小腸を形成するための腸の内壁のガス、食物、または液体からの圧力によって引き起こされます。憩室炎は、ほとんどの場合、大腸、特に大腸の下部で発生します。

大腸は重要な機能を持っている消化器の一つです。この器官系の働きのおかげで、あなたはあなたが食べる食べ物や飲み物から栄養素とエネルギーを得ることができます。

結腸の健康を維持するために、高繊維や低カロリーなどの栄養価の高い食品を食べることをお勧めします。結腸障害の症状を経験し、治まらない場合は、すぐに医師に相談して適切な治療を受けてください。