ベジータハーブ-利点、投与量および副作用

ベジータハーブは、スムーズな排便を助けるのに役立つハーブサプリメントです。この製品に含まれるハーブ成分の組み合わせは、便を柔らかくして通過しやすくするのに役立ちます。

ベジータハーブが含まれています オオバコ また オオバコ これは、下剤または下剤効果がある繊維およびセンナ抽出物の供給源です。これらの2つの成分の組み合わせは、便を通過しやすくします。

各5グラムのベジータハーブパックには、次のような多くの成分が含まれています。

  • 500mgオオバコ(Plantago ovata semini endosperm pulveratum)
  • 中国チークの葉100mg(カシア センナ 葉の抽出物)
  • 60mgの甘草抽出物(Liquirittae基数抽出物)
  • 50mgのフェンネルフルーツエキス(Foeniculi vulgarefructus抽出物)
  • 25mgのルバーブ根抽出物(ダイオウ属radix抽出物)

さらに、ベジータには添加物としてアセスルファムKとアスパルテームも含まれています。

ベジータハーブとは

有効成分オオバコ また オオバコ、チークの葉、甘草エキス、フェンネルフルーツエキス、ルバーブ根エキス。
グループ漢方薬
カテゴリー下剤
利点スムーズな排便
によって使われた大人と12歳以上の子供
妊娠中および授乳中の母親のためのベジータハーブカテゴリーN: まだ分​​類されていません。 オオバコ ベジータでは、ハーブは母乳に吸収されるかどうかはわかりません。妊娠中または授乳中の方は、ベジータハーブの服用を避けてください。
剤形粉末を飲む

ベジータハーブを消費する前の警告

ベジータハーブは不用意に消費されるべきではありません。このハーブサプリメントを使用する前に考慮すべきいくつかの事柄があります:

  • このハーブ製品に含まれる成分にアレルギーがある場合は、ベジータハーブを服用しないでください。
  • ベジータハーブは12歳未満の子供が摂取してはいけません。お子さんが便秘になっている場合は、まず医師にご相談ください。
  • ベジータハーブは、妊娠中の女性、授乳中の母親、または膵臓酵素障害のある人による摂取には推奨されていません(外分泌膵臓機能不全).
  • ベジータハーブにはオオバコが含まれています。腸閉塞、嚥下困難、大腸炎、虫垂炎の症状、または便秘が2週間以上続く場合は、その使用について医師に相談してください。
  • ベジータハーブにはアスパルテームが含まれています。糖尿病またはフェニルケトン尿症(PKU)がある場合は、医師に相談してください。
  • ベジータハーブを7日以上連続して服用しないでください。便秘が続く場合は、さらなる治療法について医師に確認してください。
  • 特定の薬、サプリメント、またはハーブ製品を服用している場合は、医師に相談してください。
  • ベジータハーブを服用した後、アレルギー性の薬物反応、重篤な副作用、または過剰摂取を経験した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

ベジータハーブの使用量と使用規則

排便をスムーズにするために、就寝前に1日1回、水に溶かしたベジータハーブを1パック飲んでください。必要に応じて、1日2回に用量を増やします。

ベゲタハーブを正しく使用する方法

ベジータハーブを服用している間は、必ず薬のパッケージの指示を読むか、医師のアドバイスに従ってください。 VergetaHerbalを推奨よりも多かれ少なかれ頻繁に服用しないでください。

ベジータハーブは夕食後に消費する必要があります。ベジータハーブパウダーの1袋をコップ1杯の水に、または包装ラベルに推奨されている投与量に従って溶解します。均一に分散するまで溶液をかき混ぜ、すぐに飲みます。

ベジータハーブは、窒息の原因となる可能性があるため、最初に水に溶かしたり、粉末状に飲み込んだりせずに摂取しないでください。

ベジータハーブを消費している間、1日に少なくともコップ8杯の水を飲みます。他の薬で治療中の場合は、ベジータハーブを服用する前に2〜3時間待ちます。

ほとんどの人は、ハーブの薬は天然成分を含んでいるので常に安全だと考えています。すべての漢方薬が医師からの薬のように試験段階に合格したわけではないため、これは完全に真実ではありません。したがって、副作用や薬物相互作用も確実にはわかっていません。

便秘を克服するために、野菜や果物などの繊維質の食品の消費を増やすことをお勧めします。ゆっくりと始めて、便秘を助けるためにあなたの繊維摂取量を徐々に増やしてください。排便の衝動が現れたときに排便を遅らせないでください。そうすれば、便が固くなりません。

適切な食物繊維を摂取することに加えて、排便をスムーズにするために、ウォーキング、サイクリング、水泳などの軽い運動を定期的に行うことをお勧めします。この運動は、少なくとも1日30分、週5日行います。

他の薬とのベジータハーブの相互作用

ベジータハーブと他の薬との相互作用を示す研究はありません。ただし、コンテンツ オオバコ ベジータでは、ハーブは特定の薬と併用すると相互作用を引き起こす可能性があります。考えられる相互作用の影響は、ピコ硫酸ナトリウムまたはメトクロプラミドの有効性の低下です。

コンテンツ オオバコ ベジータでは、ハーブはジゴキシン、ワルファリン、リチウム、ビタミンB12、またはカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルの吸収を阻害することもあります。

相互作用の影響を防ぐために、ハーブベジータによる治療中に薬、サプリメント、またはハーブ製品を服用する予定がある場合は、医師に相談してください。

ハーブベジータの副作用と危険性

ベジータハーバルの使用後に発生する可能性のある副作用は、鼓腸、吐き気、胃けいれん、胃の痛み、または非常に水っぽくなる便です。これらの副作用が治まらないか悪化しないかどうか医師に確認してください。

さらに、推奨される使用量を超えて摂取すると、ベゲタハーブは下痢、低カリウム血症、電解質欠乏症、または胃のけいれんを引き起こす可能性があります。これらの症状や薬に対するアレルギー反応を経験した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。