妊娠約1週間の事実

妊娠は、カップルが待ち望んでいたエキサイティングなニュースの1つです。多くの人ができるだけ早く、つまり妊娠1週間の特徴に注意を払うことによって知りたいと思うのも不思議ではありません。

妊娠1週の特徴は見たり感じたりすることはできません。一般的に、妊娠の症状は、女性が妊娠の4週目頃である生理を逃したときに始まります。その時、何人かの女性は腹部のけいれんと血の斑点を感じ、その後数週間で吐き気、嘔吐、および他の妊娠初期の症状が続きます。

妊娠の計算

最後の月経期間(LMP)の初日から40週間の妊娠を計算すると、女性は実際には最初の週に妊娠していません。

新しい妊娠は、出産期間または排卵に応じて、第2週の終わりまたは第3週の初めに発生します。排卵中、卵巣は卵管に向かって移動する卵子を放出します。妊娠するには、卵子が卵管内の精子と出会う必要があります。

受胎日を決定する排卵周期は、通常、HPHT後13日から20日で発生します。ただし、排卵は人の月経周期の長さにも依存します。一般的に、月経周期は約28日ですが、同じではない周期を持つ女性もいます。

月経周期のパターンを調べるには、月経の日付を数か月間記録したり、排卵前の基礎体温(朝起きたときの体温)を測定したり、見た目の膣液の質感を観察したりできます。よりクリアでスムーズ。より簡単な方法は、尿を使用した排卵検査キットを使用することです。

妊娠初期の症状

受胎後の最初の数週間は、月経ができないことに加えて、次のような妊娠初期の症状を経験する女性もいます。

  • 腫れ、敏感な胸

    乳房は腫れているように見え、触ると敏感で痛みを伴います。ただし、これらの症状は必ずしも妊娠1週間の特徴として現れるとは限りません。

  • 吐き気、嘔吐の有無にかかわらず

    妊娠中の女性はそれぞれ、吐き気と嘔吐の経験が異なる場合があり、軽度または重度の場合もあります。

    、1日に10回以上吐き気と嘔吐を経験している方は、食べ物や飲み物が入らなくなるまで、医師が入院を勧める場合があります。

    病院に行く前にあなたはすることができます ほら まず、自宅の医師に相談してください。現在、専門医との無料チャットサービスも提供している健康保険があるからです。

  • 腰痛

    一部の妊婦はまた、主に体重増加と体の姿勢の変化のために、妊娠中ずっと続く可能性が高い突然の腰痛を経験します。

頻尿、疲労感、においに敏感、特定の食品を食べたいという欲求など、しばしば不平を言う妊娠初期の症状もあります。妊娠中の女性の消化器系が遅くなるため、便秘や腹部膨満も起こることがあります。妊娠中のホルモンの変化も頭痛を引き起こす可能性があります。

妊娠1週の特徴を判断するのは難しいですが、心配する必要はありません。この良いたよりは数週間後に確認できます。必要に応じて、産婦人科医に相談して、妊娠1週間の兆候と特徴があることを確認できますが、多くの場合、確実ではありません。