脳の部分とそれらの体の機能を知る

脳は、その機能が人間にとって非常に重要な器官の1つです。脳はそれぞれの機能を持ついくつかの部分で構成されています。脳の各部分には、体のさまざまな器官の作業システムに影響を与える特定のタスクがあります。

脳は人体で最も複雑な器官の1つです。この器官は、多数の支持組織と数十億の相互接続された神経細胞で構成されています。脳は髄膜と頭蓋骨と呼ばれる覆いで保護されており、脊髄につながっています。

脳は脊髄とともに、体の制御中心として機能し、中枢神経系(CNS)を構成します。次に、この神経系は末梢神経系と連携して、人間が歩く、話す、呼吸する、食べる、飲むなどのさまざまな活動を実行できるようにします。

脳の一部とその機能

脳には3つの主要な部分、すなわち大脳があります(大脳)、小さな脳(小脳)、および脳幹(脳幹)。説明は次のとおりです。

大きな頭脳(大脳)

大脳は脳の最大の部分です。大脳は、右脳と左脳の2つの部分に分かれています。脳の右半球は体の左側の動きを制御し、左半球は体の右側の動きを制御します。

大脳の外面は 大脳皮質。これは、神経細胞がシナプスと呼ばれる接続を行う脳の領域です。シナプスは脳の活動を制御する神経系です。

大脳の内部には、脳と脊髄の間で情報を伝達する役割を果たす鞘神経細胞(ミエリン)が含まれています。大脳はさらに4つの部分に分けられます。

  • 動き、発話、行動、記憶、感情、性格を制御する前頭葉(前頭葉)。脳のこの部分は、思考プロセス、推論、問題解決、意思決定、計画などの知的機能においても役割を果たします。
  • 頭頂葉(上葉)は、触覚、圧力、痛み、体温などの感覚を制御します。これらのローブは、空間的な向きや、サイズ、形状、方向の理解も制御します。
  • 聴覚、記憶、感情を制御する側頭葉(側頭葉)。左側頭葉も発話機能に関与しています。
  • 後頭葉(後頭葉)が視力を制御します。

小さな脳(小脳)

小脳は、後頭葉のすぐ下、脳の後ろの大脳の下にあります。大脳と同じように、小脳にも2つの半球があります。

小脳は、動きを制御し、バランスを維持し、体の動きの位置と調整を調整する責任があります。脳のこの部分は、書くことや絵を描くことなどの細かい動きを制御する役割も果たします。

脳幹 (脳幹)

脳幹は、脳の基部にある神経組織の束です。大脳と脊髄をつなぐ送信局として機能し、体のさまざまな部分と脳の間でメッセージを送受信します。

脳幹は、中脳、橋、延髄の3つの主要な構造で構成されています。中脳は目の筋肉の動きを調節するための中心であり、橋は目と顔の筋肉の動き、聴覚、バランスの調整に関与しています。

脳の他の重要な部分

上記の3つの主要な構造に加えて、それほど重要ではない脳の他の部分があります。

1.脳脊髄液

脳脊髄液は、脳と脊髄を取り囲み、保護する透明で透明な色です。この液体は、脳と脊髄を保護するだけでなく、血液を介して脳に栄養素を運び、脳から老廃物や代謝老廃物を取り除く働きもします。

脳脊髄液は脳室で生成されます。この液体の量は脳組織によって制御されます。

2.髄膜

髄膜は、脳と脊髄を覆って保護する薄い層または膜です。髄膜には3つの層があります。 硬膜 (最も厚い外層)、層 クモ膜 (中薄膜)、および 軟膜 (内層)。

3. 脳梁

脳梁 は、脳の左半球と右半球の間に見られる神経線維の束です。これらの神経線維は接続し、脳の2つの半球間の通信を可能にします。

4.視床

このセクションは、2つのローブ(セクション)を持つ中脳の構造です。視床は、脳と体の残りの神経系との間を行き来するほとんどすべての情報の送信機として機能します。

5.視床下部

視床下部は、視床のすぐ下の脳の真ん中にある小さな構造です。その機能は、体温、生殖器系、血圧、感情、食欲、睡眠パターン、およびホルモン産生を制御することです。

6.下垂体(下垂体)

下垂体または下垂体は、脳の基部にあるエンドウ豆ほどの大きさの小さな器官です。下垂体は、体内の他の腺を調節および刺激して機能するように機能するホルモンを産生します。下垂体によって調節される腺の例は、甲状腺と副腎です。

下垂体によって生成されるホルモンは、プロラクチン、オキシトシン、LH、FSH、TSH、抗利尿剤、アドレコルチコトロピン、および成長ホルモンです。

7.心室

心室は、脳内の液体で満たされた空間です。脳には4つの心室があります。つまり、大脳半球、脳の中央、および脳の後ろに2つの側脳室があります。心室は一連のチューブによって互いに接続されています。心室のこの液体は脳脊髄液と呼ばれます。

8.松果体

松果体は、脳室にある小さな腺です。この腺は生殖器系の発達に役割を果たし、毎日の睡眠パターンに影響を与えるホルモンメラトニンを生成します。

しかし、これらの利点を超えて、この腺の機能は完全には知られておらず、まださらに研究されています。

9.脳神経

頭頸部には特定の機能を持つ12対の脳神経があります。脳神経の最初のペアは大脳にあり、他の11ペアは脳幹にあります。

脳神経の機能には、目の動きと顔の筋肉の制御、味覚と聴覚への影響、体のバランスの維持、筋肉と体内の臓器のパフォーマンスの制御が含まれます。

10.大脳辺縁系

このシステムは、怒りや恐怖を制御する役割を果たし、記憶に影響を与えます。

脳の複雑さと洗練された機能のために、これまで脳の能力と機能は完全には知られていませんでした。それが、脳の各部分の機能についてもっと知るためにまだ多くの研究が行われている理由です。

脳の健康を維持するために、定期的に運動し、バランスの取れた栄養価の高い食事をとり、脳の運動で脳を訓練することをお勧めします, 血圧と砂糖とコレステロールのレベルを維持し、喫煙とアルコール飲料を避けてください。

さらに、脳の健康状態を監視するために、定期的に医師の診察を受ける必要があります。これは、脳機能障害を引き起こす前に、脳の異常を最初から迅速に検出して治療できるようにするために重要です。