妊娠中の女性のための栄養価の高い食品とその利点のリスト

妊娠中の女性のための栄養価の高い食品は、母親の健康と胎児の成長に非常に影響を与えます。したがって、妊娠中の女性は、妊娠した胎児が健康を維持するために摂取できる栄養価の高い食品の選択を知ることが重要です。

妊娠中の女性のための栄養価の高い食品の消費は、妊娠中の栄養ニーズが適切に満たされるように行われます。ただし、妊娠中の女性は自分が何を消費するかに注意を払う必要があります。その理由は、卵や生肉など、妊娠中に摂取が許可されていない栄養価の高い食品や、低温殺菌プロセスを通過していない乳製品があるためです。

妊娠中の女性のための栄養価の高い食品オプション

妊娠中の栄養摂取量は、種類と量の両方を考慮する必要があります。さらに、在胎週数とともにさまざまな種類の栄養摂取の必要性が高まります。

たとえば、妊娠の最初の学期では、一般的に消費カロリー数を追加する必要はありません。ただし、第2および第3学期に入ると、必要なカロリー摂取量が増加して1日あたり340〜450カロリーに達する可能性があります。

このニーズを満たすために、妊娠中の女性は次のような栄養価の高い食品を食べる必要があります。

1.ブロッコリー

オプションとなることができる最初の非常に栄養価の高い食品はブロッコリーです。この緑の野菜には、目の健康に良いカルシウム、葉酸、ルテイン、ゼアキサンチン、カロテノイドなど、妊娠中に必要な多くの栄養素が含まれています。

ブロッコリーには、体が鉄分を吸収するのを助けるのに役立つビタミンCも含まれているため、便秘を和らげ、低体重で赤ちゃんが生まれるのを防ぎます。

2.ほうれん草

ほうれん草は葉酸を含んでいるので、妊娠中の消費、特に若い妊婦に適しています。葉酸は、無脳症や二分脊椎などの先天性欠損症の予防に役立つため、妊娠初期に必要な重要な栄養素です。それだけでなく、葉酸は早産や子癇前症のリスクを防ぐ役割も果たします。

3. Pテナガザル

バナナにはビタミンB6が含まれています。これは、このビタミンが吐き気を軽減できるため、妊娠初期の妊婦が摂取するのに適しています。さらに、バナナにはカリウムも豊富に含まれており、妊娠中の水分と電解質のバランスを調整するのに役立ちます。

4.アボカド

在胎週数が第2学期に入ると、妊娠中の女性はアボカドを摂取することが推奨されます。アボカドは、繊維、ビタミンK、ビタミンC、葉酸、カリウム、ビタミンB6の豊富な供給源であり、良質の脂肪酸が豊富です。

アボカドに含まれる優れた脂肪酸は、胎児の脳、神経系、組織、皮膚の発達を助けるのに役立ちます。アボカドのカリウム含有量が高いと、妊婦が経験する足のけいれんの訴えを減らすことができます。

5.オレンジ

妊娠中の女性が摂取することが推奨されている次の栄養価の高い食品は、柑橘系の果物です。この果物は、ビタミンC、葉酸、繊維が豊富です。柑橘系の果物の含有量のほぼ90%は水であるため、妊娠中の脱水症状を防ぐのに役立ちます。

一方、オレンジの葉酸含有量が高いと、胎児の脳と脊髄の発達を助け、それによって胎児が先天性欠損症で生まれるのを防ぐことができます。

6.マンゴー

妊娠中に摂取することが推奨されているもう1つの果物はマンゴーです。マンゴーはカリウム、ビタミンC、ビタミンAが豊富です。マンゴーに含まれるカリウムは、血圧を維持し、体内の水分を保持するのに役立ちます。

ビタミンAは抗酸化物質として機能しますが、赤ちゃんの免疫系、視力、神経系の発達をサポートするのに役立ちます。マンゴーには高繊維も含まれているため、妊婦の便秘や便秘を防ぐことができます。

7.サツマイモ

サツマイモは、ビタミンAが豊富な妊婦にとって栄養価の高い食品の1つです。妊娠中の適切なビタミンAの必要性は、胎児の細胞や組織の成長にとって非常に重要です。

サツマイモの他に、カボチャ、ほうれん草、ケール、マンゴー、カボチャ、無脂肪ミルクからサプリメントまでビタミンAを摂取することもできます。サプリメントを服用している人は、摂取量が多すぎないように産婦人科医に相談することをお勧めします。ビタミンAを過剰に摂取すると、胎児の欠陥を引き起こす可能性があるためです。

8.ナット

ピーナッツ、エンドウ豆、大豆は、妊娠中に必要な葉酸、繊維、タンパク質、鉄、カルシウムの供給源として使用できるナッツの一種です。これらの栄養素は、特に最初の学期において、母親と胎児の健康にとって非常に重要です。

9.赤身の肉

牛肉、鶏肉、魚はタンパク質含有量が豊富な食品グループです。さらに、赤血球の形成に役立つ重要なミネラルとして鉄分も含まれています。赤血球は、体内のすべての細胞に酸素を供給するのに重要な役割を果たします。

したがって、妊娠中、特に妊娠後期には血液量も増加するため、妊娠中の女性はより多くの鉄分を必要とします。妊娠初期および中期の鉄欠乏は貧血につながる可能性があります。これが起こった場合、妊娠中の女性は早産したり、低出生体重児を出産したりするリスクがあります。

10.サーモン

サーモンは、妊娠中の女性のための非常に栄養価の高い食事に含まれなければならない動物性ビタミンの供給源です。サーモンには、胎児の脳と目の発達に重要なオメガ-3脂肪酸が含まれています。

サーモンには、母親と胎児の両方に良いビタミンDも含まれています。ただし、妊娠中の女性は最初に調理した鮭を食べることをお勧めします。寿司や刺身などの生鮭の摂取は、胎児の成長に悪影響を与える可能性があるため、避ける必要があります。

11.乳製品

妊娠中は、胎児の成長と発達をサポートするために、タンパク質とカルシウムを含む食べ物や飲み物の摂取が必要です。ミルクやヨーグルトやチーズなどの加工品は、たんぱく質とカルシウムが十分に含まれているため、消費に適しています。

12.卵

卵は、体が必要とするほとんどすべての栄養素を含んでいるため、妊娠中に摂取することが推奨される食品の1つです。卵にはカロリー、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルが含まれています。

さらに、卵子には、脳の健康と胎児の発育に重要な栄養素であるコリンも含まれています。ただし、妊娠中の女性は、母親と胎児の健康に害を及ぼす可能性のある細菌を運ぶリスクがあるため、加熱が不十分な卵を食べるべきではありません。

13.ドライフルーツ

ドライフルーツは、食物繊維、カロリー、さまざまなビタミンやミネラルが豊富です。 1つのドライフルーツには通常、新鮮なフルーツと同じ量の栄養素が含まれていますが、水分は含まれていません。

レーズン、ナツメヤシ、パイナップル、ナツメ、イチジクなど、健康に役立つドライフルーツはたくさんあります。入手しやすく、妊婦に良いのはナツメヤシです。ナツメヤシには、食物繊維、カリウム、鉄が含まれています。妊娠後期にナツメヤシを定期的に摂取すると、子宮頸部が拡張し、陣痛時の誘発リスクが低下します。

ただし、妊娠中の女性は、食事ごとに1サービング以上のドライフルーツを摂取することはお勧めしません。その理由は、ドライフルーツには高糖分が含まれているためです。

14.十分な水を飲む

水は妊娠中にたくさん消費しなければならないものの1つです。その理由は、妊婦の血液量が以前に比べて45%増加するからです。したがって、妊娠中の女性は1日あたり2.3リットル以上の水を摂取することをお勧めします。

これは、脱水を避けるために体液のバランスが維持されるようにするために重要です。十分な水を飲むことは、妊婦が便秘や尿路感染症になるのを防ぐのにも役立ちます。 妊娠中の女性は、大根などのさまざまな果物や野菜から水分を摂取することもできます。

妊娠中の女性のための栄養価の高い食品が、母親と胎児の健康が十分にサポートされるように、消費される毎日の食事に含まれていることを確認してください。また、定期的に産科医に相談することを忘れないでください。そうすれば、出産が到着するまで母親と胎児の健康状態を継続的に監視できます。