健康的な働き方と心臓機能

心臓の機能は人間の生存に不可欠です。体全体に血液を送り出すというその役割は、体内のすべてのシステムと臓器を適切に機能させ続けます。体の心臓の機能とそれがどのように機能するかについてもっと知りましょう。

心臓は胸の中央、体の左側にあります。正常で健康な心臓は、強い筋肉組織に支えられており、血液を送り出すのに効果的です。絶え間なく鼓動する心臓は、毎日14,000リットル以上の血液を流すことができます。

心臓のサイズと解剖学

人間の心臓はほぼ拳の大きさです。この器官は、右心房と左心房、右心室と左心室の4つの部分に分かれています。心臓の各部分は、中隔と呼ばれる壁の層によって分離されています。

これらの部分を通して、血液を送り出すプロセスが起こります。血流を確保するために、開閉可能な4つのバルブがあります。これらのバルブはすべて、血液が正しい方向に流れるようにする役割を果たします。

心臓の4つの弁、すなわち:

  • 僧帽弁は左心房と左心室の間にあります。この弁は、2つの弁尖があるため、二尖弁とも呼ばれます。
  • 左心室と大動脈または肺動脈の間にある大動脈弁
  • 三尖弁は右心房と右心室の間にあり、3つの尖弁があります
  • 肺動脈弁, 右心室と肺動脈の間にあります

その部分に基づく心臓の機能

心臓の解剖学的構造の各部分には独自の機能があります。以下は、より詳細な説明です。

1.右ポーチ

右心房は心臓の右側の上にあります。このセクションは、静脈から汚れた血液を受け取り、それを右心室に送り込むのに役立ちます。汚れた血液とは、酸素をほとんど含まない血液です。

胎児では、右心房に穴があり、妊婦からの酸素が豊富な血液が左心房に直接流れ込むことができます。彼らの肺はまだ機能することができないので、これは胎児の血液循環にとって重要です。

出生後、赤ちゃんの肺は拡張し、機能し始めます。穴が閉じられ、左右のポーチの間に境界が作成されます。

2.右チャンバー

これは、呼吸の過程で二酸化炭素を酸素と交換できるように、汚れた血液を肺に送り込む役割を果たします。右心室は右心房の下で左心室の隣にあります。

右心房を流れる汚れた血液は、三尖弁を通過して右心室に到達します。次に、この血液は肺動脈弁を介して肺に送り込まれ、肺動脈を流れます。

心臓のこの部分が適切に機能しておらず、効率的にポンプが機能しなくなった場合、右心不全を発症する可能性があります。

3.左ポーチ

左心房は心臓の左上にあります。このセクションは、肺からきれいな血液を受け取る責任があります。きれいな血液とは、酸素を含む血液です。きれいな血液は、肺静脈または静脈を通って左心房に入り、僧帽弁を通って左心室に送り込まれます。

4.左チャンバー

心臓の左心室は左心房の下にあり、僧帽弁によって隔てられています。左心室は心臓の最も厚い部分であり、体全体にきれいな血液を送り出す役割を果たします。高血圧の状態は、血液を送り出す際の心臓の左心室の作業負荷の増加により、左心室の筋肉が拡大して硬化する原因となる可能性があります。これが継続的に発生すると、体全体に血液を送り出す左心室の機能が損なわれる可能性があります。

心臓の役割と機能の大きさを知って、私たちは健康的なライフスタイルを実行することによってそれを維持する必要があります。つまり、バランスの取れた栄養価の高い食事を食べ、定期的に運動し、十分な休息を取り、喫煙をやめます。

胸の痛みや息切れなど、心臓機能障害に関連していると思われる苦情を経験した場合は、すぐに医師に治療を依頼してください。