炭水化物の利点とその種類を知る

炭水化物の主な利点は、体の動きと活動の両方、および体の臓器の働きのためのエネルギー源としてです。それだけでなく、炭水化物には、それほど重要ではない他の多くの利点もあります。

炭水化物は主要栄養素の1つであり、体が大量に必要とする栄養素であり、カロリーが含まれているためエネルギーを生成することができます。炭水化物に加えて、主要栄養素としても分類される栄養素は脂肪とタンパク質です。

炭水化物の供給源となる食べ物や飲み物には、米、小麦、豆、果物、野菜、牛乳などがあります。

炭水化物の種類

炭水化物は、単純な炭水化物と複雑な炭水化物の2つのタイプに分けることができます。これら2種類の炭水化物は、化学構造に違いがあります。

一般に、単純な炭水化物は、体が消化して吸収しやすい塩基性糖のみを含みますが、複雑な炭水化物は糖構造が長いため、体が消化して吸収するのに時間がかかります。

一方、起源から見ると、炭水化物は3つのタイプに分けられます。

スターチ

でんぷんは植物に由来する炭水化物の一種です。例としては、穀物、野菜、豆類があります。パスタや麺類、パンなどのでんぷん質の食品にも、でんぷん質の炭水化物が含まれています。

ファイバ

繊維は、植物にも由来する炭水化物の一種です。全粒粉パン、ナッツ、そして皮をむいて食べられるいくつかの野菜は、食物繊維の良い供給源であることが知られています。

砂糖

すべての炭水化物が糖であるわけではありませんが、すべての糖は炭水化物です。砂糖は、果物(果糖)、牛乳(乳糖)、砂糖(ショ糖)など、さまざまな種類の食品から自然に得られます。

ケーキ、チョコレート、キャンディーを作る過程で、通常、甘味料としてショ糖が使用されます。

体のための炭水化物の利点

これらの物質は体に次のような多くの重要な利点があるため、体には炭水化物が必要です。

1.エネルギー源として

炭水化物は体のエネルギー源です。あなたが炭水化物を食べるとき、あなたの体はそれらを消化してブドウ糖に変換します。ホルモンのインシュリンの助けを借りて、ブドウ糖は体の細胞によって吸収されます。このプロセスから、体はエネルギーを得ます。

したがって、呼吸、移動、歩行、思考などのさまざまなアクティビティを実行することもできます。

2.体重を管理する

炭水化物はしばしば体重増加に関連しています。実際、炭水化物は体重をコントロールするのに実際に役立ちます。

これらの利点を得るには、玄米、パン、全粒穀物などの食物繊維を多く含む食品を食べることができます。このタイプの高繊維食品は、低カロリーであるだけでなく、より長く満腹感を与えることができるため、体重を減らすのに役立ちます。

3.消化管の健康を維持します

果物、ナッツ、野菜から供給される炭水化物は、消化器系の健康に良いことが知られており、便秘などのさまざまな消化器系の問題のリスクを軽減します。

4.特定の病気のリスクを減らす

繊維の形の炭水化物のいくつかのタイプは、血中のコレステロール値を下げることさえでき、それによって心血管疾患のリスクを減らします。それだけでなく、全粒穀物と高繊維炭水化物を食べることで、肥満や糖尿病のリスクを減らすこともできます。

炭水化物摂取量の過剰または不足を避けてください

年齢、性別、行われる身体活動、および特定の病状に応じて、各人の炭水化物の必要性は異なります。ただし、一般的に、健康な成人は1日あたり約220〜300グラムの炭水化物を必要とします。

一方、体重を維持したい人や減量プログラムに参加している人の場合、推奨される炭水化物の摂取量は1日あたり約50〜150グラムです。

炭水化物からの砂糖は、すぐに使用されない場合、脂肪として体内に保存されることに注意してください。そのため、炭水化物を過剰に摂取すると、体内の脂肪沈着が増加する可能性があります。これは肥満につながり、糖尿病や心臓病などのさまざまな病気のリスクを高める可能性があります。

逆に、炭水化物の不足も体に良くありません。炭水化物が不足すると、体が弱くなり、脂肪とタンパク質を分解してエネルギーとして使用します。この脂肪分解プロセスは、血中のケトンの蓄積につながる可能性があります。

治療せずに放置すると、この状態はケトーシスにつながる可能性があります。ケトーシスは、めまい、脱力感、吐き気、脱水症状などの症状を引き起こす可能性があります。炭水化物が不足すると、体にとって重要な他の栄養素が不足するリスクもあります。

炭水化物の最大の利点を得ることができるように、必要に応じて炭水化物の摂取量を維持することが重要です。ただし、上記のように炭水化物の過剰または不足が原因であると疑われる健康上の問題の症状を経験した場合は、適切な治療を行うことができるように医師に相談してください。