11皮膚刺激の予期しない原因

かゆみや皮膚のかゆみは、気づかないうちに突然現れることがあります。この状態は、洗濯石鹸、バス石鹸、または汚れたライフスタイルなど、さまざまな原因で発生する可能性があります。

皮膚が炎症を起こした場合、通常はかゆみを感じ、皮膚はうろこ状で乾燥し、赤みがかった色に見え、灼熱感や痛みを伴うことさえあります。穏やかな条件下では、皮膚の炎症は無害である可能性があります。ただし、重度の皮膚の炎症は、日常生活に支障をきたす可能性があります。

皮膚刺激のさまざまな原因

皮膚の炎症のさまざまな原因を知ることは、それらを回避するのに役立ちます。皮膚の炎症を引き起こす可能性のあるいくつかの要因は次のとおりです。 

  • 熱風

    暑い天気や天候は、皮膚の問題を引き起こしたり、発生した皮膚の問題を悪化させたりする可能性があります。暑い時期には、腹部や脇の下のひだに赤い発疹の症状を伴う皮膚の炎症を経験することがあります。また、暑い時期にヒジャーブを着用する女性など、頻繁に汗をかく人にも発生しやすくなります。さらに、次のような特定の美容トリートメント wNSxing、特に使用するワックスの温度が高すぎる場合は、皮膚の炎症を引き起こす可能性もあります。皮膚に火傷を負うことさえあります。

  • 素材のある服 NS特定

    ウールなどの粗い素材の衣服は、特にアトピー性皮膚炎などの湿疹のある人に皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。念のため、綿の服を着用することをお勧めします。

  • 製品 NS材料 karet

    ブラストラップやズボンのウエストのゴム素材は、特に敏感肌の方に、肌に刺激を与える可能性があります。刺激を引き起こさない他の素材のブラ、コンドーム、または下着を選択してください。

  • w風と NS製品 uにとって wわお

    一部の種類の香水や保湿剤、または洗顔料には、皮膚の炎症を引き起こすリスクのある成分が含まれています。香油を使用した後、かゆみやかぶれを感じるときはいつでも製品の内容を確認してください。

  • ハンドソープ

    手を頻繁に洗うと、皮膚の天然オイルが剥がれ、炎症を引き起こす可能性があります。この状態は、ボディソープと食器用洗剤または衣服を使用している場合にも発生する可能性があります。刺激は、洗剤を多く含む戦いでより一般的です。

  • 家と家具の掃除

    洗剤、ガラスクリーナー、またはフロアクリーナーには、通常、皮膚の炎症を引き起こす可能性のある成分が含まれています。皮膚のかぶれを防ぐため、これらの製品を使用する際は手袋を着用することをお勧めします。

  • チューリップや水仙は、アレルギー反応として皮膚のかゆみを引き起こす可能性があります。一部の人々は、これらの植物との接触が1週間、または1か月続くため、皮膚の炎症を経験します。

  • 辛い食べ物

    特定の食品を取り扱うために、皮膚の炎症が現れる人もいます。たとえば、酸っぱくて辛い食べ物。皮膚の炎症は、持っている食べ物に対する人のアレルギー反応として現れます。

  • ジュエリーのニッケル

    宝飾品、時計、ベルトヘッド、特にニッケル製のものは、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。この状態は、特定の種類のジュエリーにアレルギーがある人がよく経験します。

  • 日焼け止め

    日焼け止めの成分の中には、日光にさらされることから肌を保護することになっているものもあり、刺激を引き起こすリスクがあります。それらの1つはから作られた日焼け止めです パラアミノ安息香酸 (PABA)。 

  • 虫刺され

    虫刺されは、一部の人々に皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。一般的に、この刺激は赤い発疹を引き起こします。虫刺されによる刺激はさまざまで、軽度のものもあれば重度のものもあります。虫刺されに加えて、毛虫などの昆虫への曝露も皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。

一般に、皮膚の炎症は、冷水または角氷を使用した湿布によってそれ自体で克服することができます。また、定期的に肌の保湿剤を塗ることで、肌の炎症を治すこともできます。ただし、刺激が悪化した場合は、直ちに医師の診察を受けて適切な取り扱いと治療を受けてください。